不登校の対応には、いろいろな道があります。
我が家は、復学支援を選びました(復学支援を知っていますか?
他の方は、どうでしょうか。
みなさん、いろいろな道を探されています。
そして、復学支援を決断された時のお気持ちはいかがだったのでしょうか?

本記事は、前述の『復学支援を知っていますか?』の記事にいただいたコメントです。
今、不登校で道を探されている方に少しでも参考になればと思い、
ご本人の了解を得て、もう一度掲載させてもらっています

ティカさんは、エンカレッジで復学されました。息子さんが小5で不登校になり、小6で復学されました。
なぜ『復学』が大事だと思ったのかを書かれています。
ご自分のブログでも発信されています(一歩ずつ前へ)


ーーーーーーーーーーー
【ティカさんのcase


子どもは親が亡くなっても生きていかなければなりません。
『社会の中で独り立ちできるように送り出してあげること。』それが親の最終責任だと思います。

不登校を招くということは、そのままの状態では社会の中で生きていけないことだと思います。
子どもが社会の中で適合できるよう、まず家庭の中で下準備。
そして、次には学校に戻り、その中で揉まれいろんなことの術を学ぶ。
そしてやっと社会に送り出してあげられるのだと思います。

不登校は学校に行けない状態なので、学校に戻せばそれで解決のように捉えられ、どうやって学校に戻すかと方法論ばかりに焦点が当てられがちです。

でも、学校に行けた時点ではあくまでも通過点。
実際には学校に戻って登校が安定するまでの期間の方が長い道のりだと思います。
それは継続登校の段階に入っている方は皆、お感じになっていることですよね。

「学校に行ける状態になるまで待ちましょう・・・」その考えの方が世間では一般的なようです。
でも、何時まで待ったらいい?その先はもっともっと長いです。
学校ではいろんな行事や活動、友達との関わりの中で様々な貴重な体験ができます。
不登校が長くなればなるほど、その貴重な体験を奪い、そこで成長できるチャンスまでも失ってしまいます。
家にいて何が学べるのか?

私は、子どもは皆学校に戻りたいと思っていると信じています。
体調不良?学校になんて行かなくていいやって思っていたら体調不良を起こすでしょうか?行きたいのに行けないから体調に出るのだと思います。

本当の子どもの気持ちに気づいてあげてほしい。
そして少しでも早く学校に戻してあげてほしい。
短期復学し元気に学校へ通っているお子さんの姿・・・見ていただきたいなと思います

スポンサーリンク

 
 タグ
None