家庭教育推進協会の関西セミナーに参加させていただきました。
実は、関東セミナーにも参加させていただきました。先生方、ありがとうございました。

で、両方のセミナーに参加した身として、セミナーの進化の様子を
もちろん、先生方の講演の内容は、同じ趣旨のものでした。
それでも、随所に先生方や協会スタッフの方々のご努力がありました。

受付は、スムーズにいったと思いますが(ふーみんさんと私でお手伝い)、スタッフの方は頼りない受付の私達に一抹の不安を覚えておられたかも?
参加者名簿・名前入りの領収書と準備万端という感じでした
おかげで、受付の私達は、2次会の(強引な)お誘いに熱を入れてしまいました
前回の東京では、受付で先生方の御本の販売をしたために時間がかかり、部屋への入場に手間どってしまいました。
今回は、中で休憩時間での販売とされたようです。

東京では、理事の先生方のお席が前だったのですが、今回は後ろから先生方にしっかりと見られていたような感じでした。(東京では私達が先生を見ていた?)
最初に理事の先生方や訪問の先生方のご紹介も今回導入されていて、(素敵な)お顔を拝見させていただきました

先生方の講演内容は、又先生がご紹介されると思います。ここでは、感想だけ。
水野先生のお話は、内容的はさらにわかりやすくなっていたように感じました。
水野先生ご自身も、少しだけ変えようかなと言っておられたので、内容ではなく聞き手のことを考えた切り口にしていただいたのかと・・・?

藤本先生は、実は東京では気さくな先生のお人柄のでる話しぶりでした。
今回はちょっと控えめにされたようで、その分講演内容に力をいれられたようでした。

上野先生の不登校の変遷に関して、前回のポイントの確認でご質問をふられてしまいました
あれだけ一生懸命聞いていたのに、二つのうち一つがでてこなかったのがくやしいですね〜。(上野先生すみません)
上野先生の不登校に対する考え方・子供達に本当の笑顔をと取り組まれている様子が印象的でした。

どの先生のお話も、大変ためになるもので、もっと聞きたいと思ってしまうほどでした。


休憩をはさんで、グループセッションが行われました。
東京では、班わけに手間取ったのですが、今回は始まるともう前に班分けがきっちりと書かれてありスムーズな移動となりました。
この時の同じ班に、なんと偶然メリーベルさんがおられ頭の回転の速さに、『なるほど〜こうしてあの記事ができていくんだなぁ』と妙に納得した次第です。
どの班も、まるで事前の打ち合わせをしていたような仕上がりで、みなさんすばらしかったです
東京でも、大阪でもこのグループセッションがありましたが、どのグループも活発な意見交換!
いろいろな勉強をし実践された方々ということがうなずける様子でした。
確かにこのみなさんの知識を埋もれさせるのはもったいない!
先生方には、有効活用を考えていただきたいですね


今回の大阪では、時間が少し短いこともあって、セミナー終了後の雑談があまりできず、少し残念でした。
個人的な話ですが、ネットの掲示板で偶然お見かけし、支援を迷っておられた時期にお話した方がおられます。
その方が、支援を受け、復学をはたされセミナーに参加されていました。
お互い初対面でしたが、私もなんだかうれしくて
私には、「その機関であれば大丈夫ですよ。」「素晴らしい先生ですよ」と言うことしかできません。
それでも、復学への道への後押しになったのであれば、こんなにうれしいことはありません。

上野先生のお話にもあったのですが、今までは、わが子の様子しかわからなかったのが、ネットの普及によって色々な情報が入り、良い面と悪い面がはっきりしてきたようです。
自分の近所に同じ不登校の家庭がいなくてもネットでのつながりで孤独感が薄らぎます
その反面、今の自分の対応がよくわからなくても、ネットで大丈夫といってもらうと、なんの根拠がなくてもあの人のところもだからと変に安心してしまうこともあります
不登校を経験した者として、もっとこんな方法があるのにと思っても伝えるすべがなく、文章だけで伝える難しさも感じます
本当に子供の学校へ行きたいを実現するために日夜走り回っておられる先生方は特に、はがゆい思いをもたれているのかもしれません。
私にできることは、我が家の経験を残すこと・復学支援は大丈夫(怪しくないですよ)と発信する事でしょうか。
ネットの波の中にうもれないように、このブログもがんばらないといけませんね。


2次会は、セミナー会場のすぐそばの居酒屋でした。
今回はFHEの親の会もかねていたので、幹事役をふーみんさん・ちーこさんとともにさせていただきました。
実は、関東セミナーの2次会の幹事さん達のあまりの鮮やかな采配ぶりに、こっそりノウハウをお聞きした私です。
それでも『なんとかなるさ〜』の関西人なので、参加いただいた皆さんにも助けていただき、なんとかなりました(笑)
細かな準備の様子を教えていただいた東京の幹事さん、ありがとうございました。

2次会には、FHEの藤本先生と訪問のN先生・S先生がお顔をみせて下さいました。
なんと、藤本先生は翌日関東で登校フォローの予定が入っているということで、関東へ移動される時間までの貴重なお時間で参加していただきました。本当にありがとうございました。
今回講演では、先生のコメント要請はなかったのですが(笑)、2次会の帰りぎわには、きっちり「コメントを」と言い置いて帰られました

2次会は、エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・FHEの機関の方が参加していただけ、又、いっそうの親の輪が広がったように思います。
家庭ノートの添削はやっぱりペアレンツキャンプさんにはかなわないかも〜
うちはメールの方が多いかも・・
いや、うちは電話が多いかな
と、各機関の特色もちらっと伺いました。次の機会にはもっといろいろ聞きたいです。

2次会に参加していただいた皆様、楽しくすごすことができたでしょうか?
同じ経験をしたもの同士、親の輪が広がればこんなにうれしいことはありません。
これからも、皆様どうぞよろしくお願いします





同じく、参加された先生や親御さん方の記事のご紹介をしておきます。

藤本先生  「伸びる子」育て

ぶにん先生 ぶにん先生のカウンセリングルーム

ふーみんさん 不登校気味だったけれど・・・克服

メリーベルさん 明日も笑顔でいられるように

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None