不登校からの受験を終えて―?(受験から高校へ)

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校からの受験を終えて―?(受験から高校へ)

前回までの記事の続きです。

不登校からの受験を終えて−?
不登校からの受験を終えて−?(中3・1学期)
不登校からの受験を終えて−?(中3・2学期)



12月に見学会に行き、高校の先生と話して励ましてもらいました。(入試説明会 )
そのことで息子も『ここへ行きたい』 という気持ちが強くなったようです。

それでも、この時期の五木の模試では、数学で0点。
藤本先生に、点数がとれなくてやる気がしぼむのではないか?と伺ったこともあります。
でも、この模試は点数より、試験という雰囲気を肌で感じることが大事だったようです。

この地域では、私立高校は塾の先生が合格の可能性があるかどうかを高校へ打診に行ってくださいます。中学校からも行かれます。
息子の塾の先生もA高校へ行ってくださいました。この成績では、見せない方がいいのかとも思いました。
『受けてみてください』の言葉はもらえました。
ただし、入試で3教科合計90点とれるように、塾で引っ張ってくださいとの注釈つきです
難しい・・・です。
学校のテストで10点も取れない状況です。
もう、塾にすべておまかせして、合格できるために必要な時間数を塾側から提案してもらいました。
この時期も息子は家では勉強をしている姿はありませんでした。
塾へ行く前の30分程度で塾の宿題をやっつけるくらいです。

受験日は2月10日でした。年があけてから受験日まで、毎日塾で2時間半勉強する息子でした。
さすがに受験の前日は、もう塾でもイライラがつのって、途中で帰ってきていました。

息子にとっては、この1月から2月の受験日までの日々は、今までにない勉強量だったようです。
それでも、自分で時間になったら自転車で塾に向かっていました。
支援の藤本先生は、結果がどちらでもこの限界までがんばった経験が大事だと考えておられました。
中学校側は、確実に合格する道を勧めます。それも、正解だと思います。
学校との相談や塾での勉強の進み具合から、合格するかどうかは五分五分といった感じでした。

それでも、息子が受けたいといった高校を受けさせようと決めました。
勉強が本当に苦手そうな息子をみていると、もうこれ以上勉強させることは息子にとって苦痛なのかと思ったこともあります。
それなら、勉強より息子が興味のある分野での道をみつけるべきです。
しかし、息子は普通科へ行きたい。
即ち勉強を続ける道を選びました。

【安全にいける道】をとるか、【危険でも本人が後悔しない道】をとるか。
親としては、後者の選択をしました。
そして、藤本先生も合格する保証はできなくても親の立場より、息子が後悔しない道を勧めてくださいました。

もちろん、藤本先生・塾の先生・親もだめだった時のことも考えていました。
息子は、私立高校を専願で受験しました。
この地域では、公立高校は評価点で1があると、合格は難しいです。
そのため、専願で不合格だった場合は、私立高校の1.5次・2次試験を受けることになります。そして、専願受験の結果発表のあと、即、追加募集が発表され願書を取りに行かねばなりません。そうなるとあれこれ迷っている余裕はなくなります。そのことも見越して、塾の先生には情報提供をお願いしていました。
幸いなことに、専願で合格をいただくことができました

この記事は、合格が決まった後に、書いていました。ただ、そこで終わりというわけでもなく、高校入学後定期テストをクリアしていけるかどうか未知数が大きかったため、今まで、暖めていました。(今でも安心ではありません)

高校は、普通科・単位制・定時制・通信といろいろあります。
息子は、普通科は無理かも?高等専修学校(専門学校+通信)しかないのだろうか?と迷いました。

高校受験に関していえば、今から本気で頑張れば道は開けます。
我が家は、親の思い込みや安易な選択で、道を狭めてしまう可能性もありました。
受験の時期に一番苦労したのは、息子に勉強をさせることではなく、親の価値観を変えることでした。(この高校で大丈夫なの?)
今でも、こんな記事を出して、もし高校でうまくいかなくなったら、あんな点数じゃ当然と言われるんじゃないかという親の見栄のようなものが、捨てきれません
それでも、息子の楽しそうな毎日を見ているとやっぱりこの高校へ進学してよかったと心底思えます


昨年の今頃は、
1年間の不登校・勉強は苦手・テストの点は最低。
こんな息子が普通科に進学しようとすること自体、無理なのだろうかと悩みました。

今高校生になった息子をみて、無理かどうかを決めるのは息子自身。
『ここなら行ってみたい』と思える高校なら、その気持が本人にあるなら、どんな道でもチャレンジする価値はあると思います。
自分でここならと思う所だからこそ、居場所を作る努力もできるのでしょう。

勉強に関しては、劣等生の息子です。
それでも、学校へ行く価値はあると考えています。
わからない勉強が、どうやったらわかるようになるのか
テストを受けることにどんな意味があるのか。
小・中学校なら、勉強ができなくてもたいしたことはありません。
しかし、高校となるとそうはいきません。
そんなマイナスの部分も知った上で頑張ってほしい。
クラスメイトとのかかわりの中で、自分の居場所を見つけてほしい。
そんな期待をこめて、息子の学校生活を見守りたいと思います。

私も、去年は、高校に合格してもはたして勉強についていけるのだろうか?と心配でした。息子の高校は、いろんな問題を中学時代に抱えていた子も多く通っています。
先生方も、そんな生徒に興味を持たせる授業を心がけてくださっています。

今、息子の高校では進路に関しての説明会があります。
3年後、息子が社会にでるのか?進学するのか?
又、その時に一生懸命考えようと思います。


我が家の不登校からの受験の記録にお付き合いいただきありがとうございました。
親だけの力では、今の息子はなかったと思います。
我が家に関わっていただいた全ての先生方に、
そして、ブログで応援いただいた皆様に感謝です



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。


スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (18)

Unknown

こうして受験についてまとめて読ませていただくと息子さんの受験の頑張りがよくわかり、励まされます。
ちゃろさんも迷ったり悩んだりされたんだなと、今の私もそうなのよと、勇気付けられます。

受験生の親としては、ダメだった時の事を考えつつ【危険でも本人が後悔しない道】をとるというスタンスがいいのでしょうね。

今長男はまだ志望校を迷っています。
「本人が後悔しない志望校選び」をして欲しいな、と思います。
そして良い結果が出て、ちゃろさんの息子さんのように充実した高校生活をおくれるといいなと思っています。
みなみ URL 2010-11-21 02:27  [Edit]

Unknown

ごぶさたしています。ちゃろさんの受験の記録に圧巻です!!色々な事がありながらも、がんばってこられたちゃろ家の皆さんに拍手ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
先生方のプロの力にも本当に頭が下がります。
我が家も来年は、不登校を経験した息子が受験となります。今から色々と不安はありますが、その時は又ちゃろさんのブログを読み返させて頂きます!
このように記録に残して下さっている事も感謝・感謝です。いつもちゃろさんがブログで発信するパワーは、本当にすごいな~と思っています。親の会でもちゃろさんのブログを読まれている方たくさんいましたよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_hohoemi.gif">
いつかそちらに旅行がてら行きたいね~なんて事も言っています。そしたらオフ会しましょうね♪
kyun URL 2010-11-22 01:07  [Edit]

Unknown

もうすぐ1年たつのですね。
どんどん、近所のおばちゃん、もしくは親戚のおばちゃん化していった自分を思い出しましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
【危険でも本人が後悔しない道】そうですね。
私も同じ道を選びます。自分自身の選択でも。子どもが悩んだときに質問されたときにも。
ただ、我が家の子ども達は私ほど無鉄砲ではないので、もしかすると「怖いから、やっぱり安全な方を選ぶ。本当はあっちに行ってみたいけど。」って言うかもしれません。そうしたらやっぱり、本人の決断としてその意見は尊重しなくては…と思います。(もしかすると「え~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0159.gif">やるだけやってみればいいじゃんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">」なんて言ってしまいそうな気がするのでhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">)

日々の生活の中で「自分の決断」って大切だな~って思うことが多々あって。お母さん同士でも、よかれと思ってアドバイスしたことが、相手にしてみたら「言うことを聞かせられた。悔しかったhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0211.gif">」なんて話を聞いたこともあり…。自分自身も気をつけなくてはと実感しました。

私のコメントに「ホッとする」とのことhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0184.gif">
コメントにしては多すぎる文字数、かなり「我が家事情」も入っているので、時々、他の方のコメントを読んで『我がコメントの拙さよ…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0156.gif">』と凹むときもあったりしたので、とても嬉しいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">
うちの長男の中学生活もやっとそこそこおもしろくなってきたようです。ママ友達の「中学生活、楽しくってしょうがないみたいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">」に何度かこっそり凹んだ私http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0163.gif">今も、このセリフにはほど遠いですが、「それなりに楽しんでるみたい」とは言えるようになってきました。
長男は秋頃から「肌が乾燥する」と保湿ローションを塗って登校していますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0151.gif">
私の肌もガビガビhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0252.gif">親子で気をつけねばhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0183.gif">
かのん URL 2010-11-22 09:45  [Edit]

ちゃろさんへ

こんばんは。家もまさに今、進路選択の時です。家は、未だに登校が不安定なので、比較的欠課等の融通のきく私学か、本人の希望する公立か、あるいは昼間定時までも視野に入れています。

最終的には本人が希望する進路を応援しようと思いますが、現状から予想されるリスクも話したいとは思っています。

どうなるかわかりませんが、今後昼間定時と私学の見学には行きます。(公立は体験入学は済んでいます。)

まりん URL 2010-11-22 22:57  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんばんは。
いつもタイムリーな記事、ありがたく読ませていただいています。
昨年の今ごろは、ちゃろさんのブログを読ませていただきながら「来年うちの息子は受験生になれるのか」とまだ不安の中にいたことを思い出しました。
今年、我が家の息子も受験生の仲間入りができhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyoko_cloud.gif">何校か見学や入試相談もさせていただき、徐徐に佳境(?)に入ってまいりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">
欠席日数の規定があり断念したりhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0156.gif">規定があっても今の息子を評価してくださるありがたい学校もあったりhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">見学に行く途中に道に迷いたどりつかなかったりhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0152.gif">
その度に1つ1つ学び立ち直り、前へ進んでおります。
筆記試験と共にやはり面接も、欠席のことを聞かれるのではないかと気になります。
でも本人はいたってのん気に「なんとか切り抜けるよ」と言ってます。
どう切り抜けるのでしょうか、、、??
何だかよくわかりませんが、たくましくなりました。
本試験まで後2ヶ月、落ち着いて見守りたいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">
アールグレイ URL 2010-11-23 21:35  [Edit]

Unknown

ちゃろさん

こんにちは
息子さんの受験期のお話読ませて頂きました。息子さんの受験に向かい少しづつ成長する姿とそれを支えるちゃろさん。
今、我が家の娘は、高校生ですが、その姿勢とても参考になります。

娘は、今年はセンターまでは受ける様です。一応二次用にも証明写真は取りましたが…一年限定で浪人する予定です。これから支援が入りどうなるか分かりませんが、きっと娘にとって良い方向に向かうと信じています。『危険でも本人が後悔しない道』私もそういう道を娘には選んで欲しいと思います。

今は、会話ノートに苦労してますが、親子ともに安定してますよ!
これからもブログ楽しみにしてま~す‼
みりん URL 2010-11-24 13:23  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんばんわhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
①~④一気に読ませていただきました。
中学校での復学は想像以上に大変なんだろうなあとは思っていましたが、こうして記事にしてくださると、どんなふうに乗り越えていったのかがよく伝わってきます。
学校に戻って、学校生活になれることと同時に受験のことも考えていかなければならない。。。毎日毎日本当に気が抜けなかっただろうなあ。
先生方に支えられ、息子さんもちゃろさんも次々と考えなければいけないことを乗り越えていってたんだなあ。
もしものことも考えて丁寧に受験に向けて動いて行き、息子さんが行きたいという高校を見つけて合格http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
このことはたくさんの方の勇気と希望に繋がっていくだろうなあと読んでるといろんなことが
頭に浮かびました。
<【安全にいける道】をとるか、【危険でも本人が後悔しない道】をとるか。>
私も危険でも本人が後悔しない道をとるなあ。
息子君はそれに向かって今は高校生活を楽しそうに過ごしているんですね。
ああ~我が息子はどうなるのかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">受験まで家族の健康のためご飯作りとお掃除により一層力を入れてそっと支えていこうと思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">
みかん URL 2010-11-24 19:40  [Edit]

Unknown

まずちゃろさんの文章力に改めて脱帽です。
この時期にこれだけ詳しく受験についての記事をまとめてくださり、有り難うございます。

ちゃろさんと息子さんもいろいろな事を乗り越えられて今に至っているというのは、
不登校から受験をされる方への希望につながるんではないでしょうかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
また現在進行形で受験と向き合っている我が家にとっても、興味深い内容でした。有り難く参考にさせて頂きますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0190.gif">


うちの息子も私が、塾に通わせ勉強させてきたという経緯があります。
もともと勉強は好きではありませんでしたが、
私が管理してきたところもあり余計に勉強嫌いにさせてしまったと思います。

中学に入り、すべてを息子に任せようとしてみました。なかなか思いどおりに動かない息子に、
どうすればやる気がでるかと心理学などのホームページ等も調べてみたりもしました。
任せるどころか、私の理想の息子に育てようとしたのかもしれませんね。

今思えば、なるべくしてなった不登校と、いうところでしょうか。

小学校時代は素直で優しい子というイメージだった息子は、(親から見てだけですね)
今は屁理屈をこねまくり、支援の先生方の手を煩わせる息子に大変身です。
勿論、親の言うことなんか聞くはずもないので今
私に出来ることは、セミナーで教わった自己肯定感を高めるような受け答えをするのみです。

初めは高校に行かないかもという息子に、訪問のS先生が意識を高校に行くというように向けてくださいました。
でも家族の中でアクシデントもあり、なかなか勉強の方は軌道に乗ることができません。

それでもなんとか学校の先生、塾の先生、訪問の先生方の力をお借りして
少しずつですが、勉強に意識はむき出したようです。

登校の心配はなくなりましたが、受験の事では支援の先生も頭を痛めておられると思います。

懇談の受け方まで、フォローしてくださいました。
受験をするのは息子です。以前の私なら息子を差し置きベラベラと話していました。
でも親が話してばかりではなく、先生と息子が話しているのを聞くという姿勢をとるということを教えて頂きました。

親は必要とされるときにのみ、口を開けばいいという感じでしょうか。

藤本先生との出会いがなかったら、もしまだ不登校になっていなくとも、きっと息子の進路に口だしして取り返しのつかない事になっていたかもしれません。

支援を受けて予防的な家庭教育を学び、まだ小さな次男が
楽しそうに毎日を過ごすのを見ていると、親がどれだけ
長男が幼い時に干渉してきたか痛いほど分かります。

先日、息子が突然「もしN先生(訪問の先生です)が来てくれなかったら、僕はどうなってたかな?」と言いました。
友達とちゃんとしたコミュニケーションも取れなかった息子を支え、自宅に遊びにきてくれた友人達との間が
これで大丈夫だというところまで持っていってくださったのは
N先生のお力です。

「友達と話すこともできなかったのをN先生が力になってくれて…○○(息子です)も頑張って受験をできるまでになってくれてお母さん嬉しい。
せっかく助けてもらってここまできたんだから、○○には後悔してほしくないよ」
と話しました。

息子は黙って聞いていましたが、その日の夜からまた少し自宅で勉強する量は増えたようです。

【安全に行ける道】はあるはずですが、本人は今【危険でも本人が後悔しない道】に向かっているようです。
12月の中頃には学校の先生との懇談で最終的な進路を決定しないといけません。

残された時間を後悔しないように大切に、ちゃろさんの息子さんのように自分で行きたいと思った高校に受かってほしいなと
親としては願うばかりですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">

いろいろ我が家の事も書いてしまいました。長文すみませんでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
きのこ URL 2010-11-25 00:34  [Edit]

みなみさんへ

去年は、本当に悩んで迷って、先生に教えてもらって、ブログで皆さんに励ましてもらってと、いろいろありました。
みなみさんにも、たくさんコメントいただいてうれしかったです~

長男くん、受験ですね。
我が家は、裏工作もいっぱいでした(笑)
でも、本来は親は、子供の気持ちを聞いてやるだけでOKなのかもしれません。
今まで、たくさんお勉強してきているみなみさんなら、大丈夫ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">。

志望校の決定は、親としても気になりますよね。お口チャックでがんばりましょうねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">。

ちゃろ URL 2010-11-25 01:25  [Edit]

kyunさんへ

kyunさん、コメントありがとうございます。

この記事は、今年の春に書いていたものです。中学校時代のテストの悲惨な結果をはたして、のせて良いのかどうか迷いましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">。
それでも、どなたかの参考になればと思い、えいってのせちゃいましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">。

kyunさんの息子さんは、来年なんですね。
家庭教育のお勉強を続けておられるkyunさんですから、きっと息子さん自身の力で頑張ってくれると思いますよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">。

親の会、盛況だったようですね。いいな~とぶにん先生やみかんさんの記事を読ませていただきました。

>いつかそちらに旅行がてら行きたいね~なんて事も

わ~、ぜひぜひ実現させたいです。
その日を楽しみにしておきますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/presents.gif">
ちゃろ URL 2010-11-25 01:31  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんにちはhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hikari_pink.gif">

記事、温めていたんですね。でも、それをUPできる段階になったこと。息子さんが高校で楽しく生きている証拠だな~と嬉しく思いましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kuma_fly.gif">

我が息子は中一なので、まだ受験の実感がないです。でも、成績はどんどん落ちてきているし、行きつくところまで行くのではないかという不安はあります。ただ、親が気をもんでも本人がその気にならなければ勉強には身が入らないだろうし、今はただ見守るしかないのですが・・・

決めるのは本人であり、自分が決めた道であるからこそ、自分の居場所を見つけることができる。息子さんのことを見ていて、本当にそうだなと思います。受験の時がきたら、また、この記事を読ませていただき支えにしたいと思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_do.gif">
ティカ URL 2010-11-25 11:06  [Edit]

かのんさんへ

1年前は、先生の言われるままに突っ走っていた感もありました。
それでも、心配も不安もあり、かのんさんのコメントにどれだけ、励ましてもらったか・・・
1年たって、やっとあの時の対応はこういうことだったのかと、やっとわかったり・・・

かのんさんちの子供達は、安全策かもしれないんですね。これも、正解かもしれませんね。
そうなると、親の気持ちを変える努力がいるかもよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">

長男くん、学校生活が楽しそうですね。
今度は、保湿ローションですか(笑)
ぜひ、次のはやりも聞きたいです~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">
ちゃろ URL 2010-11-25 23:21  [Edit]

まりんさんへ

まりんさんちは、今年受験ですね。
いろんな選択肢の中から、本人の納得する道を選びたいですね。

学校見学は、親子ともに新しい発見があるかもしれませんね。

まりんさんには、先生がついてますものhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">。
いっぱい考えてくださいね。
応援してますよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2010-11-25 23:29  [Edit]

アールグレイさんへ

今年は、アールグレイさんの息子さんが受験ですね。
もう見学や入試相談も進んでいるのを聞くと、なんだかこちらの方がハラハラしそうです。

>欠席日数の規定があり断念したり 規定があっても今の息子を評価してくださるありがたい学校もあったり 見学に行く途中に道に迷いたどりつかなかったり

うちの息子も、電車の乗り方も怪しくて、どれだけ心配したかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">。
でも、その心配も受験に向き合えるようになったからこそですね。
いろいろあっても、息子さん自身がしっかり地に足を踏みしめて前に向かっておられる様子が、素晴らしいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">。
きっと、アールグレイさんは、心配してるだろうなぁと・・・。

本当に息子さんの成長が、大きいです。
こうして、お話しを聞かせてもらうだけでもなんだか実感しますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">。

この間のセミナーの2次会で、アールグレイさんが元気にされていたと、参加者の方からお聞きして、うれしくなりました。
これから、2か月忘れられない期間になりますね。息子さんとともに、お体に気をつけて。
一緒に見守らせてくださいね。応援してますよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_fight.gif">
ちゃろ URL 2010-11-27 00:31  [Edit]

みりんさんへ

息子の受験は、今になって振り返ることができました。
親の思い込みが大きかった私ですので、その修正が必要でした。

みりんさんの娘さんも頑張っておられますね。
親としてあきらめず、支援を決断されたこと、その気持ちが先生に伝わったのではないでしょうかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/choki.gif">。

危険でも本人が後悔しない道を選ばれた娘さんは、もう十分に頑張っておられます。
そして、さらに前進しようとするのも、みりんさんが支えておられるからですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">。

社会に出るための自立への道を歩き始めた娘さん、みりんさんと一緒に見守らせてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_fight.gif">。
ちゃろ URL 2010-11-27 00:44  [Edit]

みかんさんへ

通しで記事を読んでいただきありがとうございます。なんだか、短くできなくて・・・http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
ちょっと長すぎる記事にお付き合いいただき、うれしいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/heart.gif">。

みかんさんには、受験真っ最中から励ましていただき、とても心強かったです。
去年は、親の心配の方が先に立ち、つい口出ししてしまいそうな私でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_gaan.gif">。
それを、ブログの記事にすることで、息子への被害?を最小限にできました。

私がブログを始めた頃(2年前)は、小学生で不登校を経験されている方が多く、受験のことは、まだまだという感じでした。
普通の受験生と同じように考えるには不登校の影響が強く、受験ができる状態はうれしいのですが、その先が見えずに悩みましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_cry.gif">。
これから受験を迎える方に少しでも参考になればうれしいです。

みかんさんの息子くん、受験ですね。
お姉ちゃんという先輩の存在が頼もしくみえます。
みかんさんちの、受験の様子もぜひ記事としていただけるのをお待ちしていますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/presents.gif">。

ちゃろ URL 2010-11-27 20:20  [Edit]

きのこさんへ

なんだか、やけに長い記事になってしまって・・・。読んでいただいたことがうれしいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">。

不登校はもちろん、そこからの受験は我が家にとって、大きな壁でした。でも、息子には逃げずに壁にぶつかっていってほしかった。
受験期に、よく藤本先生が、『ギリギリまで頑張った経験が大事』と言われていました。
その結果をとれるかどうかが不確定なところが、受験の難しさです。
学校側は、どうしても安全な道を勧めます。もちろん、学校の先生の立場であれば、当然です。でも、結果がとれなくても、その先のフォローまで考えてくださる支援の先生方だからこその方向性だったのかもしれません。

きのこさんも、結構教育熱心だったんですね。子供にすべて任せるのは、親にとって大きな決意のいることかもしれません。

息子さん、『高校に行かない』って言ってたんですね。
親としては、心配だったと思います。
もちろん、何か志があってのことであれば別かもしれませんが、そのあたりは、親のほうがよく見えていますもの。

訪問の先生の、受験への意識付けはとても親では真似のできないものです。
さすが、プロの先生だとhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">。

『親は必要とされている時にのみ、口を開く』本当にそう思います。
私も、以前は息子より率先して学校の先生と話しをしていました。
(だから、息子が無口なのかもhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">)
高校の入試説明会の時は、一所懸命私は黙っていましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">。

>藤本先生との出会いがなかったら、もしまだ不登校になっていなくとも、きっと息子の進路に口だしして取り返しのつかない事になっていたかもしれません

私も、よく思います。きっと、息子の気持そっちのけで、もうちょっとがんばったら・・・と息子に無理をさせて何も気づかない親だったと思います。

きのこさんと息子さんとの会話、なんだか私もうれしくなりましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/heart.gif">。
もう息子さんは、次のステージへ上がられている感じです。
親の私たちが、それをじゃましないようにがんばらないとねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">。
ちゃろ URL 2010-11-27 20:29  [Edit]

ティカさんへ

記事がアップできるほど、高校へ入って安定するのだろうか?と思っていました。

①~③までは、まだまだ不確定要素の多い春先に書いた記事です。
高校でどうなるのか?また立ち止まってしまうのか?
そんな状況でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase1.gif">。

ティカさんの息子さんも、中学に上がられる時は、同じ気持だったかもしれませんね。

中学で、勉強でつまづいて登校しづらくなる場合もあるかと思います。
でも、本人がどうとらえるかで、道は別れていくのかもしれません。

ティカさんの息子さんも、自分でクラブを決め、学校生活を楽しんで自分の居場所をつかんだのですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">。
そんな毎日の積み重ねが、受験につながるのだと思いますよ。
その時に、参考にしてもらえるように、息子にがんばってもらわないといけませんねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">
ちゃろ URL 2010-11-27 20:46  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。