不登校から復学支援を選んだcase〜かのんさんの場合

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校から復学支援を選んだcase〜かのんさんの場合

不登校の対応には、いろいろな道があります。
我が家は、復学支援を選びました(復学支援を知っていますか?
他の方は、どうでしょうか。
みなさん、いろいろな道を探されています。
そして、復学支援を決断された時のお気持ちはいかがだったのでしょうか?

本記事は、前述の『復学支援を選んだ体験談』の記事にいただいたコメントです。
今、不登校で道を探されている方に少しでも参考になればと思い、
ご本人の了解を得て、もう一度掲載させてもらっています

かのんさんは、3人兄弟(中2・小5・小2)のお母さんです。
次男さんが小3で不登校になり支援を受けられ3ヶ月で復学。
継続登校に関しての不安・4月から小学校に入学する娘さんと中学校に入学する長男さんにも強い不安を感じられ、子どもさん達への支援と家庭教育の必要性を感じペアレンツキャンプで支援を受けておられます。


ーーーーーーーーーーー
【かのんさんのcase 



私は、猪突猛進タイプなので、本や、ホームページで復学支援機関の事を知り、「これしかない!」とまっしぐらでした。
でも、まず第一に、慎重派の夫と意見が合わずに、「お願いだから、これに懸けさせて」と言ったことを覚えています。
支援をお願いしてからは、夫も最大限に協力してくれましたが、夫を説得し、賛同を得るまでが辛かったです。

うちは小3の夏休み明けに休み始めました。
入学式から泣いて、毎日送っていった次男。
それでも、欠席は1日もありませんでした。
「前期皆出席」「後期皆出席」「年間皆出席」の賞状をいただき嬉しそうな次男に、
『この喜びを味わったのだから後は頑張ってくれるだろう』と思っていました。
2年生はスムーズに登校。
3年生の5月から行き渋りが始まりました。
それでも「皆出席」にこだわり、「やっぱり行く」という次男の気持ちに応え、
『今日楽しければ明日からは行くだろう』とかすかな期待を持ち、学校へ送って行きました。
そして、気持ちが向けば教室へ、泣いて拒否されれば養護の先生にご挨拶をして帰宅する日々となりました。
「あいつ、授業は受けたの?」「おにいちゃん、学校いったの?」4年の長男と年長の娘の問いかけも私には辛いものでした。

夏休み明けの9月、『こんな毎日で何が皆出席なんだろう。本当に頑張って登校している子に申し訳ない。』と思った私は、行くのが嫌だと泣いて部屋にいる次男に、「授業を受けないで帰ってきても登校したことにはならないよ。ちゃんと授業を受けるなら送って行くから言ってきて」と言ってリビングで待っていました。
そして、夕方長男が帰宅し…。次男は「ああ〜もう皆出席はなくなった」と泣き、翌日から学校へ行かなくなりました。

次男は不登校になってすぐはチャレンジなどをやっていました。
でも、すぐに飽きてしまいました。
学校に行けないことに罪悪感を持っていた次男は、私がいる間はテレビもゲームもせずに読書かたまごっち(娘に世話を頼まれているという大義名分があったからでしょう)の毎日でした。
食べることと、兄妹の帰りを待つことだけが楽しみだった次男の毎日。
あのままでいても、わたしはたぶん次男に対し「愛情深く接すること」「全てを、ありのままを受け入れること」はできませんでした。
そして、次男もなにも学ぶことがないままに毎日を過ごし、ストレスのはけ口はさらに強く兄妹に向かっていったことと思います。

休んでいる間に、何人かのお友達から、電話や手紙をもらいました。
電話は途中からはベッドににげてしまい、出ませんでした。
最初のころお友達の電話に、リビングから離れた廊下で
「あのね、僕、学校行くの嫌になっちゃったんだよ。ばかみたいでしょ。」という次男の言葉に私は涙をこらえることができませんでした。

復学後すぐは、泣いたり・荒れたり・生き渋ったり。
私は『せっかく戻れたのに‥』とため息をつくこともありました。
けれど、今はだいぶ逞しくなりました。そして、心配性ではあるけれど、優しい息子に戻りました。
あのまま家にいたら、『学校へ行けないオレ』という罪悪感を持ち、休みの日でも家から出られなかった次男は、さらに精神的にも引きこもっていたと思います。
絶対にかないっこない長男にとげとげしい言葉のやりとりの後、向かっていき、とっくみあいのケンカをし、妹にちょっかいを出して泣かせていたあの頃。兄弟のバランスはさらに崩れていたと思います。

1年半前次男は、学校へ行き渋って夜泣きをし、うなされ、過呼吸発作のようなものを起こしていました。
復学してからもしばらくは心配事があると泣いたり、ふてくされたりしていました。
それが、今ではあのころと比べものにならないほど逞しくなりました。
少々体調が悪くても「学校休みたくないんだよ。」と言い、登校していきます。

支援機関の先生にご指導いただき、親が変わり、子が変わり‥。
次男が学校へ行けなくなったことで、「学校へ行くことが当たり前」と思っていた私は、大きなショックを受けましたが、このことをきっかけに、これまでの家庭教育を反省し、今後に生かせるようになったことに感謝しています。

これから、中学入学という大きなハードルも控えていますが、次男も、私も、いぜんの私たちではありません。
この自信をつけさせて下さった支援機関の先生、訪問の先生、ブログを通じて共感し合い、励まし合えるお母さん方に感謝しながら、毎日を過ごしていきたいと思っています

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (10)

Unknown

かのんさんといろいろお話させていただいているのですが、こうして時系列で当時のことが伝えてもらい、初めて知ることもいろいろありました。

支援を決める時、私も「これだ!」って思ったんですけれど、慎重派の主人の腰が重く、主人の了解を得るまで、生きた心地がしないぐらい長かったのを覚えています。

「学校に行くの嫌になっちゃんだよ。ばかみたいでしょ」・・・次男くんも苦しんでいたんですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_naki.gif">本当は行きたいのに行けない気持ちがとっても現れていると思います。かのんさんが行動にでることにより次男くんを救うだけでなく、家族皆の笑顔をとりもどすことができましたね。
こういうお話を聞くと、復学できて本当によかったなと思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">
ティカ URL 2010-08-18 11:55  [Edit]

Unknown

お互いブログやってないので、こうやってかのんさんの記事がでるのは嬉しいです^^
いつも皆さんのご好意(勝手に?)で間借りさせてもらいお話はしてますが、あらためての経緯はこの記事で分かりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/light.gif">

家もね、学校との繫がりが少しでもあれば いずれ教室に戻れるだろうと、保健室登校したり
、放課後の教室も随分通いました・・。
きっと、それで戻れる子もいるんだろうけど・・それが3ヶ月、半年となったとき それが当たり前になってきて・・なんの為の別室登校なのか分からなくなってくる。
その頃の私は、ただ学校に行かせることしか考えていなかったから・・。

でも時間をかけ、色々考えて、結局は家族のバランスが大事だってことに気づき
復学支援をきっかけに、沢山の事を学ぶことができましたよね^^

>少々体調が悪くても「学校休みたくないんだよ。」
この言葉で、嬉しいですね。
家の子も、前は苦手だったり、嫌だと思っていたことが、経験を重ねることで面白く感じたり、大丈夫になっていくのを目の当たりにして、この道を選んでよかったな~と感じます。
juma URL 2010-08-19 13:10  [Edit]

Unknown

今回も、ちゃろさんのご厚意によりこうしてわたしのコメントを記事に編集していただきました。

とっても長い私の文章のいくつかを編集していただくのはとっても大変だったと思います。
ちゃろさん、ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_uru.gif">

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">ティカさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">
早速のコメント、ありがとうございました。
そうですね~。いつもあっちこっちに話が飛ぶわたしのコメント。時系列にしていただいてちゃろさんには本当に感謝ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0137.gif">
ティカさんのご主人も慎重派なのですね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hand_goo.gif">をもらうまでの時間の長さ…。わかります。『これが自分一人で取り組めることだったらどんなにいいだろう』って思いながら夫の返事を待ちましたもの。でも、これは夫婦が同じ方向を向いていないと対応にブレがでてしまいますものね。
家族に笑顔が戻り、毎日を過ごせることに本当に感謝していますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">jumaさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">
うふ。いつも間借りさせていただいての私たちの会話http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">こうやってコメ返しさせていただくのはとっても新鮮http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">
保健室登校・放課後の教室。やっぱり送っていかれたのでしょうね。私の友人のお子さんも保健室登校していました。そのうちに問題を自分で割り切り、登校できるようになりましたが、保健室登校している間はやはり辛く、「いつ、学校から迎えの電話がかかってくるかと思うと…」と話していたことを思い出します。
私も送っていった頃は「だた、学校に行かせる」「行けば次につながるだろう。」とそこだけに目が向いていました。
復学支援・継続登校の支援を受ける中で、いろいろなことを学ぶことができたことは私の財産になりました。

「前は苦手だったり、いやだと思っていたことが、経験を重ねることで面白く感じたり、大丈夫になっていく」そうですね。これって以前のままのわたしだったら、いつまでも依存心の強い次男だったんだろうな、この道を選んでよかったなって思います。夏休みに入りすぐに「もう夏休みかあ、4月から早かった。これって楽しかったということだよね。」という次男の言葉がとてもうれしかったです。
クラス替えで、仲良しのお友達と離れ、苦手意識のあったお子さんと一緒になり、少なからず心配していたのでhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_shock1.gif">
こちらが思う以上に、次男は成長しているんだな。わたし、まだまだ過保護な親かもhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">ってちょっと反省したりしましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0200.gif">
同じことは繰り返さないように自分に喝http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0153.gif">ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0086.gif">

かのん URL 2010-08-19 19:12  [Edit]

Unknown

かのんさん、こんばんは。
我が家と同じ小3での不登校、復学だったのですね。
休み始める前にも問題が出ていたのですね。
うちは、1年生の時は登校に関する問題は出ていなかったのですが(家庭内は問題だらけでしたが)、2年生の後半からは常に私の頭の中には登校の不安があったような記憶があります。
実際にいかなかった日というのは、病気以外はなかったと思うのですが、「明日ちゃんと学校行くだろうか?」と毎晩思っていたような気がします。
その後3年生の5月に休み始めて完全不登校に突入してしまいましたが…
支援を受け復学し、その後も継続登校しながら子どもは逞しくなり親は学び続けていられることは、お互い良かったですよね。
でも、あの不登校前のなんとも言えず不安だった頃に、適切な対応を知って実践出来ていたら、もしかしたら不登校にならなかったのかなぁ?と考える時もあります。
これからは、予防的家庭教育が広く普及して、問題を未然に防げる家庭が増えていくといいな、などと思います。
ふらわぁ URL 2010-08-19 21:05  [Edit]

Unknown

私もかのんさんとお話しすることはありましたが、その時の次男君の言葉や様子、かのんさんの気持ちがこうして文字にされていると、知らなかったこともあってさらに伝わってくるものがあります。
<『今日楽しければ明日からは行くだろう』とかすかな期待を持ち、学校へ送って行きました>
私もそう思って息子を学校まで送り続ける日がありました。
でも送っていってもますます学校から遠ざかっていってしまい、私から離れなくなり、学校に行く準備をしても家から出られなくなり、最後には全く学校に行けなくなったのを思い出します。
あの頃はなんでうちの子は学校に行けないんだろうと思ってました。

「あのね、僕、学校行くの嫌になっちゃったんだよ。ばかみたいでしょ。」
次男君のこの言葉に涙が出てきました。子どもも何で行けないのかわからなく苦しんでいたんだっていうのが伝わってきます。

不登校は家族みんなが苦しい思いをしますが、学校に行きたいのに学校に行けない本人が一番苦しい思いをしているんだなあと感じています。

<少々体調が悪くても「学校休みたくないんだよ。>
この言葉はとっても嬉しいですね。次男君はすごく変わったってことがすごくわかります。

<中学入学という大きなハードルも控えていますが、次男も、私も、いぜんの私たちではありません。>
力強いかのんさんの言葉!どんなことがあっても乗り越えられるというど~んとしたかのんさんが目に浮かびます。

復学支援を受け、家庭教育を学び、積極的に関わっていって本当によかったと思います。
学べたことは本当に大切な財産になりましたね。
子どもの成長に遅れていかないよう、私もこれから成長していかなければと思ってます。


ちゃろさんへ
いろんな方の体験談を記事にしてくださったおかげで、本当にいろんなケースがあるんだとわかります。
そしてお子さんもいろんなお子さんが不登校になっているんだというのがわかります。
でもみんな同じなのは親が変わって子も変わっていったということ!それで学校に戻れて家族みんなが笑顔で過ごせるようになったことっていうのがわかります。
ありがとうございます。ちゃろさんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
みかん URL 2010-08-19 21:31  [Edit]

かのんさんへ

今回は、協力ありがとうございました。
いつもかのんさんのコメントで、かのん家の様子をあれこれ想像させてもらっています。
明るいかのんさんが、辛い経験・うれしい経験いろいろな経験を乗り越えて今があるのだなぁとhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">。

子供さんたち、三者三様の対応は、想像もつかないくらい難しそうです。
それをこなしているかのんさんは、やっぱり素敵ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/star.gif">。

次男くんも大きく成長されましたね。娘さんもかわい~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/heart.gif">。
これからも、一緒にがんばりましょう!

ちゃろ URL 2010-08-19 21:36  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">ふらわぁさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">
「明日、ちゃんと学校へ行くんだろうか」という不安。私も常に頭にありました。
朝、学校へ送っていって、その後もずっと次男のことが頭にあり、帰宅が近くなるとドキドキと息苦しくなりました。次男は、帰宅してからその日あったことの不満、明日への不安、宿題へのいらだちなどを私に全てぶつけ、寝る前には涙になり、朝は布団からでてこないのを夫が抱きかかえて連れてきたりしていました。次男は夜泣きや、心配事があるとうなされることも多かったです。
私は夜中に目が覚め朝の格闘を考えるとなかなか眠れず、朝も4時には目が覚め、「今日もぐずるのだろうか。また送っていかなければならないのだろうか。みんなは元気に登校してくるのになぜ…」と、精神状態が食欲に現れる私は、一気に体重が減りました。(今は当時プラス6キロですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">)
ふらわぁさんが書いておられるように、このころに適切な家庭内教育が実践できていたら、3年生でのの不登校はなかったのかもしれないと思うことがあります。そう思うと、本当に次男には申し訳ないことをしたな…と。
ただ、過ぎてしまったことは取り戻せないし、もうあのころに戻ることは絶対に避けたいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ee_2.gif">ので、このときの教訓をこれからの子育てに生かさねばhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">と思っています。
コメントありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">
お互いがんばりましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">


http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">みかんさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">
次男の言葉を思い出すと、未だに涙があふれてきます。最初はいき渋る次男に「どうしてこの子は私を苦しめるのか?」と責める気持ちが強かったのです。でも、だんだんと私の子育てに問題があり、次男の気質とからまって依存させ、ついには不登校に私がさせてしまったのだとわかり、しばらく身動きできませんでした。
休み始めてからは、大好きな父親に話しかけることも、しょっちゅう抱きついてきた私にも甘えることができなくなり、罪悪感から外にできることもできなくなった次男でしたが、復学してからは以前のようにおしゃべりで明るい次男に戻り、さらにうれしいことには、自分からお友達に連絡するのが苦手で、私のメールに頼っていた次男が自分で電話をかけるようになるなど、「自分のやりたいことは自分で考えて行動する」ことが増えたことです。(これはぶにん先生のご指導によるところもたくさんありますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">)
そうは言いつつも、いまだに次男が「どうしよう」と助けてほしそうなそぶりをみせると、つい口を出してしまいそうになるのですが、そこは次男に考えさせるように黙っています。
みかんさんのブログも参考にさせていただいているんですよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0229.gif">
これからも、よろしくお願いしますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_en.gif">

かのん URL 2010-08-20 08:17  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">ちゃろさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0184.gif">
今回もお世話になりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">ブログをやっていない私にとって、こうやってちゃろさんのページをお借りし、みなさんからコメントをいただけるのはとっても新鮮でうれしかったです。ありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0137.gif">
三者三様の個性に対し、まだまだちゃんと対応しきれず、三者ひとからげにしてブチ切れることも多く…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0156.gif">特に長期休暇はだめですね~。先程も長男と娘の喧嘩に…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0154.gif">ドッカーンhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0154.gif">でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0006.gif">

でもね~。先日、うれしいこと、あったんですよ。うちの子どもたちとは関係ないのですが、友人のお子さんについて友人からいろいろ相談を受けていたのです。なかなかやんちゃなお子さんで、入学早々、お友達を殴って怪我をさせてしまった。学年が変わり、担任の先生と問題を起こした。夏休み直前も、クラスの子と揉め、そのことが原因で先生から激しく叱られ、「もう学校には行かないhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0160.gif">」と言っている。どうすればいい?と。
私はできる限りのアドバイスをさせてもらいました。次男の時の経験や、いろんなお母さんたちからの経験談をもとに。
友人は速攻で行動し、無事に解決。「楽しい夏休みが迎えられる。ほんとうにありがとう。」というメールの後、電話があり、「かのんちゃんに受けた恩は忘れない。私、このご恩は次のお母さんに送るからね。」って。
この言葉って…藤本先生がおっしゃっていた「恩送り」?私もいろんな人からいただいたご恩を送ることができたのかな。って、すごくうれしくなりました。
藤本先生のセミナーももうすぐですね。
どうか、先生はじめ、皆様方によろしくお伝えくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_fine.gif">
かのん URL 2010-08-20 17:31  [Edit]

Unknown

遅ればせながらコメントさせて頂きますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">

かのんさん、しっかり恩送りされてるんですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

お友達のお子さん無事解決できて良かったですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">
お友達もかのんさんのお気持ちをちゃんとくんでおられて素敵ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

かのんさんが復学支援を受けられた経緯を読ませて頂き、小学生で学校に行けなくなり、幼いながらも罪悪感と戦っていた息子さんが愛しくなりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0211.gif">

お友達の電話に学校に行けなくなった自分のことを、ばかみたいでしょと言っているのを聞いたかのんさんの気持ち…私も不登校中の自分の子供の言葉に悲しみでいっぱいになったことを思い出しましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0211.gif">

うちも復学後にネガティブな発言を何度もしています…でも、支援の先生方がしっかり支えてくださいますし、一緒に支援を受けておられるお母さん方と励ましあえる事で私自身も気持ちを落ち着けることができます。

逞しくなった息子さんの「学校休みたくないんだよ」の言葉は何より嬉しいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

私もかのんさん同様、感謝の気持ちを忘れず毎日を過ごしていきたいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
きのこ URL 2010-08-23 00:48  [Edit]

Unknown

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">きのこさんへhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/usagi.gif">

コメントありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">
以前、「~きのこさんの場合」を読ませていただいて、息子さんの言葉を知ったとき、息子さんに対してもそうですが、その言葉を聞いたきのこさんの苦しみは…とものすごく切なく思いました。
でも、お互いに、復学という道を選び、今、こうしてみんなで笑顔で毎日を過ごせることは本当に感謝ですね。(わたしは時々般若に変身しますが…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">)

今は、リビングで、運動会に向けての組体操練習に取り組んでいる次男の姿をうれしく見ています。(2年前は娘をつれて、長男だけが参加している運動会を見に行ったので)。先日は、「サボテン」につきあい、あやうくギックリ腰になるところでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">

これからも、皆さんと励まし合い、お互いの成長を喜び得たらどんなにうれしいでしょうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0137.gif">
どうぞ、これからもよろしくお願いしますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">いつか、お会いできるといいなあ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_heart.gif">

友人のお子さんのことも喜んでくれてありがとうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">友人は秋には花嫁になるんですよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0139.gif">わたしも、幸せのおすそ分けにお預かりしてきま~すhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0184.gif">
かのん URL 2010-08-23 18:25  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。