このブログを始めて、いろんな方とお話させてもらいました。

ブログにコメントを下さる方。
コメントはなくても、いつも覗きにきてくださる方。
ブログにコメントはできないけど、実際にお会いしてお話した方。
たくさんの方と輪が広がってきたと感じています。
私は関西在住ですが、東北の方・関東の方・中国地方の方・四国の方
今年は、協会のおかげでいろんな地域の方とお会いできました。

又、復学支援を受けずに独学でがんばっている方ともブログを通じて、お話させてもらうことができました。
復学という目標を目指して、そして、社会での自立というゴールにむけて頑張る方々に、とてもたくさんのことを教えてもらっています。
独学も、支援を受けることも、途中経過は違っても、ゴールは同じです。

今ネット上で不登校と検索すると、たくさんの情報があります。
不登校で道を探しておられる方の書き込みもよく見かけます。
学校がすべてではないです。
子供が動きだすまで待ってあげてください
と言う方もいます。
それも、正しい対応なのかもしれません。
では、わが子にはどうか?

たとえば、うちの息子の場合は、待っていると動き出すことはなかっただろうと思います。
そして、今実際に学校へ戻り日々成長していく息子を見ています。

待つことがいいのか?
子供の背中を押してやることがいいのか?
どちらも正解ですし、どちらも間違いかもしれません。

復学支援を知っていますか?という記事でも、少し書きましたが、
待ちましょうの対極にある考え方として、復学を目標とする考え方があってもいいと思うのです。
どちらを選ぶかは、そのご家庭・その子供しだいです。

復学支援を選んだ私には、学校をあきらめなくてもいいんだ。家庭教育を学べば親も子も自立していくんだということを、教えていただきました。

そのような考え方に賛同してくださる方々のお仲間に加えていただきました。
そして、誰でもが見ることのできる閲覧版ができました。

今、わが子が不登校になって道を探されている方。
不登校の対応で、迷われている方。
継続登校でがんばっておられる方。

一度覗いてみませんか?

不登校〜復学を目指す〜閲覧

(※こちらのサイトは、登録がいりますが、紹介はなくてもOKです)

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None