気持ちと向き合う

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

気持ちと向き合う

前回の記事自己肯定感〜(家庭教育推進協会)でも書きましたが、セミナーのあと2次会がありました。
今回は、不登校渦中の方が参加してくださった2次会でした。
せっかく勇気を出して、参加してくださったのですから、
どうすれば、リラックスして楽しんで帰ってもらえるか・・・

2次会の間も、「皆さん、明るいですね〜」という感想をしきりにもらしておられました。
どういえば伝わるのか?と少し考えていたのですが、同じく2次会に参加してくださった、海ちゃんさんから、素敵なメールをいただきました。
ご了解を得て、紹介したいと思います。

海ちゃんさんも、最初に親の会に参加された時は、まだまだ落ち着かない時期だったそうで、緊張していたとこっそり教えてもらいました。
『最初の時は、皆さんのふっきれた笑顔にビックリし、自分はまだまだ気持ち的に笑えないなぁ皆さんすごいなぁと思いました。
気持ちがついてかなくて暗かったというか、硬い表情をしていたと思います。
しかし、皆さんの笑顔の中には毎日の戦いがあったり迷いや悩みがあったり・・・
そして晴れ晴れする気持ちがあったり・・・
皆同じ気持ちだからこそ親の会で笑えるんだぁとわかりました。
今はとっても心強いです。

初めて参加の方は、ホントにまだまだ渦中でとても笑えない。
でも泣いてはいられない気持ちで参加されただろうと思って・・・
笑っている私達をみて余計に落ち込まれないように、頑張る力を持って帰ってほしいと思いました。
「皆笑ってばかりではなかったよ、
初めての方の気もちはホントによくわかるよ、
今も笑ってばかりではないけど、ここは悩みの中でもちょっとホッとできる場所」
こんなふうに伝わればいいなぁ。
皆仲間だし戦友だと思ってもらえたらいいなぁ。
みんな一日も早く学校戻ってほしいです。』


支援を受けることで、否応なく前へと動き始めます。
それでも、気持ちはなかなかついていきません。
私は、気持ちを表にだすのが苦手なタイプで、先生からも最初は感情をくくっていたと指摘をうけました。

不登校初期(支援前)に、学校の先生と話し合いの場がありました。
その時に、私は子供の不登校を笑って話す冷たい親と映っていたようです。
『なんとかして、前へ進まないといけない。
自分の気持ちは切り離して、できることをやらなければ』と思っていました。
感情を表に出すと、一人では動けなくなるという思いが強かったのです。

自分の感情を出すことは、その問題を自分の中にとりこんで向き合うことだと思います。
とりこむことはしても、向き合っていなかった私は、先生の支援で初めてむきあうことができました。

よく支援は他人まかせだと感じている方がいます。
実際に支援をうけたものとして、それは違いますと今ではいえます。
行動は、他人にまかせても自分の感情は自分でむきあうしかできません。
なかなかそれができない私は、先生からのきっかけで気づくことができました。

子育ては毎日容赦なく進んでいきます。悩むことも、迷うこともたくさんあります。
支援を受けて、それを徐々に自分でも消化できるように親は先生の助けをうけて勉強しているように思います。

こんな時は、こうする。この場面では、こんなふうに対応する。
最初は、逐一先生に聞いていました。
こんなことは、聞かなくてもいいだろうと思ったことが、大間違いの対応だったり・・・
先生に言われて、やってみる。形だけの真似かもしれませんが、確実に過去の家庭での対応とは違う方向へまわりだします。
最終的には、自分で対応していかなければいけません。
最初は先生に教えてもらう。次は、自分でやってみる。失敗する。次は、言われたとおりにできた。次は聞く前に対応できた。その繰り返しです

2次会では、皆が底抜けに明るいです。(うるさいくらい
でも、周りのみんなは、今楽しそうに笑っているあの人が、こんな問題を乗り越えてきたと知っています。
そして、本人もみんなに話すことで、自分の中で整理をつけながら乗り越えているのだと。

親の会や2次会などは、子どもそっちのけで親だけ楽しんでいると見ている方もいるかもしれません。
皆日常のハードルを乗り越えて進んでいるからこその明るさなのだと思います。

今回のセミナーの中で、自己肯定は気持ちの貯金(うれしいこと・楽しいこと)がないと難しいというお話しがありました。親だって、一緒です。
こうして、親の会や2次会で少しでも貯金を増やして帰ることができるとうれしいですね

初めて参加の方の不安や心配は、みな同じ気持ちを持って経験しています。
各家庭の対応は、皆さん違います。
それでも、母親の子どもに対する気もちは、同じですね

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (10)

Unknown

2次会に参加される方の想いは人それぞれですね。
日々の奮闘はいろいろあれど、登校も安定してきて、心から笑顔をみせられる方、まだまだ気持ちが追い付いていない方・・・でも、誰でも一時期は同じ苦しみを味わってきた仲間ですものね。

ただ、単に子ども抜きで親が楽しんでいるわけでもない。決して人任せで子どもを登校させたわけではない。先生方は導いてはくださいますが、主役は各家庭です。皆、それぞれが頑張っている。頑張ってきたからこその心からの笑顔ですものねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">

同じ想いをしてきた仲間同志で、子どもの問題を共有し、支え合い、そこで得たものを家へと持ち帰っている。子どもへのプレゼントも必ずあるはずでよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/presents.gif">

2次会の輪が今後も広がっていくといいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/star.gif">

ティカ URL 2010-09-30 18:21  [Edit]

Unknown

私は支援中の時は、親の会はなかったので2次会もなく。もちろんブログで沢山の大先輩に、いつもいつも励まして頂きました。精神的に、かなり救われましたね。

今、2次会では(いつもうるさくてすみません)戦友のごとき苦しい時期を過ごしてきた方々とお会いして話しをするのが、楽しくて。
子供そっちのけで親が楽しむことも、私は必要だと思うから(貯金です)良いと思います。

先日藤本先生もセミナーで、仰っていましたよね。楽しむ親の姿を見ないと、子供も楽しむことをしらないって。

支援中の方で、まだ笑うことが出来ない心中の方も、もちろんいらっしゃいますよね。
あまり私は配慮出来る人間では、ないので申し訳ございません。

しかし、私にも死ぬほど辛い過去がありました。悩み食事も出来ず、眠れなく手が震えて精神的に、おかしいな、ヤバイかなと自分で思う時期もありました。だから笑う余裕がない気持ちは、痛いほどわかります。2次会参加されてる方、皆さん、そんな経験はされたのではないでしょうか?
しかし、皆笑っています、楽しそうです。
きっとそれは、支援を受けることによって、不登校から、少しずつ不登校から抜け出し、進んでいるからだと思います。
2次会では、皆さんに会い話をすることで私はパワーをもらっています。
ちゃろさん、曰く「話しをすることで整理し乗り越える」まさに、そうだと思います。


ふーみん URL 2010-09-30 22:03  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、先日のセミナーお疲れさまでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
そして二次会幹事有り難うございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
セミナー後、思春期の息子に対して親の意識と態度を変えて接していると、息子からたくさん話してきてくれるようになりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
受験についてもいろいろ考えてるんだなぁと驚きです。
そして、今までの先生方の支援のおかげで受験にむけて本人の意識も動き出しましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">

ネガティブがネガティブを呼んでいたんでしょうかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">笑顔で接することの大切さを痛感しましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">

二次会は不登校渦中の方々とは別テーブルでしたが、帰り少し御一緒させて頂きました。
少しですが、お話しを聞かせて頂くとそこに以前の私がいるようです。
同じような相談機関を巡ってこられ、たどりつかれたのがFHEだったのでしょう。

ちゃろさん二次会の間、笑いながらも色々考えておられたんですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">
私も海ちゃんさんのように初参加の時は、皆さんの明るさにびっくりしましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">(すみませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0163.gif">今はうるさいですがhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">)
復学したてで喜びと不安のいりまじった中、皆さんの笑顔に希望をもらいましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">この支援機関を選んで良かった。みんな笑えてるということは、息子はきっと大丈夫だと確信しました。

以前、自己紹介の時それぞれのドラマがあると藤本先生がおっしゃいました。
本当に一人一人ドラマがあり、希望の中にも不安や迷いがあり、まだまだ勉強中の私達は笑っていてもその時不安な状況の人もいると思います。不登校問題とともに他の辛いことも抱えてる人もいると思います。
でも、一旦は諦めていた復学という一番高いハードルを先生方に支えて頂き、乗り越えることができましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">みなさんの過去を知るほどその人がそして自分が笑っていられるのが嬉しいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0211.gif">
みんなで支えあい、励まし合える場所だから、癒される自分がいるんですよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">

セミナーででてきた貯金のお話しhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">親の会で貯めることができた貯金で自己肯定感をあげ、また子供に笑顔で接することができたら素敵ですよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

これから支援、復学の方もきっと本当の笑顔が待ってますよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">
一緒に頑張りましょうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
きのこ URL 2010-09-30 23:52  [Edit]

Unknown

今回の記事、皆さんからのコメントを拝見して、何度もうなずいてしまいました。

私は、親の会への初参加は復学してからでしたが、それでも毎日、小さい問題は起こっていましたし、継続登校に関して、今後についてなど、不安も持っていました。
それでも先生のお話を聞くことができ、先輩ママの「うちも、そんなことあったけどね、~だったのよ。子どもも成長しているって思えたよ。」という経験談をお聞きして、「じゃあ、うちも大丈夫かもしれない。大丈夫な子に成長していけるように私も学ぼう」って思うことができましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">
初めてお会いする方々と、ここまで濃密な時間を過ごすことができるのは、同じ経験をして、乗り越えたもの同士だからだろうな、と帰りの新幹線の中で考えつつ、体は疲れていても、気持ちはハイテンションhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">、「明日からの活力http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0153.gif">」が体と心に満ちあふれていましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0086.gif">
私の父は「戦友と会う」と言うときに、何ともいえない誇らしげな表情をしていました。
私も、夫や友人に「親の会でママたちに会ってくるんだ~」というときに同じような表情をしているのかもしれませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">

支援をして下さった先生方や学校の先生方、ママたちに感謝。今も支え合い励まし合える方々がいて下さることに感謝ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">

今、復学を目指してがんばっていらっしゃる方々と、笑顔でお話しできることを願っています。
私たちも、継続登校を頑張っています。
応援しています。そして、一緒にがんばりましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0237.gif">
かのん URL 2010-10-01 01:33  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんばんは。
セミナーの様子を教えていただけてありがたいです。
二次会も、とても意義のあるものですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
私も海ちゃんさんと全く同じ気持ちです。

初めて参加させていただいた時は、復学後、登校は安定していましたが、全く勉強はせずテストの点数は1桁があたりまえhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">通いだした塾を辞めたり、学校での態度でもご指導を受けたりしていた時期でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0152.gif">
でも新しい友達も出来あっちこっちに出かけ毎日楽しそうです。これ以上のことを息子に望んではいけないのか、母親として後何をしたらいいのかと思い悩んでいる時期でした。
そんな時に親の会に参加させていただき、先輩方の活き活きとした姿に励まされアドバイスいただき、復学後間もないお母様の、その渦中にありながらも参加される熱意に敬服しました。
帰りはとても元気になることができ、どんなサプリメントよりも効果大ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">

学校との関係作りも、やはり最初から全て理解していただくのは難しいですよね。
息子の中学校の先生方も初めてのケースということでした。
息子が変わって行く姿を毎日学校で見てくださり、自然と先生方との距離が縮まっていくのを感じ嬉しかったです。

今、息子は毎日元気に登校し学校での雑な態度も落ち着きました。
また塾にも通い、それに伴う問題をたまに転びながらも乗り越え進んでいます。
土曜は講座の都合で塾に2回行くのですが「どうして帰って来ちゃうのhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0165.gif">?そのまま塾にいてhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0160.gif">」と心の中で叫んでおりますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">
どうも送り出すことにストレスを感じてしまうんですよね。まだまだです。
ちゃろさんの記事、皆さんのコメントを読ませていだだきパワー充電させて頂きましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0151.gif">
アールグレイ URL 2010-10-02 20:53  [Edit]

ティカさんへ

今回の2次会は、いろんな立場の方がおられたので、その気持ちもいろいろだったと思います。
それでも、ティカさんが書かれているようにみんな一度は通ってきた道ですものね。

復学までの道のりが簡単でなかったからこそ、感謝の気持ちも大きいですし、それぞれの方の気持ちもよくわかりますね。

協会というくくりの中で、みんなで輪を広げたいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2010-10-03 23:17  [Edit]

ふーみんさんへ

ふーみんさんが、渦中のときは、ブログが親の会の役目をはたしていたのよね。
かくいう私も、ふーみんさんのブログを隅から隅まで読んで参考にさせてもらいました。

今回、渦中の方から、ブログが役に立ったと聞いてうれしかったですね。

立ち止まらない決断をした私達は、辛さも・嬉しさも・感謝の気持ちもたくさん経験しました。
一人でも多くの方に、この気持ちを知ってほしいです。

会での、ふーみんさんの社交性は欠かすことのできないものですね。
これからも、盛り上げていってくださいね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">
ちゃろ URL 2010-10-03 23:18  [Edit]

きのこさんへ

セミナーでの、勉強の効果が出てきているのですね。
息子さんの頑張っている姿がうれしいです。

渦中の方と、お話しされたのですね。その後、徐々に前へ進んでいると聞かせてもらいました。うれしいですね。

きのこさんも、最初は緊張されていたんですね。
なかなか先生のような気配りはできませんが、少しでもたくさんの方が笑顔の貯金を殖やしてほしいです。

>でも、一旦は諦めていた復学という一番高いハードルを先生方に支えて頂き、乗り越えることができました
みなさんの過去を知るほどその人がそして自分が笑っていられるのが嬉しい

きのこさんの、率直なコメントがうれしいです。
本当につらかったことも、みんなで共有することで、だれかの元気の素になるとうれしいですね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2010-10-03 23:25  [Edit]

かのんさんへ

しばらく、かのんさんのおこしがなかったので、気になっていたんですよ。
体調は大丈夫ですか?コメントいただけてうれしいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/star.gif">

かのんさんも、親の会でたくさんの元気をもらってこられたのですね。
先輩のお母さん方の経験談は、貴重ですね。次の会があれば、かのんさんが、先輩お母さんですね。

私の中では、かのんさんは戦友ですよ。
これからも、一緒にがんばりましょう!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">
ちゃろ URL 2010-10-03 23:27  [Edit]

アールグレイさんへ

コメント、ありがとうございます。
アールグレイさんも初参加の時は、不安も悩みもたくさんあったのですね。
でも、そばでみているとそんなことを微塵も感じさせないほどでした。

復学後の継続登校は、安定していたのですね。その次の勉強というステップですね。
今では、そのステップも乗り越えておられるアールグレイさんのがんばりが素敵です。

学校との対応も難しいところですが、担任の先生方も息子さんのことを考えてくださっているのが嬉しいですね。

中学校時代の継続登校が、高校に行かれてからの土台になるように感じます。

これからの息子さんとアールグレイさんの頑張りを応援していますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2010-10-03 23:29  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。