不登校とパソコン−フルーツさんの場合その後?

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校とパソコン−フルーツさんの場合その後?

前回、我が家の娘と息子のパソコンの問題のその後を記事にさせてもらいました。
以前に、記事を投稿してくださったフルーツさんからも、その後の記事をいただけました。
また、我が家と違って、とても興味深いです。
ぜひ、たくさんの方に読んでいただきたいと思います。
フルーツさん、ご協力ありがとうございました。


                                ちゃろ



---------------------------------------------------------


【フルーツさんのcase・・・その後】


以前、我が家のパソコン事情をこちらに書かせて頂いてから、1年近くの月日が経ちました。
前回の記事では、不登校時(小3)にパソコンにはまった娘が復学2年後(小5)にパソコン再開し、
使用時間等を巡りだんだんと親子のいたちごっこになっていき、
そこから親の考えを変えて生活全般の自立を目指した子育てを心がけることで、
パソコンの問題を乗り切ろうてしている様子をお伝えしました。
不登校とパソコン-フルーツさんの場合

今回は、その後の中学生の娘のパソコンとの付き合い方、生活や勉強との関係について書かせて頂きます。 (現在中2)

中1の5月、授業も部活も本格的になり、娘は忙しい中学生活を送るようになりました。
学校に行っている時間が長く休日も一日中部活という生活。
その間はパソコンとの接触時間が減ることになります。

その反面、家にいる間は一分一秒を惜しむようにパソコンをし、
食事、睡眠、お風呂の時間さえ削ってしまう様子でした。
体調や、やるべきこと(宿題等)が出来ていないことが心配でもありました。

6月には入学後初めての定期テストがあります。
テストのために勉強をしなければ、という気持ちは持っている様子でした。
しかし、毎日パソコンを長時間やっている娘が気持ちを切り換えて勉強に取り組むことは簡単なことではないようでした。
結局、直前に詰め込むように勉強してテストに臨みました。

この頃私は、勉強以前にまずはパソコン漬けの生活を見直して、生活リズムを整えて欲しいと願っていました。
その後2回の定期テストも、相変わらず勉強時間どころか睡眠時間も十分とれない状態でした。
12月の三者面談では、担任の先生から厳しいお言葉も頂いてしまいました。
それでもまだ1年生のうちなので
『ここで頑張れば挽回出来るから、学年末テストに向けてしっかり勉強するように』
と言われました。

私は、勉強は本人の問題で親がやらせるものではないと思いました。
しかし主人は、やる気になるのを待っていてこうなったのだからどうにかしなければ、きっかけを与えてあげないと、と言いました。
娘と話したり、
どうするつもりか聞いたり、
親に出来る工夫はないか調べたり。
勉強するのは娘自身だけれど、親は娘が頑張るために協力する用意があることを伝えました。
この時も私には、「パソコンさえなければなぁ…」という気持ちがありましたが、そこを嘆いてばかりでは解決しません。
パソコンをすることを前提にした上で、勉強に意識を向け時間を確保出来る道を探りました。

娘は初めのうちは、頑張らなくてはいけないことはわかっているけれど考えたくない様子でした。
1ヶ月程経った頃娘なりに考えたやる気の出し方を話してきました。
私達親も理解し協力することにし3週間後の学年末テストへ向けて勉強を始めました。

意欲を見せ始めた娘でしたが、一度パソコンに向かってしまうと勉強する気持ちに切り換えて終了することが難しく、
勉強開始時間が遅くなり眠くなってしまう日もしばしばありました。
何度も声を掛けようかと迷いましたが、娘が自分で頑張ろうとしていることを感じながら言葉を飲み込む日々を送りました。

そうこうするうちに、娘は時間を確保し効率よく勉強する方法を探っていたのか、「これからは生活も改善する」と言い、寝る時間や起きる時間の目標を決め、それに合わせてパソコンの時間も調整するようになっていきました。
そうして臨んだ学年末テスト、十分勉強時間を取れたとまでは言えませんがある程度頑張ることは出来たように見えました。
テスト終了後、娘は気を抜かず勉強を続けると言っていましたが、実際には勉強する姿はあまり見えません。
しかし、生活改善の方はだいぶ定着してきたようで、パソコンのために夜更かしするようなこともなくなってきました。
最近は他の事にも興味が移って本を読んだりして過ごす時間が増え、パソコンに触れる時間もかなり減りました。

1年前の私は、「パソコンの時間を減らす→生活リズムを整える→勉強時間を確保する」という順番しか考えていませんでした。
しかし娘は「勉強時間を確保しようとする→生活リズムを整えるよう心がける→パソコンの時間を調整する」という順番で、結果的にパソコンの時間を自分で減らしました。
あれほど思い悩んだパソコンの問題が、本人の勉強への意識により解決されてくるとは全く想像もしませんでした。

6月には2年生最初の定期テストがあります。
娘は高校受験にも意識を向け始め、2年の成績から資料になることも把握するようになりました。
自分の目標に向かって勉強するために、パソコンも含めた生活時間を自分で調節しながら頑張るだろうと信じ、見守り協力していきたいと思っています。



                                     フルーツ









パソコン関連の記事一覧


不登校とパソコンー我が家の場合?

不登校とパソコンー息子の場合?  

不登校とパソコンー娘の場合?

不登校とパソコンー娘の場合?

不登校とパソコン 【フルーツさんの場合】?    

不登校とパソコン(ゲーム)【ラベンダーさんの場合】?  

不登校とパソコン-娘の場合その後?

不登校とパソコン-息子の場合その後?

不登校とパソコン-フルーツさんの場合その後?       ≪本記事≫

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (12)

このような解決策もあるのでは?

突然の書き込み、失礼いたします。
私達は今年の8月の参議院選挙に新党改革の候補として立候補している西尾憲一の
ボランティア支援者です。
私達は彼のマニフェストに

「小、中、高等学校の不登校児童に対する教育の機会均等
を実現するための、完全インターネット利用による公立学校の創設」

と言う条項を加えてもらい、この条項の速やかな実現を目的に彼と新党改革を支援しております。
もし、特段に支援すべき党や候補者が居られないのでしたならばご支援願えないでしょうか?
よろしくご検討ください。
名無し URL 2010-05-28 03:22  [Edit]

名無しさんへ

ご訪問ありがとうございます。
不登校の対応は、千差万別。
マニュアル化できないのが、難しい部分ではないかと感じています。
どのような対応が、良いか悪いかはわかりませんが、いろいろな方が、いろいろな方面から問題を考えることは、大切ですね。

コメントありがとうございました。
ちゃろ URL 2010-05-28 10:03  [Edit]

Unknown

フルーツさんの娘さんは、いざパソコンに向かってしまうと時間になかなか区切りをつけられず、勉強時間の確保がうまくいっていなかったのですね。
でも、いつもどこか頭の隅に、パソコンばかりではいけない、勉強もしないといけないのだという気持ちを持ち続けていられたことが問題を大きくせずに済んだのかなと思いました。
先生の言葉もあったでしょうが、自分の中に、勉強の必要性がはっきりと姿を現してきた時には、自分で自分の行動を変えられるのですね。
そこまで娘さんを信じ、待つことが、功を奏したのだと思いました。
ティカ URL 2010-05-28 23:07  [Edit]

フルーツさんへ

フルーツさんと娘さんのパソコンの使い方、とっても興味深く読ませてもらいました。

娘さんは、最初のパソコン問題が小学生と年齢的に小さいこともあり、フルーツさんもいろいろ試行錯誤されたのですね。
それでも、今現在の勉強とパソコンの折り合いの付け方は、娘さん自身が見つけた方法です。だからこそ、守れるのだと。
きっと、ここにいたるまでは、フルーツさんの忍耐と口チャックの日々があったことと思います。
一つのことに一生けん命になれる娘さんは、これから部活・勉強とマイペースで乗り越えていかれると思います。

これも、パソコンとの付き合い方の一つですね。
きっと、これからは小学生でのパソコンも当たり前になってくるかもしれません。
小学生の場合は、親の規制が効きやすいと感じています。
それでも、本当にパソコンが趣味といえるほどの子供さんの場合は、規制だけでは問題が解決しない部分もあるのでしょうか。
親も子供とともに成長していけるほどの頭の柔軟性が必要なのかもしれませんね。

ちゃろ URL 2010-05-29 07:59  [Edit]

Unknown

フルーツさんこんにちはhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_fine.gif">
フルーツ家・ちゃろ家それぞれの状況と対応、とても参考になりました。

我が家はパソコンは一台、和室に置かれています。夫の仕事・子ども達の調べ学習・私の文書作成・ゲームといった具合に、あ一応優先順位がついています。
一人ゲーム時間は1時間半。いい気になってやっていると兄妹からクレームが入るので、中2の長男はみんなが寝静まってからやっていることもあるようです。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock1.gif">
ただ、宿題や朝起きには問題は出ていないので特に干渉はしていなかったのですが…。

先日の中間テストでは2日目に体調不良で早退http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_cry1.gif">長男は「テスト勉強をする」と称して、テレビの真ん前に折り畳み机、その上に問題集、傍らにPSPでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
「夜更かししているからでしょうが~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_ang1.gif">」と言いたいお口にチャックで耐えましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">

PSPも、テレビが見られることにびっくりでしたが、ネットもできるのですかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/eq_1.gif">というほどパソコン音痴な私。知識も技術もすでに私は子どもたちにかなわずですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_shock1.gif">娘は幼稚園のころからパソコンでアニメを見ていましたしhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock2.gif">
反抗期に入り、親に突っかかりながらも、どんどん要求が増えていく息子に対して、親としてどのように対応していくのか、これはパソコンに限ったことではありませんが、(友達との交際費など)支援の先生のご指導、先輩ママの経験談をお聞きしながらまだまだ勉強だな~と強く思う今日この頃http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyoko_thunder.gif">
お互い頑張りましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">

ちゃろさんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">
ごぶさたしてますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/heartss_pink.gif">
コメントからは遠ざかっていましたが、ブログはずっと拝見していましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">
明日は大阪なのですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">いいな~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">東京でお会いした方々もお見えになるのかしらhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/eq_1.gif">どうかよろしくお伝えくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_suki.gif">
かのん URL 2010-05-29 15:57  [Edit]

Unknown

ちゃろさん こんばんは。
PC問題、今の時代どこのご家庭でも大なり小なりかかえていることですね。
我が家も御多分に洩れずです。
息子のPC能力がどの程度なのかも把握出来ていない状態でした。
ご支援がなければ今ごろどうなっていたのか。。。
考えると恐ろしいです。

フルーツさんのケースを初めて読ませていただいた時、まず年齢の低さに驚いてしまいました。
ご成長につれ問題はより複雑に規制は困難になるわけですから対応も難しくなる一方で、、、
フルーツさんのお辛さは計り知れません。
今回の記事で、娘さんが自覚に目覚めていく過程を嬉しく読ませていただきました。
フルーツさんのご努力の賜物ですね。
フルーツさんの問題のとらえ方と娘さんのとらえ方の順番の違いについては、ものすごく共感してしまいました!私自身、後から考えると上の娘が思春期に入る頃からだったと思いますが、目的から逆算して考えるようになっていることがありました。
そして息子に対しても。
息子なりのプロセスも時間も必要だっと深く反省しています。

ちゃろさんの娘さんの、マイナス(と考えられていたこと)をプラスに変えていかれてる姿には勇気づけられます。
思わず「頑張って!」と声をかけたくなります。
これからも応援させてくださいね。
アールグレイ URL 2010-05-30 00:06  [Edit]

テイカさんへ

娘が、パソコンばかりではいけないと勉強の必要性を感じていくのには、学校の環境の様々なことが影響を与えてくれていたように思います。
各教科やクラスの時間での先生のお話、テスト前に提出する計画表、友達との会話...毎日学校で先生や友達と接する中で、勉強しないとまずいな~とは感じていたことと思います。
そんな娘に担任の先生の厳しいお言葉は自覚を促すには効果的な内容でしたが、初めは聞きたくない考えたくない様子だったので、放っておいたらパソコンに逃げて過ごすままだったかもしれません。
勉強は本人の問題だからと任せきりにしようとする私に対して、どうにかしなければいけないと解決策を一緒に考える必要性を主張した主人の意見により、親からもアプローチしたり話し合ったりしたことは、その後娘が意欲を見せるのに役立ったのかな、と思います。
フルーツ URL 2010-05-30 06:04  [Edit]

ちゃろさんへ

今回もまた、このように記事を書かせていただく機会を与えてくださりありがとうございました。
おかげで娘のパソコン、勉強のことについてゆっくりと振り返ることが出来ました。

小3で不登校とパソコン問題、小5~小6で継続登校とパソコン問題を経験し、大変なことも山ほどありましたが、そのおかげで小学生の間にこの問題を解決の方向へ向けて進めることが出来たように感じていました。
中学では、学校生活や部活動の充実が問題解決に役立ってくれていることは感じていましたが、勉強の問題が役立つことになるとは想像できませんでした。

>きっと、ここにいたるまでは、フルーツさんの忍耐と口チャックの日々があったことと思います。

口チャック~と我慢した日もたくさんありましたが、同時に話すべき時に子どもに届く言い方で話す必要性も学ぶことが出来ました。

パソコンが家庭に浸透し、小学生から使う家庭も増えているでしょうね。
親の規制が効きやすいか、規制以外の解決法を考える必要があるか、子どもの傾向を見ながら柔軟に対策を考えていくことは必要かもしれませんね。
フルーツ URL 2010-05-30 06:34  [Edit]

かのんさんへ

かのんさんのお宅では、一台のパソコンをご家族皆さんで優先順位に従って使用してるのですね。
そのような環境ならば子ども1人1人の使用時間は長くならずに済みますね。
息子さんの、問題集の傍らのPSPは気分転換用でしょうかね。
うちの娘は前回のテストでは、しばらく勉強すると「ちょっと休憩」と言ってはパソコンの前に座り...気づくと時間が過ぎていたりしました。
PSPでもネットが出来る等の進歩にもついて行かなければならないし、子どもの年齢が上がれば要求も変わってきたりと、親は日々勉強が必要ですね、お互い頑張っていきましょうね。

フルーツ URL 2010-05-30 11:38  [Edit]

アールグレイさんへ

我が家の最初のパソコン問題は、年齢も低く不登校の坂道を転げ落ちていく中でパソコンへはまっていったので、心配は尽きませんでした。
「一生パソコンと携帯とゲームだけして暮らしていきたい」等と言われ、未来は真っ暗という感じでした。
それでも、復学支援を受け始めてからは、「必ず何とかしますから」という先生のお言葉を信じて頑張ることができました。
継続登校中にパソコンを再開してからの問題は、年齢が上がった分子どもも知恵がついて難しくなった面もありましたが、おかげでいろいろ学ぶことも出来たように思います。
問題のとらえ方の順番の違いについては、アールグレイさんも感じられたことがあったのですね。
こういうことも人によりいろいろで親子といえども決して同じではないのだなということもわかりましたね。
また、自分自身のことを行う場合と、親という立場で考える場合で違ってきてしまいがちだなぁ、ということも感じました。
我が家でのパソコンの問題は、大変なことも多い分学ぶことも多くあるようにも感じています。
フルーツ URL 2010-05-31 08:34  [Edit]

かのんさんへ

かのんさん、お忙しい中ブログを見ていただいてたと聞いて、とても嬉しく思います。
きっと、大変な時期なのだと思いますが、あまり無理せずにね。
又、お時間のある時に覗きにきてくださいね。
ちゃろ URL 2010-06-01 00:51  [Edit]

アールグレイさんへ

息子さんは、がんばっておられるのでしょうね。これからが、楽しみですね。

我が家の娘は、なんとか大学生活を送っています。
それでも、親の目からは心配がとれなくて・・・
どうぞ、これからも応援してやってください。
ちゃろ URL 2010-06-01 00:55  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。