不登校から復学支援を選んだcase〜ふらわぁさんの場合

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校から復学支援を選んだcase〜ふらわぁさんの場合

不登校の対応には、いろいろな道があります。
我が家は、復学支援を選びました(復学支援を知っていますか?
他の方は、どうでしょうか。
みなさん、いろいろな道を探されています。
そして、復学支援を決断された時のお気持ちはいかがだったのでしょうか?

本記事は、前述の『復学支援を知っていますか?』の記事にいただいたコメントです。
今、不登校で道を探されている方に少しでも参考になればと思い、
ご本人の了解を得て、もう一度掲載させてもらっています

ふらわぁさんは、エンカレッジで復学されました。


ーーーーーーーーーーー
【ふらわぁさんのcase


我が家は小3での不登校、復学でした。
娘の通った小学校では3,4年で縦割りの総合学習「実りの時間」があります。
田植えをしてお米を育て収穫し、秋祭りでおもちをついて全校生徒や保護者、地域の方に食べていただきます。

小3年の5月から休み始めた娘は、田植え前の下準備に1回参加しただけで、秋祭りが終わった後復学しました。

4年の時は順調に継続登校を続けながら、田植えの日は泥だらけの足袋や服を持ち帰ります。
夏休みには稲の様子を見に行ったりし、
秋祭りでは笑顔でたくさんの人におもちを配っていました。

その姿を見た時、3年の時にはこの経験を出来なかったんだという悲しみと、
4年では初めから最後まで経験することが出来てたくさんの人に喜んでもらえる場面に我が子がいる嬉しさを同時に感じていました。

支援を受け、親のあり方や子どもへの接し方を改め、
子どもの学校へ行きたい気持ちを引き出していただき復学出来たことで、
子どもは学校で様々な行事や毎日の学校生活でたくさん成長して帰ってきます。
その成長した姿を見ながら、親も常に勉強していくことになりますね。

復学後の継続登校により、親も子もそれぞれ成長してきていることを4年半の年月を過ごしてきて感じます。

普段、不登校の頃のことは家で話題にしませんが、1度だけ娘が話したことがあります。
娘は、『学校へ行かなかった時を後悔している』
『学校で、自分が休んでいた間の出来事が話題になった時に学校へ行っていたら良かったと思うんだ』と言っていました。

娘が失ってしまう学校生活の時間を、復学支援を受けることで可能な限り少なくすることが出来ました。
その後の学校生活、行事等にみんなと一緒に参加することで大きな成長を見せてくれています。

不登校が始まったころ、いろいろな本を読みました。
「待ちましょう、甘えさせてあげましょう」と書いてありました。
たくさん甘えさせて子どもの願いを聞くようにしました。

その結果1カ月経たないうちに小3の子が、まるで幼稚園の子のようになってしまいました。
復学支援を受け始め親の接し方を変えることで、家の中で自分で考え行動することがだんだん出来るようになってきました。

再登校し学校生活を送るなかで、家の中では経験することのできないたくさんの成長のチャンスに出会って、学年相当の自立心と協調性をを身につけてきました。

今年中2になり部活では先輩になった娘について1年生のお母さんから、優しく教えてくれたって言ってたと聞きました。
『あぁ、学校に戻れて学校の中で成長してこれて良かったなぁ〜』としみじみ思いました。

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (6)

Unknown

勉強の遅れはなんとかなりますが、参加できなかった行事は取りもどせませんものね。特にそれが長期にわたって行われるものだとしたら、やっぱり「その時間の中」にいられなかったことは残念に思うでしょうね。娘さんの辛い気持ちが伝わってきます。

でも、娘さん、自分から休んでいたときのことを話したのですね。時が流れ、ある程度、自分の中で消化できたのでしょうか。
うちはまだ1年半だからなのかもしれませんが、全く話そうとせず、そのころの話題になると『なんでその話をするhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/eq_1.gif">』といった態度をとります。
小3で不登校になった次男、中学生になったら少しはあのころの気持ちを語ってくれることがあるのかな?

うちは3年の夏休み明けに休み始めました。
入学式から泣いて、毎日送っていった次男。
それでも、欠席は1日もありませんでした。
「前期皆出席」「後期皆出席」「年間皆出席」の賞状をいただき嬉しそうな次男に、『この喜びを味わったのだから後は頑張ってくれるだろう』と思っていました。
2年生はスムーズに登校。
3年生の5月から行き渋りが始まりました。
それでも「皆出席」にこだわり、「やっぱり行く」という次男の気持ちに応え、『今日楽しければ明日からは行くだろう』とかすかな期待を持ち、学校へ送って行きました。そして、気持ちが向けば教室へ、泣いて拒否されれば養護の先生にご挨拶をして帰宅する日々となりました。
「あいつ、授業は受けたの?」「おにいちゃん、学校いったの?」4年の長男と年長の娘の問いかけも私には辛いものでした。
夏休み明けの9月、『こんな毎日で何が皆出席なんだろう。本当に頑張って登校している子に申し訳ない。』と思った私は、行くのが嫌だと泣いて部屋にいる次男に、「授業を受けないで帰ってきても登校したことにはならないよ。ちゃんと授業を受けるなら送って行くから言ってきて」と言ってリビングで待っていました。
そして、夕方長男が帰宅し…。次男は「ああ~もう皆出席はなくなった」と泣き、翌日から学校へ行かなくなりました。

小学校の卒業式では卒業生が壇上に座ります。6年間皆出席だった児童は名前を読み上げられ、大きな声で返事をし、誇らしげに立ち上がり、卒業式終了後に校長室で表彰されます。
長男の卒業式でそのことを知った私は、大きなショックを受けました。
次男は不登校中以外は欠席していません。
次男が決めて学校へ行かなくなったとはいっても、やっぱり、残念です。『私がもっと早く適切な家庭教育をしていたなら、次男を不登校にせずにすんだ』という申し訳ない気持ちが心のほとんどを占めています。
在校生として式に参加した次男も、私以上にショックを受けたことと思います。
けれど、休んだことは事実。残念な気持ちを抱きつつも、6年間皆出席のお友達を祝福して欲しいな、と思います。

以前、ブログのコメントにも書かせていただきましたが、今は少々体調が悪くても「学校休みたくないんだよ。」と言い、登校していく次男を嬉しく、学校に戻れたことを、戻させていただいただき、継続登校できていることをありがたく思っています。

娘さん、優しい先輩なのですね。
ほめ言葉ってホント、第三者から聞くと、嬉しさ倍増ですよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">
うちの中2の長男も…どんな先輩なのか…怖くて聞けませ~んhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock2.gif">

「学校の中で成長する」やっぱり家だけでは、家族だけでは「できる経験」に限りがありますよね。
学校の中で、先生、同級生、先輩、後輩の中で喜んだり、悲しんだり、悩んだりしながら社会に適応していく練習をしているのだと思います。
娘が幼稚園のころ、女の子特有の「三人の中で仲間はずれ」に会い、見ていたママから話を聞き、辛くなった私は幼稚園の園長先生に相談したことがあります。
「Rちゃんは今、社会の不合理さを学んでいるのよ。仲間はずれにあって、それでもいいと入っていくのか、だったらいいと離れていくのかそれはRちゃんの選択。ママは見守っていて、Rちゃんが話してきたら受け止めてあげて」と言われました。娘は私には何も言わず、ひたすらあとのふたりについていったようです。そしてそのうちに、他のお友達とも遊ぶ機会を増やしていったようです。
小学校の初めての面談で、そのことを担任の先生に話すと「だからか~。Rちゃんは、女の子同士でもめそうになるとスッとその場から離れます。その時の経験が生きているのでしょうね。」と納得していました。
幼稚園児でも毎日の経験が学びなんだな、しっかりその経験が小さな社会の中で生かされているんだな、と改めて実感した出来事でした。

うちでしかできない経験、学校という甘えが(ほとんど)許されない社会での経験、どちらも大切にしながら成長していって欲しいと思います。

ふらわぁさんの娘さんも中2ですよね。我が家の長男は反抗期でややこしいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">
しかし…お互い頑張りましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">
かのん URL 2010-06-21 21:46  [Edit]

Unknown

ふらわぁさん、はじめましてhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">

娘さんは不登校の頃の気持ちを言葉にされたんですね。
失った学校生活を後悔するというのは、今が充実しているからでしょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">

4年半という年月を継続登校の中で成長できるというのは、素晴らしいことだと思います。

うちはまだ再登校から日が浅く、毎日が嵐だったり穏やかだったりで親の対応も支援の先生にお聞きする事が多いです。
しっかり支えてくださっているという安心感があるので、とても感謝しています。

「待ちましょう、甘えさせてあげましょう」は私も実践していました。
不登校中の対応は一番迷うところで、支援をうけて初めて各家庭によって対応が違うんだというのもわかりました。

本の内容も不登校に関しては「待ちましょう、甘えさせてあげましょう」が多いですよね。

実際、家から出られない子をカウンセリングに連れて行くのもむずかしく、子供を見ないままの状態で受けるカウンセリングは「待ちましょう」を実践する親の気持ちを楽にするだけだなと感じてしまうこともありました。(全てのカウンセリングがそうではないかもしれませんが)

息子はふらわぁさんの娘さんのように、まだ不登校だった頃を振り返って言葉にする余裕はありませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">

親も対応がまだまだですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0143.gif">

ふらわぁさんのように継続登校を頑張る子を、見守り支えていけるように親としてしっかり勉強していきたいです。
きのこ URL 2010-06-22 10:43  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、このように記事に載せてくださりありがとうございます。
「復学支援を知っていますか」の記事を読んで当時を振り返ることで、支援を受けて復学できたことで得た物の大きさを改めて感じながらコメントしていました。
今回はこのように記事にして頂き、コメントも頂きありがとうございました。
頂いたコメントを読みながら、少し補足させていただいたほうがいいかなと思い、書かせて頂きます。
娘が1度だけ不登校の頃のことを話した時というのは、家の中で問題が起こりその話をする中で出てきた言葉でした。
復学から2年少し経った頃でしたが、自分の中で消化して振り返ってという様子ではなかったのです。
この時に出てきた言葉は、学校生活を送るなかで日頃感じていた辛い気持ちだったのだろうと思います。
継続登校で、何があっても休まず登校する強い意志は、2度と不登校になりたくない、もう後悔したくないという気持ちから来ているのでしょうか。
娘の辛い気持ちを無駄にしないために、親はこれからもしっかりと学び続けなければなりませんよね。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">かのんさんへ

かのんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですね。参加できなかった行事の「その時間の中」にいなかったという事実は、子どもにとっても辛い現実なのでしょうが、そのような思いも乗り越えながら継続登校の中で成長していってるのでしょうね。
かのんさんのところでは、休む前こだわり続けた皆出席について、卒業式での表彰という辛い現実を抱えながらも、「学校休みたくないんだよ」と継続登校しながら学校で成長してる姿が嬉しいですよね。
娘さんは、幼稚園のころに女子の人間関係を学んで小学校で生かしてるなんてたのもしいですね。
うちの娘は継続登校の中で高学年のころにいろいろと学習したみたいでしたが、かのんさんの娘さんはそのころには周りと上手に関わっていけそうですね。

ご長男は、同じ中2ですね。
この年の子はどんどん大人に近づいていってますよね~。
子どもの成長のためにお互いに頑張っていきましょう。


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">きのこさんへ

きのこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
失った学校生活は取り返すことはできませんが、復学後の今を充実させることは可能ですね。
娘には、学校生活でたくさんの経験をしながら、辛い思い出も心の隅に隠れるくらいに充実した毎日を送ってもらいたいと思います。
そのためには、支援で学んだことを私が忘れないように、子どもの成長に本当に役に立つ親になれるように努力を続けることが大切なことだと感じています。
そのように考えられることも、復学支援を受けて得たものの1つですね。
きのこさんは、今まさに継続登校の勉強を毎日のいろいろな出来事から頑張っていらっしゃるところですね。
子どもが充実した学校生活を送れるために、お互いに頑張りましょう。
「待ちましょう、甘えさせてあげましょう」という対応をした場合の子どもの変化はそれぞれなのでしょうが、我が家の場合は本当に短期間のうちに状態が悪化してしまい学校どころの話ではなくなってしまいました。
あの時の私のような辛い思いをする人が少なくなるために、復学支援や家庭教育について広く認知されるようになっていくと良いなと思います。






ふらわぁ URL 2010-06-23 12:24  [Edit]

かのんさんへ

ふらわぁさんへのコメントありがとうございました。
かのん家の、子供さん達の学校に行ってよかったが、いつもコメントから伝わってきて、なんだかうれしくなります。
きっと、日常の色々はどのご家庭でもあるのだと思いますが、それを不満にするか成長にするかは、母親次第ですね。
娘さんも、小さいながらも、友達とうまくやる方法を身につけ自立の道を歩いているのですね。
ちゃろ URL 2010-06-24 08:29  [Edit]

きのこさんへ

きのこさん、コメントありがとうございました。
きのこさんの頑張りで、息子さんは立ち止まらずに前進されていることと思います。
まだまだ大変な時期だと思いますが、みんな継続登校のステージで経験してきました。
息子さんも、卒業のころには、渦中の気持ちが聞けるかもしれませんね。
毎日の色々が、安定への近道だと思って、頑張りましょうね!
ちゃろ URL 2010-06-24 08:35  [Edit]

ふらわぁさんへ

今回は、記事に協力いただきありがとうございます。
娘さんの、気持は辛い気持ちからのものだったかもしれませんが、それを聞けるという親子関係ができていたのだと感じています。

つい親の気持ちが先走ると、子供には伝わりにくくなることが、我が家ではたくさんあります。
ふらわぁさん家では、娘さんとの良い関係が継続登校の支えになっているのだと感じています。

これからも、一緒に頑張らせてくださいね。
ちゃろ URL 2010-06-24 08:48  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。