家庭教育推進協会

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

家庭教育推進協会

今年の3月に、家庭教育推進協会という機関が発足しました。
代表をエンカレッジの上野先生がされています。
ペアレンツキャンプの水野先生・私がお世話になっているFHEファーストホームエデュケーションの藤本先生が理事として参加されています。
セミナーの開催も、東京と大阪でありました。ゆっくりと動き出している感じです。

協会では、不登校の対策だけでなく、いろいろな機能を考えておられるようです。
家庭教育という大きなくくりの中で、考えていきたいと。
中でも、子育て119番というシステムがあります。
不登校の問題だけではないのですが、あえてここでは不登校で道を探しておられる方へのお話としたいと思います。


自分の子供が不登校になった時、まず学校に相談します。
そして、スクールカウンセラーの先生にも。そこで、登校できれば、嬉しい限りです
我が家は、それでは解決せず、そこから完全不登校になりました

いろんな相談機関もまわりました。
公立の子供相談センター
市の教育相談
病院
適応指導教室
フリースクール
それでも、道は見えませんでした

もし、病院で何か病名がつけばこの子は病気なんだからと今とは違った道を行っていたと思います。
もし、フリースクールで息子が毎日行っていれば・・・
たまたま相談した機関によって、道が変わってしまいます。

わが子には、病院がいいのか、適応指導教室がいいのか、復学支援機関がいいのか。
すべての方法を、理解している方に教えてほしいと思いませんか?
わが子と相談機関とのマッチングの機能を子育て119番として協会の電話カウンセリングが目指されています。

徐々に、実際に相談された方のお話も聞こえてきています。
不登校で、道を探されている方は、相談機関のひとつとして家庭教育推進協会も視野にいれてはいかがでしょうか?
(初回の相談は無料ですしね

実際に協会で相談を受けている先生のお話を伺うと、
私が思っていたような初期の道を探っておられる方だけでなく、
長期化している方や、問題が複雑化している方などの相談もあるそうです。
私には想像もつかない難しさがあるのだと感じました。
道を探しておられる方の、選択肢の一つになればと思います


協会の関西セミナーで、お知り合いになった方と、お話するチャンスがありました。
セミナーでは、あまりお話できなかったのですが、
エンカレッジのマハロさんが、仲立ちをしてくださり、
ペアレンツキャンプのサブリナさん・コロンさん・Iさんとお会いしました。

支援機関が違えば、お会いするチャンスはなかなかないですね。
それを取り持ってくれたのが、協会というシステムでした。

復学という同じ目的に向かって頑張ってきた者同士、
話はつきませんでした〜

水野先生の話や藤本先生の話、訪問の先生の話と、
きっと、先生方は、くしゃみが止まらなかったことでしょう

支援機関の手法は違っても、根底に流れる復学に対する想いは同じです。
先生方の支援の結果、今笑って話せることに感謝です

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (14)

Unknown

そうですね。
最初は、市の児童相談。教育相談。たしかに、メンタルクリニック(いかなかったが。などなどが相談機関でした
たしかに、適応指導教室や、少人数学級も紹介されました。一応見に行きましたが、適応指導教室は息子自身が拒否しました。
協会のホームページもだんだん具体的な形になり様々な子供、いじめや家庭内暴力や その他いろいろ相談にのってくれるようですね、先生たちは広い相談にのる意味で大変なのだろうな、と思います。私も初期の問題が多いと、思ってましたが長期化したもんだい、複雑な問題があるんですねもっと初期に、気軽に相談出来れば、複雑に絡み合う前にいい方向に迎えるのかな?とおもいます
家庭教育、小さい幼児は結構ありますよね。でも小学校から上になるとなかなかないので、こういう相談機関もありますよという意味で広がってほしいですね
ゆうま URL 2010-06-24 14:33  [Edit]

Unknown

長男の学年にしばらく学校を休んでいた女の子が3人いました。
そのうちの二人のママとは仲が良かったため、次男のことを相談したことがありますが、「うちは、しばらくうちにいて、ビー玉で遊んだりのんびりしているうちに、自分の方から学校行こうかなって言ってきたの」もう一人は「嫌いだった子のことは、嫌いなままでいいって割り切ったら楽になったみたい」という返事でした。
そして、もう一人は学校に来ることはなく(修学旅行だけ来ましたが、かえって傷つくことになってしまったようです)卒業しました。

何人かのお母さん方とお会いし、皆さん励ましてくれましたが、日々の私の悩み、「日増しにひどくなる兄弟ゲンカはどうすればいいのか」「学校を休んでいるのに習い事に行きたがるが‥このままでいいのか(お友達の悪気のない一言で次の週から行けなくなりましたが)」に答えてもらうことはできず、(あたりまえなんですけどねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">)支援を受けはじめるまでは現状そのものが苦しいのに、それに付随する問題が次々に発生して、本当に苦しかったですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">

家庭教育推進協会では、不登校について以にもご相談にのっていただけるようで、セミナーでお聞きしたときに「うわ~すごいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">」って思いました。「不登校になってしまう前の予防的な家庭教育」これに勝るものはありませんよね。
最近の我が家では、学校とは関係ないことでも、結構シビアな問題が発生する事が多くhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">
(反抗期の長男と夫の対立とかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_oro.gif">)
私はまだぶにん先生に支援を頂いているので、すぐに「先生‥すみませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock2.gif">」って助けを求めてしまうのですが‥。

このお話をお聞きしたときに心の中に大きなお守りができたような気持ちになりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_uru.gif">

そして、協会のおかげでちゃろさんをはじめとする支援機関が違うお母さん方とお会いできたことhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_en.gif">
私にとってはこちらも最大級のハッピーな出来事でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
かのん URL 2010-06-24 15:19  [Edit]

Unknown

私は支援機関に電話をするまでやはり悩みましたし、今ひとつの勇気がでるまで時間もかかりました。支援機関もそれぞれの特色もあると思います。先生方の間で、この方はここの方があっているとお互いに紹介などされることもあるようですが、それを協会で、判断していただけるのは嬉しいですね。

子どもの問題はそれぞれで、不登校だけでなく、その前の五月雨、家庭内の問題・・・それが一つならまだしも、いろんな要素が絡み合って複雑化している場合もあります。解決に向けてのいろんな選択肢はあると思いますが、その道筋を示していただけることにより、少しでも前に進むことができますね。

周りで不安定な子がいたら、やはり気になります。支援を受けられるのかどうか、ご家庭の事情もあり、勧めたい気持ちはあっても躊躇してしまう私がいました。でも、これからは、まずは協会に連絡してみたら・・・と言おうかなと思っています。



ているようですが、

支援をお願いしたいようと思っても、ひとつではないし、どこにかけていいのか・・・
ティカ URL 2010-06-24 21:58  [Edit]

Unknown

今のコメント、最後の2行・・・無視してください。消し忘れました~お恥ずかしいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">
ティカ URL 2010-06-24 22:00  [Edit]

Unknown

家も支援機関にお世話になりましたが、
たどり着くまでの道のりは長く、病院には通い続けたし、教育相談にも行きました。
正直フリースクールも迷いましたが、何かが違うと思いました。
まさに、「家庭教育推進協会」のように不登校を色んな視点で一緒に考えてくれる場所が
あったら・・と思っていました。
それが現実になりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_uru.gif">

不登校などで悩まれている方の一すじの光になればいいな・・と思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
juma URL 2010-06-25 23:48  [Edit]

ゆうまさんへ

ゆうまさんも、いろいろな相談機関を利用されたのですね。
最初は、学校から紹介される所が多いようです。それでも、学校の先生がすべてを把握されているわけではありません。

不登校初期は、どうしても手探り状態です。こういう相談機関があるよとぜひ知ってもらいたいと思って記事にしました。

>もっと初期に、気軽に相談出来れば、複雑に絡み合う前にいい方向に迎えるのかな?
ゆうまさんの言われるように、不登校期間が長くなれば又別の問題が起こってきます。
『とりあえず、協会に相談してみよう』となるといいですね。
ちゃろ URL 2010-06-26 21:27  [Edit]

かのんさんへ

お友達で不登校のご家庭があったのですね。同じ不登校といっても、道はいろいろで、どれが正しいということはないのかもしれません。

私も、支援を受けて、ほんの些細なことにも明確なアドバイスをいただけることに感謝しきりでした。
かのんさんちは、兄弟間の問題も難しそうですし、これからの長男くんとご主人の問題も、難しそうです~
日々、ぶにん先生と二人三脚で進まれている様子が目に浮かびます。
ぜひ、そんなことも、又コメントしてくださいね。

>心の中に大きなお守りができたような気持ちになりました
本当にそうですね。支援機関を勧めることは難しい方でも、協会の電話相談を気軽に使えるようになるといいですね。

この記事とみなさんのコメントが、少しでも悩まれている方の目に止まるといいなと思います。

今回は、大阪のペアレンツの方々とお話する機会がもてたことは、協会のおかげです。かのんさんの話も出たんですよ~
ちゃろ URL 2010-06-26 21:38  [Edit]

ティカさんへ

支援機関への電話、ティカさんも悩まれたのですね。確かに勇気がいりますよね。
その後押しを私達のブログがお手伝いできるとうれしいと思いませんか?

わが子の経験しかない私には、病気だったら?この方法があわなかったら?と考えると、躊躇してしまいます。
協会の相談で経験豊かな先生方に尋ねることができるのは心強いですよね。

たくさんの方の参考になればと思います。
ちゃろ URL 2010-06-26 22:24  [Edit]

jumaさんへ

jumaさんも、いろいろな道をさがされて今があるのですね。

>不登校を色んな視点で一緒に考えてくれる場所
確かに、これが理想的な形かもしれません。
色々な道を経験してきたjumaさんの言葉は、たくさんの方の参考になります。

今、不登校で道を探されている方への参考になれば、うれしいですね。
どうぞ、又コメントお願いしますね。
ちゃろ URL 2010-06-26 22:32  [Edit]

Unknown

コメント返信ありがとうございます。
テイカさんの 今後はまず協会にという意見、そうだよね!っておもいました不登校にはならなくても、いろいろあるとおもいます。復学支援機関に相談するに至らないケースなどなど、これからは、こんな相談機関あるよーといえるかな?とおもいましたので。ます一人で家庭内で抱えないですかね。

追加。不登校のサポート以上にいろいろ対応している先生たちは本当に大変だろうな…とおもいます。
何度もすみませんが、テイカさんの意見がズバリ!だと心から思ったので。私もこんな所もあるよといえるかな!です
ゆうま URL 2010-06-27 09:58  [Edit]

ゆうまさんへ

なんか私の名前を2度も出していただいたので、ついついお返事したくなっちゃいました。
ちゃろさん、勝手に場所借りちゃいますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_tehe.gif">

意見がズバリ!
そう言っていただけて嬉しいです。

子どもに問題が起きたら「家庭教育推進協会」へ・・・ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/choki.gif">
ティカ URL 2010-06-27 16:42  [Edit]

ゆうまさん、ティカさんへ

再度のコメントありがとうございます。
どうぞ、何度でも~(笑)

道を探している方に、安心して勧められる機関ができたことがうれしいです。
先生方の活躍を応援したいですね。
ちゃろ URL 2010-06-27 23:07  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんばんは。
息子が中3になり5月から塾にも通いはじめました!動き出した途端、追いつくのに息切れしている母です。進路相談、面談、模擬試験と人並みに受験生らしきスケジュールに乗れている(時々落っこちそうになりながらも)だけで感無量です。
あまり良いことを言ってしまうと、途端にこけたりなんてことがありがちなんですけどね。

我が家の場合は、不登校になる前に支援機関があることを知り、親としての知識として知っていたいと思いました。そして万が一我が子が不登校になってしまったとしたら相談できる機関がある、まわりで困ってらっしゃる方がいたら選択肢として紹介できると考えておりました。
ただ、まさかその万が一が本当のことになるとは思ってもいませんでしたが。。。
でも心に決めていたので、息子が休みだしたその月末には、藤本先生に相談させていただくことができました。
不登校になってから相談するまで迷う時間が無かった点は、とてもラッキーなことだったんだなと、後になりしみじみ感じます。
協会が広まることによって支援機関の認知度が高まり、復学へのリスクが少なくなることを願っています。

また、皆さんのcase 興味深く読ませていただきました。貴重な経験を記事にしてくださりありがとうございます。不登校に至るまでには様々な事情、要因、背景がありますね。でも、その中に、やはり部分的には全く同じことがあてはまることにドキッとします。「うちの息子も同じセリフ言ってたな」と、、、
家庭内での対応が問題解決のカギとなることを改めて感じました。


アールグレイ URL 2010-06-27 23:22  [Edit]

アールグレイさんへ

息子さん、塾が始動ですね。
もう?と感じてしまいました。息子さんのペースでがんばってほしいですね。

協会のセミナーで、言われていた予防的家庭教育のお話、これは、まさにアールグレイさんの場合だと思っていたんですよ。
お友達のcaseをきっかけに、もう一歩ふみこんで勉強されていたことが、不登校への短期間の対応を可能にしたのだと思います。

これからは、アールグレイさんのように、『何かおかしい・気になる』と思われた段階で相談することが、当たり前になれば、不登校になって苦しむ子供たちが、確実に減りますね。

皆さんのcaseへの感想、ありがとうございます。
私は、ちょっと楽をさせてもらっちゃいましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_tehe.gif">
でも、どの方のcaseも、たくさんの方に見てもらいたいと思います。

又、ぜひ覗きにきてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/star.gif">
ちゃろ URL 2010-06-28 00:28  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。