中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

病院ー1

病院のメンタルヘルス科を受診しました

今まで病院にこのような科があることも知りませんでした。
ただ、私の中では、息子の不登校は病気ではないという漠然とした思いがありました。
又病院で処方される薬にたいしても、あまり飲ませたくない思いがありました

今回は、話の流れの中で学校の先生からの提案があり、
気になることはすべて試してみようという思いから受診しました。

前日に息子に病院行こうかというと、「精神病院か・・・」と。


予約時間が決まっているのですが、30分間隔でその間に何人という決め方のため
2時間待っても順番はきません。
小さな子供から大人までいろいろな患者さんがいました。

息子の担当は女医さんで、息子に様子を聞いてくれますが、息子の方から話そうとしません。 
うつむいてそっぽをむいています。
このまま黙っていてもらちがあかないので、私の方から経緯を話しました

学校もいけていないこと。現在の状況など

その様子を横でみていて息子がイライラしてきました

  息子 「もう外で待ってていい?」

  母  「あんたのことなんやからあかんよ」

  息子 「でもお母さんばっかりしゃべってるやん」

その会話を聞いて先生が、息子に聞いてくださいました

  先生 「原因は何だったの?」

  息子 「いじめや」

母親の私も初耳でした。

  先生 「いつから?」 

  息子 「 小学校5年から」

  先生 「 中学校入ってからもあるの?」

  息子 「 クラスではないけど学校ではある」

そうだったのか という感じでびっくりしました

  先生「それなら今はゆっくりしたほうがいいね
     又来月予約をいれましょう。」 

今でもゆっくりしているのに来月になっても何も変わっていないだろうという思いがあったため、
学年がかわる3月に予約をお願いしました。

はたして、本当に小学校でいじめがあってそれが今も続いているのかどうかはわかりませんが、
私の中では、まわりからいじめられる何かが息子の中にあるような気がします

今回は特に話を聞くだけで、薬の処方や検査はありませんでした。
逆に薬でも処方されていたら、又飲ませるか飲ませないかで悩んだだろうと思います

今はそっとしておくしかないのでしょうか

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。