不登校から復学支援を選んだcase〜くるみさんの場合

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校から復学支援を選んだcase〜くるみさんの場合

不登校の対応には、いろいろな道があります。
我が家は、復学支援を選びました(復学支援を知っていますか?
他の方は、どうでしょうか。
みなさん、いろいろな道を探されています。
そして、復学支援を決断された時のお気持ちはいかがだったのでしょうか?

くるみさんはエンカレッジで復学されました。
長女さんは、小4から不登校。小6の7月に復学し、現在中1
次女さんは、小2から不登校。小3の7月に復学し、現在小4


ーーーーーーーーーーー

【くるみさんのcase

娘がある日突然学校に行けなくなったのは、小4の秋でした。
生気の無い顔で、布団から出ることもできず・・食欲もありませんでした。
ただの風邪だと思いましたが、あっという間に1週間が過ぎ・・。
引きずって学校へ連れて行こうとしますが、泣いて「今は行けない!」と 訴える娘に親は混乱するだけでした。
その後、体調不良(頭痛・腹痛・身体の痛み)を訴える娘を病院へ連れていくと 【起立性調節障害(OD)】です。と診断が出ます。
そして、「無理をせず・・でも調子が良くなったら学校に行っていいですよ」と 病院から言ってもらいます。
【起立性調節障害(OD)】と病名がつき、学校に行けない理由もでき、正直ホッとしました。
「だって・・病気だから仕方ない」
それからは、【OD】が良くなるように、薬を飲んだり・・腕立てが良いと言われれば 腕立てをしてみました。
【OD】を治すことに気持ちが向きました。

その後、少し状況は好転し 時々は放課後の学校に顔を出すようになりました。
小5になり時々は 保健室登校や放課後登校が出来るようになります。
「この調子で行けば、学校に戻れそうだ!」と一時は思いました。

そして「こんな行事があるから行ってみる?」など娘に声をかけ続けました・・すると
娘の【OD】症状が一気に悪化したのです。
頭痛・吐き気・めまい・・・顔色も悪く、フラフラでした。
とても学校に行ける状況ではありませんでした。

でも娘も「学校に行けるなら行きたい」と言っている。
『行きたいけど行けない・・。』
どうして、頑張っているのに行けないのか?
【OD】だから仕方ないのか・・?

こんなジタバタしているうちに、次女(小2)も体調不良を訴え不登校になります。
なんで家だけ??なんで二人も??

教育相談にも行きました。
沢山話を聞いていただき、私の混乱した頭が徐々に整理されて いきました。
一方、娘たちは週に1〜2回は学校に顔を出していました。
ただし、ほとんどが保健室や相談室への登校でした。

あっという間に1年がたってしまいました・・いつになったら行けるのか?
そして参加しているのは主に行事だけ。
どうやって、何をしたら 学校にいけるのか?
学校の先生方も娘が学校に来やすいように、配慮もしてくれているのに・・・。

フリースクールも考えました。山村留学も薦められました。
でも時々でも学校に行けたときの娘の明るい表情を思いだすと、どちらも違う気がしました。
学校に行きたいのに、行けない・・。

不登校から1年ちょっと経った時、『復学支援』で学校に戻った方のブログに出会います。
衝撃でした。
家庭での対応を見直すことによって、復学へつなげていく。
素晴らしいなという思いと共に、でもうちの子は【OD】。
人の手を借りてまでして 学校に戻すのは子どもにとっては厳しいのでは・・という思い。
とても迷いました・・迷ったまま2〜3ヶ月が過ぎました。
春には長女は6年生です。本当にこのままでいいのか?

子どもと話し合いました。
学校に行くことをどう思うか?
今のままでいいと思うか?
子 『学校に行ったほうがいいと思うし、出来れば行きたい・・
   でも行けないこのままじゃダメなのも分かっているけど、
   もうどうしたらいいのか分からない。』
母 「ママも色々頑張って学校に協力お願いしたりしたけど、でもまだ状況は変わらないね。
    ○○が学校行きたくて・・誰か助けてくれるなら、助けてもらいたい?」
子 『そういう人がいるなら、助けてもらいたい』

娘にとって、場合によっては厳しい選択になるかもしれない・・でも今の状況を続けるにはもう限界に来ている、一度腹をくくって相談してみよう。
そして小6の春、復学支援機関である 『エンカレッジ』に相談します。
長女が不登校になって1年半がたっていました。

不登校期間が長いことが心配でしたが、その後復学支援を受けることになり、日々の家庭の対応をアドバイスいただきました。
子どもへの過干渉、提案、指示を控えることを実践していきました。
すると、子どもの【OD】の症状が軽くなっていったのです。
表情も明るくなり、親の指示がなくても 自ら考え行動することが増えていきました。
そして、支援開始から2ヶ月半で娘二人は学校に行きました。

勿論、緊張も大きく 大変な思いもあったと思います。
学校に行けば、楽しいだけじゃなく、イヤなこともあります。
それをひとつひとつ経験し、対処していくことで子どもに自信がついていきました。

そして1年経った今も元気に学校に行っています。
あれだけ心配した【OD】の症状はほとんどなくなりました。
飲み続けていた薬も、自分から「もう飲まなくてもいいや! 最近飲み忘れてるけど
体調も大丈夫だし、平気みたい」と言ってやめました。
【OD】の症状は人によって種類も様々だし、大変さも違うと思うので他の方々に
これが当てはまるとは限りませんが、家は1年半【OD】の娘と向き合ってきて、
娘が身体の不調という形で、親子のバランスの悪さをアピールしてくれたんだ・・と感じています。
それを気づかせてくれた娘たちに感謝し、支えてくれた方々に感謝しています。

こんなつたない文章ですが、お付き合い下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (12)

Unknown

娘さん、一応、学校に行けて、保健室登校や放課後登校ができていても、やはり皆と一緒のクラスの中に戻りたいという気持ちがあったのですね。まずは、そこまで行けているのだから、いつかは戻れるのではないかという期待・・・それがかえって辛いですね。それに、病目がつくと安心してしまう。それがかえって問題をすり替えてしまう危険性もありますね。でも一歩踏み出し、復学できて本当によかったですね。

私のすぐご近所で、OD症状がでて五月雨登校している子がいます。1年で30日休んでいます。その他にも早退・遅刻を含めるとかなりです。
すごく心配性のお母さんで、いろんなこと子どもに指示して・・・みていて辛くなります。いつかはそのまま不登校になってしまうのではないかと心配で仕方がないです。でも、私の話を聞いてくれる感じではなくて・・・是非、くるみさんの記事読んでほしいなと思いました。
ティカ URL 2010-07-14 11:07  [Edit]

Unknown

娘さん二人が不登校になられたとのこと。
辛かったですね。

我が家は次男が不登校になり、しばらくしてから年長だった娘が「幼稚園に行きたくない」と朝、泣いたときに『ついにきたか。そこまで私の育て方は間違っていたのだろうか。』と、娘の横で泣いてしまいました。
娘の場合は、「泳げないから川保育がいや」と原因がはっきりしていたので、先生のご配慮やお友達の励ましで登園できましたが、その後の運動会への取り組みの中での行き渋り、入学前の涙など不安な材料があまりにも多く、長男の中学と娘の小学校入学を控え、うれしさよりも不安が強い毎日でした。
ぶにん先生に、家庭教育をご指導いただき、今は娘もたくましくなり、学校での七夕の願い事には「のぼりぼうでいちばん上までのぼれるようになりたい」と書いているのを今日の面接で先生からいただき、うれしく思いました。

ティカさんも書かれていますが、一歩踏み出す勇気を持ち、それが復学につながったこと。本当に良かった。
娘さんから復学への意志が伝えられたこと支援を受けるにあたってはは大きな支えですよね。
我が家の次男は「行かなくてはいけないのはわかっているけれど、うちにいたい」と知り合いに話していたので‥。元気に登校していたころの次男の笑顔や、学校での話をいきいきと私に伝える様子を私の心の支えにして支援を受けました。

もうすぐ夏休み。
楽しく過ごされて下さいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
うちの小学校は既に午前中帰りになり、お昼御飯のしたくに(手抜きにもかかわらず)ぐったりです~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_cock.gif">
でも、不登校中は毎日が夏休みでしたものね。
学校から元気に帰ってくる子ども達には手抜きでもしっかり御飯かな‥と自分に言い聞かせていますlhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">(とりあえずは炭水化物のオンパレードでhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">


かのん URL 2010-07-14 21:37  [Edit]

Unknown

不登校の子は何かしらの身体症状が出る場合も多いと思いますが、そこで病名がつくことで病気に目が行き、まず病気を治そうとして時間が過ぎて行く場合があるのですね。
学校に来づらい子のために配慮された相談室や保健室の存在も、時々そこに来られるだけの状態のままで時間が過ぎてしまうこともあるんですね。
そして、復学支援の情報や実際に学校に戻った話をブログ等で読んで良いと思っても、病気だからと思うと学校に戻った後のことも心配になり迷ってしまうんですね。
それでも、娘さんの気持ちを聴いて腹をくくって相談し支援を受けたことで、学校に行くこととOD症状が出ないようになることの両方が実現できたのですね。
元気に学校に通うようになり、薬も自分からいらないというほどになって、本当に良かったですね。
ふらわぁ URL 2010-07-15 13:19  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ちゃろさんへ

今回はこういう機会を作っていただき有難うございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ティカさんへ

不登校になると、色々な身体症状がでて親子して不安になります。家はODと診断がつきましたが、その頃の私は不安だらけだったので、お腹が痛いと言えば「OD以外にも病気があるのでは?」とその都度、病院に行ってましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">
思い起こすと主治医は「お母さん・・体の不調をひとつひとつ病気に当てはめない方がいいよ」と言ってくれてたのに、私には届いていなかった様です。
ご近所のお子さんもOD症状がでているのですね・・。心配ですね。
我が家の不登校前は朝、子どもを起こすのにそれはそれはエネルギーが必要でした。
起きない子どもをハイテンションで声かけたり・・お菓子でつったり・・それはそれは親の方がグッタリでした。
そして今、復学支援を受け、家庭教育を学び 子どもたちには時間を告げるだけで起きるようになりました。
そして何より表情がいいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">。
本当にこの出会いがあって良かったと思います。



くるみ URL 2010-07-16 19:18  [Edit]

くるみさんへ

今回のくるみさんの記事は、たくさんの方に読んでほしいと思っています。
病名がつけば、どうしても親はその方向以外考えられなくなります。
もちろん、病気ならそれを治療することが第一です。素人ではわかりませんね。

くるみさんが、娘さんと正面からむきあって、道をさぐってこられた様子がよくわかりました。
常に、道を探し続けたくるみさんの頑張りが、今の娘さんたちの笑顔ですね。
ちゃろ URL 2010-07-16 20:43  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">かのんさんへ

かのんさんの家の娘さんも不安定だったんですね。家は子ども二人が不登校になりましたが、そうならない家庭でも いつも同じ様な不安をかかえているんでしょうね。

一歩踏み出す勇気!本当にそれが風向きを大きく変えてくれました。
子どもを変えようとする前に、親が一歩踏み出すこと・・。
でもそこに辿りつくまでに、本当に時間がかかりましたが、家には必要な時間だったのかも・・と思います。

復学して1年たちましたが、二人とも本当に逞しくなりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/up.gif">
苦手だった給食も自分のペースで食べれるようになり、嫌いだった体育もだんだん楽しめるようになったり。
子どもの成長する力ってすごいな~と思います。
もうすぐ夏休みですね!親は口うるさくならないよう気をつけなきゃですね。
くるみ URL 2010-07-16 21:30  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ふらわぁさんへ

そうですね、保健室や相談室があったお陰で少しでも学校に行ける日がありました。
しかし保健室に行けたから良かったとか・・
先月より1日多く行ったから良かった・・
それを1年繰り返し・・何のためにやっているのか?そもそも家に足りない事はなんなのか?

色んな方に相談もし、意見を聞きますが、沢山の価値観の中でどれが正解なのか?家にはどんな方法があっているのか・・とても揺れていました。
ただ、山村留学よりも・・子どもを我が家から送り出したいという気持ちが強くありました。
そして辿りついたのが「復学支援」でした。
色々不安もありましたが、この道を選んで本当に良かったと思います。

また、こうやって皆さんに出会えたことにも感謝してます。
くるみ URL 2010-07-16 21:50  [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
URL 2010-07-17 16:34

くるみさんへ

私の娘もODでした。
朝はくるみさん同様起こすことにエネルギーを相当使ってました。
ODは元もとの体質もありますが、ストレスから症状が出ます。
それならストレスを与えずに生活すればいいのか?でもそんなの無理ですよね。
ストレスに強い心と体になるのが一番です。
その為に私が出来ることは、と考えた時にそれまで良かれと思ってやってきた子育ての間違いに気付きました。
この気付きは私たち親子を救ってくれました。
復学して3年たちますが、毎日元気に学校へ行ってます。
ODだから不登校の子とは違うんじゃないかって私も悩みましたよ。
復学後はOD症状がたまに出てましたしね。
でも、多少のことは気にせず、そんなこともあるさ、くらいに思ってるとだんだん適応能力もついてくるようです。
お互いにこれからも頑張りましょうね。

ayami URL 2010-07-17 19:33  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">ayamiさんへ

ODをどう捉えるか、悩みますよね。
家はODの診断が無かったら、娘をもっと追いつめていたかもしれない・・とも思います。
ただayamiさんの様に気づきが無かったら、まだまだ家も子どもの笑顔が見れなかっただろうとも思います。

家も復学後に少しはOD症状がでる事がありました。そして、ある時大きなストレスがかかる事があり、頭痛・腹痛・吐き気が一度に出たんです。
それは、もう焦りました・・。
でも焦る気持ちを抑えながら、無理に娘のストレスを聞きだそうとはせず、「何か困ってる?」と軽く声をかけました。
すると娘が不安や不満を次々と話し出したのです。
過去の私ならネガティブな娘に対して、「何言ってるの!」とか「その位がんばりなさい!」
と言ってたところを、ゆっくり聞きました。
「そっか不安なのね」「そう言われたのが嫌だったのね」とじっくり聞きました。
すると娘の表情はどんどん良くなり、さっきまでの頭痛・腹痛・吐き気は無くなっていました。

目の当たりに娘の変化を見て自分でもビックリしました。『聴く』ことでこんなに元気になれるって事をあらためて実感しました。

こうやって少しずつ経験を増やして、ストレスに強い心と体になっていくのでしょうね。
まだまだ色々あるでしょうが、一緒に頑張っていきたいと思います。
よろしくお願いしますね。


くるみ URL 2010-07-19 00:38  [Edit]

Unknown

まず、ちゃろさん、復学2周年、おめでとうございます。

あと、「復学を目指す」の記事、閲覧版のご紹介、ありがとうございました。

書き込みがなかなか出来ず、ごめんなさい。

くるみさんのお話。
読んでいて、我が家のことのように感じて、涙が出てきました。
特に娘さんの『そういう人がいるなら、助けてもらいたい』という言葉・・
行きたい、でも行けない、本当に苦しかったことでしょう。

我が家の娘も、重度の起立性調節障害、(起立性調節障害による)鬱、不安神経症と診断され、大量の薬を処方されました。
我が家は支援機関ではなく、独学で子育てを学び直し、親としての心構え、子どもへの対応等、子育てを一から学び直しました。
病気なのだからと、学校に行かなくてもいいんだと必死に自分に言い聞かせていた頃は、私も娘も家族もしんどかったです。
行かなくてもいいと言われて、一時は楽になったように見えましたが、それも続かず、ODの症状は悪化するばかり・・

それが、私が子育てを学び、変わってくると、娘がどんどんイキイキしてきました。
そして、学校に自ら帰って行きました。復学して2年9カ月になります。
OD?大丈夫です^^
時々は症状が出ることもありますが、それと学校とは別問題のようです。
上手に自分の体とつきあうことも覚えて、本人も問題なしと笑っています。

あのまま病気なのだからと「守って」いたらと思うと正直ゾッとします。
ニコニコと見守れる母になれて本当に良かったです。
不登校は辛いことでしたが、不登校は子どもと私、家族みんなに幸せを運んでくれました。
メロディ URL 2010-07-19 13:03  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/clover.gif">メロディさんへ

>重度の起立性調節障害、(起立性調節障害に>よる)鬱、不安神経症と診断され、大量の薬>を処方されました。
メロディさんのところの話しを読んで、私も涙がこぼれました・・。
本当に心が折れてしまいそうな日もあったでしょうね。よく持ちこたえ、新しい道を捜されたな~と思います。

メロディさんのところは独学で子育てのことを学ばれたんですね。
本当に簡単ではなかったと思います。でもそういう方法を選んだ結果、娘さんの体調も回復し、元気に学校に行けるようになったんですものね^^

家もね、軽いOD症状が出ることはありますが、娘も「ああ、いつものだから大丈夫」とあまり気にしていない様子です。
家はまだ復学して1年ですが、また過干渉な親にならないよう、みなさんのブログも参考にさせていただき勉強していきたいです。

それから、私は復学を決意するまでは、皆さんのブログも読むだけでした。(ごめんなさい)
なかなかコメントする勇気がなく・・。
こんなに温かいみなさんのブログなのだから、もっと気軽にコメントしてみたり、メールをする手もあったな~と今では思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">。



くるみ URL 2010-07-19 23:06  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。