18日に、家庭教育推進協会主催の講演会に参加させていただきました。
今回は、エンカレッジの代表カウンセラーの上野先生の講演でした。
少し早めについたので、ほぼ一番乗り〜でしたよ。
上野先生はもちろん、事務局長の西原先生と協会のスタッフの方が準備中のところへ押しかけた私たちでした。
一人、女性の方がおられ、スタッフの方かと・・・
なんと司会役の方でエンカレッジの卒業生の方でした

35名前後の方がこられていて、ほぼ満席状態でした。
今までのセミナーとちがって、男性の方も数名・そして年配の方も多くこられていました。
上野先生のお人柄のたまものでしょうか

講演内容を詳しくお伝えしたいところなのですが、なんと同じ講演を東京でも開催予定とのことで、内容は、東京での講演会に参加される方におまかせしますね。

お話の中で、家族療法の詳しい説明もありました。
子どもが、学校へ行きたくないと言った時、子供ではなく家族のシステムがうまくいっていないからそのひずみが子供に出たという考え方です。
子供をなんとかするよりも家庭のシステムがうまく機能すれば解決していくだろうと考えます。

上野先生のエンカレッジをはじめるにいたった想いや、きっかけのお話。
先生ご自身の中学生時代の体験談。
どれも、引き込まれるようなお話でした。
人は変われるんだという実例ですね

つい、年齢を重ねるともう何をしたって変われないと考えてしまいがちです。
しかし、自分の努力次第で変わることができる
変われることを知ることで、すべてが良い方へ回りだすきっかけになります。
私自身も、人生40年以上生きてきて、なかなか性格や考え方は変われないと思っていました。
けれども、子供の不登校はそれを覆すほどの力をもっていました。
人は変わることができる。
家庭教育に手遅れはないということですね

子育てにおける、マイナスの連鎖をプラスに変えるそのちょっとしたきっかけ。
この講演会がそのきっかけとなった方もおられるだろうと思います。


さて、今回名古屋での講演会ということで大阪からお邪魔しました。
この日は、連休の初日ということもあって新大阪駅は、ラッシュアワーなみの大混雑でした。
ちーこさんとご一緒させてもらい名古屋でFHEの卒業生のcharさんとぶんちゃんが迎えにきてくださいました
お上りさん状態の私たちですので、とても助かりました。

名古屋駅から地下鉄で移動したのですが、名古屋の地下鉄はいつも混んでいるのでしょうか?
なんだか、大阪の地下鉄より混んでいるような・・・
斜めに並んでいるのがなんだか、不思議です。

講演会のあと、せっかくならいろんな方とお話をしたいですよね。
ただ、今回は先生方も忙しくお話しがまとまらなかったようです。
当日会場で相談の結果、なぜか西原先生にそれが懇親会とてして認知されてしまい、会のあとお知らせをふられてしまいました
突然、お知らせしても、なかなかみなさん難しいようで・・・
それでも、その場でエンカレッジの方が3人快諾してくださり、2次会決行です
もちろん今回も、上野先生をご迷惑顧みずお誘いしましたが、残念ながら難しかったようで・・・
西原先生は、すぐに大阪へ移動とのことで今回は、有志のみ8名でお話ししてきました。
名古屋の名物をたくさんいただき、お腹も頭も気持ちも大満足の1日でした
名古屋の皆様、ありがとうございました

行きたいと思える目的があり、同行する仲間がいて、歓迎してくれる仲間がいる。
そして、送り出してくれる家族。
この出会いに感謝です

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None