勉強の心配は誰のもの?

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

勉強の心配は誰のもの?

息子の中間テストは終わりました。
赤点3っつ
なかなか、報告できるほどの結果がでないところが辛いです
藤本先生にも、『どうなるのか心配です。』と愚痴ってしまったのですが、高校生にもなれば、テストの結果を考えるのは、子供の問題だと釘を刺されてしまいました

確かに、母親がどれだけ心配しても、なんの役にもたちませんね。
あくまでも、『点数が悪かったどうにかしないと・・・』と捉えるかどうかは、本人の問題です。あとは、担任の先生や塾の先生におまかせです。


この間、塾から帰ってくるなり、息子が文句を言い始めました。
『あの先生、答えがあっているのに違うっていうんや!』
う〜ん、それは・・・
どう考えても、息子の説明か何かが悪かったように思うのですが・・・

こういったことを、親から塾長先生へ言っておくべきなのかと迷いました。
本人に『塾長先生に相談したら?』と方法だけ教えたら良いと教えてもらいました。
確かに、本人がどうにかしたいと思えば、塾長先生に言いますね。
めんどくさいと思うのならその程度の不満ということでしょうか。
まだまだ、子供の問題を親が引き受けてしまいそうになることが多くて反省です


息子の高校では、テストの後、球技大会がありあました。
バレーボールだったようです。どう見ても運動が得意そうにはみえない息子です
家では、足が痛い・体が痛いと・・・

息子は、しょ〜もないことで私に電話をかけてきます
「冷蔵庫のパン食べてもいい?」
「お腹すいたから、御飯たべてもいいかな?」
ほとんど、おやつ関係ですね。
私も電話にでなければいいのですが、つい

この日は、ちょっと違いました
息子「球技大会で、足をくじいて痛いねん。」
母 「そうなんや〜、大丈夫?」
息子「・・・今日塾やな」
母 「そうやね」
息子「足痛いねんけど・・・
母 「棚に湿布あるから貼っておきな」
息子「・・・わかった

もうバレバレですよね。球技大会で疲れて足も痛いから塾を休みたいという感じでしょうか。(自動翻訳機
どうやらあきらめて、塾へは行きました。
帰ってから、足の様子を聞くと
息子「うん、湿布したら痛みが少なくなったからなんとか行けた
本当の捻挫なら、どんどん痛くなりそうなんですけどね。

球技大会のことをもう一つ

息子「球技大会で、足引っ掛けた奴がおる
母 「それは、イエローカードか?」
息子「もう、試合が終わった時やってん」
母 「そうか〜。それは悔しいなぁ」
息子「うん、だから体当たりしてきた
母 「相手の子、怒ってないか?」
息子「友達みんなで、そいつにタックルしてきたから〜(笑)」

あの息子の巨体にタックルされた相手がかわいそうに思ってしまいました
でも、友達とじゃれている息子をちょっと想像して、うれしくなったひと時でした。



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
朝、雨に降られて道でカッパを着ようとしていた息子に、小学生からエールを送られたそうです

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (4)

Unknown

うふhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0136.gif">友達みんなでタックルですかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">読んでいてわたしもニコニコしてしまいました。うちの長男もあまり学校でのことはしゃべらないので、たまに聞けるとついつい熱心になってしまいます。
次男も最近はあまりしゃべらないしhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">
娘もですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0142.gif">特に先生に叱られた話とかはお口にチャックしているようですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock1.gif">
でも「言ってこないのは平和な証拠」って思うようにしています。
それでもママ友から「こんなことがあったんだってhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/atten.gif">」なんて聞くとやっぱり心がざわついて『教えてくれなくてもいいのにhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_keibetsu.gif">』とか「うちではこうしてるよ。かのんちゃんちもこうしたら?」なんて言われると『それは過保護、過干渉ちがうん?http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">』と心のなかでぶーたれてしまうこともあります。(なぜかツッコミうぃ入れるときは怪しい関西弁の私ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">)

うちの長男も電話してきますよ~。「腹へったからなんか食っていい?」がほとんどです。
わたしが、「あ~!これ明日のお弁当に入れようと思ってたのに~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0006.gif">」とか言っちゃうからなんでしょうけれど…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0142.gif">

前回のコメ返しのお返事ですが。ノートは十数冊かな。(今は保管場所のまん前に娘がいるので確認できませんがhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">)。
ぶにん先生は「ニコニコ」とか「う~ん」的な絵文字を描いて下さったりするので緊張感の中にもリラックスしながら読むことができますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0151.gif">
一番ウケたのは「私はアンチジャイ○ンツです」と書いたときに「パチパチ」と拍手しているイラストを描いて下さったんですよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0203.gif">(きゃ~ぶにん先生ばらしてしまいました!ごめんなさいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">)

先生からの心に残るアドバイスはたくさんありますが、「自分の価値観で子どもをみないこと。いいところ、伸び幅をみましょう。」それから「みんないい子達ですよ」と書いて頂いたときには涙が出ました

私ね、電話カウンセリングでお聞きしたアドバイスや赤ペンを入れていただいた中で特に重要と思ったことは「大事ノート」という別の1冊にまとめているのです。
たとえば、どこから親が干渉するのかを先生がお話しして下さったものを自分なりにチャート式(と言えるのかはわかりませんが)にしてみたり、娘が明日の朝、「スイミングいやだから休みたい」と言った場合にどう対応するのかとか。
「大事ノート」は私の「家宝虎の巻き」ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_do.gif">
かのん URL 2010-11-02 22:33  [Edit]

かのんさんへ

息子の学校での一コマにおつきあいいただき、とっても喜んでいますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">

学校でのあれこれは、ほとんどわからないので、少しでも耳に入るとうれしいですね。
かのんさんの娘さんの、口チャックを破ってみたい気になります~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">

ノートは十数冊ですかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/atten.gif">
それは、すごいです。
ぶにん先生の絵文字見てみたいですね~。かのんさんの一言に拍手のイラスト、文字での会話ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">。

かのんさんの大事ノート、機会があれば見てみたいものです。
ぜひ、コメントの中ででも教えてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/presents.gif">。
ちゃろ URL 2010-11-04 21:59  [Edit]

ちゃろさんへ

こんばんは。高校生になると赤点も気にしなければいけませんね。家の長男は中三で、進路を考えなければなりませんが、まだ不安定なため、学力相応の公立の全日制(実業になると思います)か、出席が若干融通のきく私立か、昼間定時か悩ましいところです。

勉強は好きではないので、学力的に余裕のある進路を選んで欲しいと思っています。出欠でヒヤヒヤするかもしれないので、学力はせめて心配のないように、、、http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">

現在次男は調子が良いですが、油断は禁物です。では。
まりん URL 2010-11-06 22:43  [Edit]

まりんさんへ

まりんさんの息子さんは、受験生でしたね。
親として進路が気になるのは、私も経験しました。
いろいろな進路を、検討されていることと思います。
見学などもありますので、最後は息子さんのここならという気持ちが決めてかもしれませんね。

頑張ってくださいね。応援していますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2010-11-07 22:42  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。