息子のネットゲーム

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

息子のネットゲーム

最近の息子を見ていると、どうもパソコン・ゲームの時間がさらに増えているように感じます。
テスト前も、パソコンの時間がへることはありませんでした。
その上、朝の登校直前までパソコンを開いていることもあります。
そんな状態にちょっと引っかかりを感じて、先生方にご相談させてもらいました。

最近の息子は、休みの日など食べる時間以外はパソコンに向かっています。
これは、以前であれば娘が家にいる時間、息子はパソコンが使えなかったのが、
最近の娘はあまり家にいないため息子の使用可能時間が増えた部分が大きいです。
それでも、学校には無遅刻・無欠席です

娘の場合は、欠席・遅刻が増えてきた時点で規制をかけました。
その経緯があるので、今の状態の息子には特に制限は難しいということでした。

訪問のN先生は息子自身を見てくださっています。
N先生から『サッカーの好きな子と同じようにゲームが好きと思ってください』と。
なぜか親は、わが子がスポーツをしていると安心するのですが、ゲームとなると・・・。
ある意味親の偏見もあるかもしれません


ネットゲームに対して、相談しました。
学校でうまくいかなくなって、ネットゲームの世界に入っていく場合は要注意だそうです。
リアル(現実)の世界にもどってこない危険性があります

もちろん息子も、ネットゲームをしているわけですので、親として注意は必要です。
息子の場合は、もうすでにゲームの世界に入っているが、学校もこなしている状態なので、現状維持という感じでしょうか


どのような点に気をつけるべきか。
一番の問題は、ネットゲームの世界に合わせて生活するようになることだそうです。
『ゲーム世界のイベントが夜中の2時にあるから・・・。』
『ネット仲間が夜中の1時に集まるから・・・。』
これにあわせてしまうと、朝起きられなくなってきます。
   ↓
学校が休みがちになる。
   ↓
すると、授業もわからなくなる。提出物も溜まってくる。
   ↓
クラスメイトからも浮いてくる。
どんどん、ネットの世界へ
このような図式もあります。

現実の世界(学校)で、うまくいかなかったこと(勉強や友達のことなど)を、ネットの世界でなぐさめてもらう。よくあることです。
ここから、現実の世界でうまくいく努力をすれば
しかし、何もせず文句を言うだけでは、どんどん学校での居場所がなくなってきます。
まさしく娘がこれでした

今の息子の状態は、夜もう遅いから寝なさいといえば「は〜い」と返事をして、寝にいきます。
このあたりの、見極めが親として必要であるように感じています。

ネットゲームそのものを問題視するのではなく、
息子がやらねばならないこと(登校・勉強)を果たして、
初めて趣味の一つとしてのネットゲームを認めてもらえるのだと伝えたいと思います。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (10)

Unknown

うちは、リビングから見ている分にはまだ単純なゲームのみのようですが、3人ともはまりやすい性格なので…入りこまないように‥注意ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0006.gif">
我が家のルール、1時間半というゲームの時間をきっちり守る次男に対し、タイマーが鳴っても平気でとめて続けようとする娘に、ベッドにPSPを持ちこんでやっている長男‥。しょっちゅう「時間はかってんのhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0159.gif">守れよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0160.gif">」「おにいちゃん、ベッドで隠れてやってんでしょhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0159.gif">」と次男のするどい突っ込みが入っていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">
長男は最近、ギターに興味を持ち(弾いているのはかえるの合唱http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0087.gif">)、エレキが欲しいとか、「携帯買ってよ。みんな持ってる~」(ウソつけhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0152.gif">お母さんは最低でも4人は持っていないことを知っているぞhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0153.gif">)など、要求が増えてきました。
『その前に期末テストだろ~がhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0027.gif">』とココロ突っ込みの私です。
また、息子さんとゲームのお話、記事にして下さいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">

それから‥かのん家(長男は今回も留守番だそうで4名ですが)、8月上旬に大阪行きま~すhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">ユニバの近くに泊まりま~すhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
前回のコメントで、関西のお母さん方との間で私の名前が出たとのことですが、いつも長々コメントで一人突っ込み多数のかのんということでしょうか~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
もし、また皆さんとお会いする機会がありましたら、「毎度お騒がせしております。お会いできる日を楽しみにしておりますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0139.gif">」とお伝えくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">
話はまた戻りますが…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
いぜん、近所の人からいただいた吉本のおみやげがウケたので、買いに行く予定です。
それから、大阪城もhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0184.gif">お城の本を図書館で借りたらすごく面白くて…アマゾンで買ってしまいましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">
「一枚石」(岩でしたっけ?)本物を見るぞhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0153.gif">と一人燃えておりますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">猛暑日にならないことを今から祈っていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0001.gif">
かのん URL 2010-06-28 09:26  [Edit]

Unknown

「サッカーの好きなこと同じように・・・」確かに・・・そう思ってあげなければいけないんでしょうね。でも、親としては、サッカー選んでくれたほうが嬉しいのは何故なのでしょうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">

今は順調に学校へ行っていて、趣味の範囲でやっているとしても、何かの拍子にそのバランスが崩れ、ネットゲームにハマってしまうのではないかという心配が親はどこかにありますよね。でも、その心配が先立って、余計な口出しになってもいけません。本人を信じ、見守っていくしかないのでしょうね(ほぼ自問自答ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">)
でも、息子さん、無遅刻、無欠席なんですね。素晴らしい~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">

それと、ペンギンかわいいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/heratss_blue.gif">
ティカ URL 2010-06-29 11:08  [Edit]

Unknown

今回の記事、とても参考になります。
ネットゲームが、いい悪いとか、やっている時間の数字ではなく、常に子どもの現実の生活が今どのような状態かを観察しながら見極めなければならないのでしょうかね。
我が家では最近、この見極めをめぐって、迷ったり突っ走りそうになって踏みとどまったりしていました。

>『サッカーの好きな子と同じようにゲームが好きと思ってください』

これが、なかなかそう思いたくても難しかったりしますよね。
私も、これまでにだいぶそのように考えられるようには変わってきたつもりでいても、子どもがパソコンを閉じてテレビを見たり本を読み始めると密かに嬉しく、開いてゲームを始めるとがっかりする気持ちになりますし...
ネットゲームを趣味とする子の親をするのも楽ではないですね。
ふらわぁ URL 2010-06-29 17:10  [Edit]

Unknown

このテーマまさに我が家の現状とかぶります。五月雨登校状態の中3の息子は、当然のことながら勉強が遅れています。この問題に正面から対峙することができず、試験や進路相談等から逃げだして、ネットゲームへ没頭します。ゲームについての小言を親が控えることで、春先から比較すると子供の精神状態は安定し、家庭内ではすっかり元気になりました。これもゲームのおかげ(?)かも・・。

>子どもがパソコンを閉じてテレビを見たり本を読み始めると密かに嬉しく、開いてゲームを始めるとがっかりする気持ちになりますし...
ネットゲームを趣味とする子の親をするのも楽ではないですね。


私もまったく同じ心情です。最近は昼夜逆転でゲームしてそのまま登校。親からすると無茶苦茶に感じますが、徐々に自身の足で立ち上がろうしているようです。ゲームとの付き合いはまだまだ続くんでしょうね。
おさる URL 2010-06-30 10:07  [Edit]

Unknown

こんにちは。
我が家には、パソコンはありません。主人も息子も欲しいようですが、やはりネットの良し悪しがあるようで、親としてどおしても気になります。
サッカーと同じように、ですよね。たしかにそうなんだけど、やはりなかなかそう思えないんだろうな、でもこの一言なんか、とっても心に響いたな…
訪問の先生に入っていただいたころ、息子は5年のはじめでした(最終がです“
なので、パソコンとネットゲームのあれこれがまだ私も現実に浮かばなかったが、いずれパソコンを入れたとき、どうつきあうか?ですよね、訪問の先生もネットゲームのなかでのあれこれを、いろいろ話していきましたちゃろさんのブログでもいろいろ読みました、いろいろなことを参考にまた、親も勉強したいです。

今度学校で児童向けに、携帯の使い方の学習があるようです。これも難しいかな、です
ゆうま URL 2010-06-30 16:56  [Edit]

かのんさんへ

かのんさんちは、兄弟同士のチェックが入るのですね~
それも、効果がありそうですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">。

大阪旅行決定ですか?
家族旅行を襲撃に行こうかな~(笑)
かのんさんに、会ってみたいなぁっていう方がたくさんおられますよ
夏の大阪は、本当に暑いhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/etc_fire.gif">。
今から鍛えておいてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/body_stretch.gif">
ちゃろ URL 2010-06-30 22:15  [Edit]

ティカさんへ

うちの息子は、部活の思い出がほとんどないんですよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">。
高校に入って、どうかなと思ったのですが、そこまでの自信はなかったようですね。
スポーツ少年には、なれない息子ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

N先生から、息子の様子を伺うと目からウロコということが、よくあります。
親の価値観が邪魔をしますね。


>何かの拍子にそのバランスが崩れ、ネットゲームにハマってしまうのではないかという心配が親はどこかにありますよね。

本当に、この想いは捨てることができません。
その前兆がないか、常にアンテナを伸ばしておかないとと思っています。

(ペンギンと空の青が素敵でしょ!)
ちゃろ URL 2010-06-30 22:59  [Edit]

ふらわぁさんへ

ネットゲームというと、とかく悪者として見てしまいます。
もちろん、自分の小さい頃にはなかったものだということを差し引いても、つい自分を基準に考えているんですね。

ふらわぁさんの娘さんは、ゲームに関してははっきりとした考えをもっておられるようなので、頭ごなしの反論では、親子関係への問題に発展するのかもしれませんね。

ネットゲームを趣味とする子の親・・・本当に大変ですよね。
ちゃろ URL 2010-07-01 22:00  [Edit]

おさるさんへ

コメントありがとうございます。
おさるさんの息子さんも、ゲームが好きなのですね。
目先のことにとらわれず、大きな視点で考え、息子さんが元気になってきたのは、うれしいかぎりです。

我が家は、娘の方がネットゲームへの依存も高かったのですが、今は、パソコン関連の勉強の道を選びました。
親からすれば、大学でゲームの勉強??という感じですが、これも一つの道かもしれません。

おさるさんの息子さんも、自分の足で立ち上がろうとされているんですね。
親の目からみれば、危なっかしく見えると思いますが、見守るを実践をされているおさるさんはすごいです。
応援しています。
ちゃろ URL 2010-07-01 22:11  [Edit]

ゆうまさんへ

ゆうまさんちのように、パソコンがないという白紙の状態から導入できるのは、うらやましい限りです。
ともすると、ネットは子供の方がよく知っている場合があります。
それでも、親として知識を持っておくことは必要ですね。
我が家の例が少しでも参考になれば、嬉しい限りです。

学校で、携帯の学習があるのですね。
ぜひ、又聞かせてくださいね。
ちゃろ URL 2010-07-01 22:16  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。