復学を目指す

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

復学を目指す

このブログを始めて、いろんな方とお話させてもらいました。

ブログにコメントを下さる方。
コメントはなくても、いつも覗きにきてくださる方。
ブログにコメントはできないけど、実際にお会いしてお話した方。
たくさんの方と輪が広がってきたと感じています。
私は関西在住ですが、東北の方・関東の方・中国地方の方・四国の方
今年は、協会のおかげでいろんな地域の方とお会いできました。

又、復学支援を受けずに独学でがんばっている方ともブログを通じて、お話させてもらうことができました。
復学という目標を目指して、そして、社会での自立というゴールにむけて頑張る方々に、とてもたくさんのことを教えてもらっています。
独学も、支援を受けることも、途中経過は違っても、ゴールは同じです。

今ネット上で不登校と検索すると、たくさんの情報があります。
不登校で道を探しておられる方の書き込みもよく見かけます。
学校がすべてではないです。
子供が動きだすまで待ってあげてください
と言う方もいます。
それも、正しい対応なのかもしれません。
では、わが子にはどうか?

たとえば、うちの息子の場合は、待っていると動き出すことはなかっただろうと思います。
そして、今実際に学校へ戻り日々成長していく息子を見ています。

待つことがいいのか?
子供の背中を押してやることがいいのか?
どちらも正解ですし、どちらも間違いかもしれません。

復学支援を知っていますか?という記事でも、少し書きましたが、
待ちましょうの対極にある考え方として、復学を目標とする考え方があってもいいと思うのです。
どちらを選ぶかは、そのご家庭・その子供しだいです。

復学支援を選んだ私には、学校をあきらめなくてもいいんだ。家庭教育を学べば親も子も自立していくんだということを、教えていただきました。

そのような考え方に賛同してくださる方々のお仲間に加えていただきました。
そして、誰でもが見ることのできる閲覧版ができました。

今、わが子が不登校になって道を探されている方。
不登校の対応で、迷われている方。
継続登校でがんばっておられる方。

一度覗いてみませんか?

不登校〜復学を目指す〜閲覧

(※こちらのサイトは、登録がいりますが、紹介はなくてもOKです)

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (8)

Unknown

ちゃろさん、こんにちはhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_hohoemi.gif">私のコメントを楽しみにして下さっているとのこと、早々にやって参りました~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_tehe.gif">

コメントからもお気づきかもしれませんが、私「待てない女」なのです。なにか物事を進めるに関しては常に動いていたい。人と何かを進めるときも、相手のペースに合わせるのが苦手‥なのです。(これがもとで、痛い目にもあってますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_naki.gif">)
次男の3年の夏休み、『これは夏休み明け危ないかも』と思ってからはインターネットや本で情報を集め、その中の一つには連絡を試みていました。
以前も書きましたが、「もう少し様子を見よう」と言う夫を「お願いだから」と説きふせ、9月には支援機関にお世話になることにしました。

ちゃろさんも書いていらっしゃるように、復学、フリースクールなど、いろいろな選択肢がありますよね。どの道を選ぶのか、親御さんの考え方によっても、お子さんの個性によっても違ってくるのかもしれません。
我が家の次男の場合は、朝は泣いていても、学校で過ごすうちに元気を取りもどし、友達とも活発に遊んでいるとのこと。始めてのことには不安を覚えるが、2回目からは平気であることが多いらしいこと。(担任の先生からのお話で)そして、役員会で学校に行った私に廊下で会っても「あ。お母さんだ!お~い。」とニコニコ手をふり、かけ寄ってはこないこと。これらのことから「次男は決して学校が嫌いなのではない」と確信を持てたことが支援をお願いすることにした大きな決め手でした。

少し、話はそれますが…。
以前、書きましたが、子ども達の幼稚園の園長先生を私は大変信頼し、いろいろ相談に乗ってもらっていました。
次男が行き渋っていた1年のころは、学校まで一緒に出向いていただいて、担任の先生に「集団の中の次男と留意していただきたいこと」に関してお話ししていただきました。(過保護ですね。今思うとhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">)
休み始めた3年のころは、再び学校に出向いて下さり、(学年の先生方が全員集まって下さいました)家にいる次男へのアプローチ(担任の先生からfaxを送っていただくなど)お話をしていただきました。
私にも「うちで手伝いや勉強をさせてみて。そしてスキンシップをはかるように。パワーをとりもどせるようにね。」とアドバイスして下さいました。
園長先生は懇意にしているカウンセラーの資格も持っている小児科のドクターとも連絡を取ってくださいましたが、2ヶ月ほどして私が幼稚園に娘を迎えに行くと次男の様子を聞いた上で「状況が変わらないのなら、フリースクールや転校も考えた方がいいってドクターが言っていた」とのお話でした。
私は当時、支援を受け始めていたので、そのことをお伝えし、「今まで、黙っていてすみません。先生には本当に感謝していますが、私は今在籍している小学校に戻したいのです。」とお話ししました。園長先生は「わかった。ママが信じたのならやってみて。応援しているから。辛いときはいつでも言ってね」と言ってくださいました。

我が家の事を心配し、いろいろ手を尽くしてくださった園長先生には感謝しきれません。
ただ、当たり前のことではありますが、保育のプロではあっても、「不登校児を復学させるプロ」ではないのですよね。

園長先生の存在や、励ましは私を支えてくれましたが、やはり復学させてくれたのは復学支援機関の先生です。
そして、いま次男をはじめ、長男、娘が小さな問題を起こしつつも毎日学校に通い、家族が笑顔で毎日を過ごすことができるのは、一人一人(その中には私と夫も含まれていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">かなり細かいグチなどもぶちまけてしまっているので…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock2.gif">)の個性を把握し、その上で、それぞれに合った対応を教えてくださっているぶにん先生のおかげですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_uru.gif">
といっても、そろそろ卒業しなくてはいけないのですけれど…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">
ちゃろさんがご紹介くださった閲覧板、私もあとでのぞいてみますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">

追伸http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">
長男の先輩との喧嘩はまだ続いているようですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase1.gif">
テストについては、英語は「○点だった。オレ、がんばったらhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/eq_1.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">」でした。(『う~ん。平均点がわからないから何とも言えない』と思いつつ「そうだね~頑張ったね」の私http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase1.gif">)
最近では、「エレキを買いたい」に不同意な私。「○Pod ナノにするからお小遣い預かっといて」と方向変更して2日後、「ゲームソフト買うから4千円ちょうだい」でした。
ああ~やっぱり私似ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock1.gif">
かのん URL 2010-07-09 13:22  [Edit]

援護射撃?です

ちゃろさん、コミュの紹介ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">
(出だしが遅くてすみません)
私は、ご紹介いただいたコミュの副管理人をさせていただいています。動きがちょっと鈍くて管理人のサポートがなかなかできず申し訳ないのですが・・・なんとか頑張っていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">

このコミュは現在、継続登校中のメンバーが、復学を目指されている方のお力になりたい、または復学という考えを知っていただいたい・・・という思いで、それまで経験してきたこと、勉強してきたことを各家庭のケースとして紹介しています。まだ迷いの中にある方は是非、継続登校中の方もそれまでの勉強の確認に・・・一度お立ち寄りいただければと思います。
どうかよろしくお願いしますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
ティカ URL 2010-07-10 22:19  [Edit]

Unknown

こんにちは。
復学へ、私もはじめから復学させよう、それ一本でした。それが主流だとなので他の考え方をみても、違う!とかんがえてました。
ちゃろさんの言われるように、待ちましょうが正しいとも違うともいえないのかもしれないし、復学することが全てでもないかもしれません。

その家庭や、状況やそのなかで判断するなのかもしれません。
でも戻れたからこそ、体験できるいろいろがあります。いろんな人間関係のなかでもまれていく、子供が元気な笑顔を見せてくれる、一番です。
そして、自分たちがいなくなったとき、自分で生きていける力をみにつけていける、そのためにまだまだ私も学んでいきたいです、mixiコミニテイは携帯オンリーでは無理なのかな?パソコンで!
とでてしまいました。

文章うまくなくてはすみません。
私もいろいろな意見にふれられて、勉強になります。蒸し暑いですが、体調きをつけてくださいね
ゆうま URL 2010-07-11 09:13  [Edit]

かのんさんへ

かのんさんの、復学への奮闘ぶりが伝わってきました。
周りの方の援助や園長先生のご助言など、かのんさんのがんばりや、人柄のたまものだと感じました。
がんばるかのんさんには、みなさん応援したくなるのだと思いますよ。

○Pod ナノを手に入れた息子は、今日一日格闘しています。
息子さんは、ゲームに化けちゃいましたか(笑)

又、閲覧版の感想もお待ちしてますね。
ちゃろ URL 2010-07-11 21:43  [Edit]

ティカさんへ

お忙しい時期に、応援ありがとうございます。

もうご存じかと思いますが、ティカさんが副管理人をしてくれているのです。
日中の昼間に接続できない(仕事なので)私は、みなさんのスピードについていけなくて・・
せめて、記事としての紹介だけでもと思ったわけなんですね~

ティカさんの、頑張りに脱帽です。
ちゃろ URL 2010-07-11 21:49  [Edit]

ゆうまさんへ

ゆうまさんも、子供さんのために揺るぎない意思を持っておられたのですね。
ある意味、復学は子供も親も大変かもしれません。
でも、今のうちに経験してほしいですよね

>自分たちがいなくなったとき、自分で生きていける力をみにつけていける、そのためにまだまだ私も学んでいきたいです

本当に、そう思います。
子供の自立のために親も日々勉強ですね。
ゆうまさんの前向きな頑張りが、継続
登校の山も乗り越えてこられたのだと思います。

コミュは、携帯からはダメでした?
最初に、登録してあると大丈夫だと思います。
又、チャレンジしてみてくださいね。
ちゃろ URL 2010-07-11 21:54  [Edit]

Unknown

コメント返信ありがとうございます。
mixiコミニテイのほう、わかりますた。ありがとうございました。

復学支援、親も子も確かに大変なことも、おおいですが、学ぶべきこともたくさんですよね。。
日々勉強ですかね?ってえらそうにしてるけど、内心、心臓と胃腸は鍛えてないと★
息子さん、期末も終わりのんびりかな?
また来ます
ゆうま URL 2010-07-13 07:35  [Edit]

ゆうまさんへ

mixiのほう、わかりました?
よかったです。何人か覗きにきてくださっているようです。

息子は、期末の結果次第で、ドキドキ最中です。
応援よろしくね
ちゃろ URL 2010-07-14 00:25  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。