先週、訪問のN先生が来てくださいました。
この日は、少し遅めの時間だったので、そのまま息子と夕食を食べにいかれました。

息子の期末テストが、又せまってきています。
ついつい、勉強のことが気になるのですが、
親が心配しても・・・というところでしょうか。

2学期の中間テストで赤点が3つあった状況です
他の科目もギリギリといった感じです
それでも、1学期はなんとか潜り抜けました。
その経験?があるので、息子が危機感を持っているのかどうか、親として気になるところです。

訪問のN先生が帰られる時に、少し伺いました。
どうやら、息子もちょっとヤバイと思っているようです
それでも、家で勉強する姿は見えません。
でも、訪問のN先生に聞くと、息子としてはやっていると思っている。
学校の宿題や提出物なんかをやっている=勉強している
こういうことだそうです。

訪問のN先生から、『このままいったら進級ヤバイかもよ?』
こう言われて、息子もちょっとは考えたでしょう。
塾の先生にも、手をまわして息子と話をしてもらっています。
なんとか、がんばってほしいものです

あまり、普段からおしゃべりでない息子です。
この間、こちらから話をふってみました。
すると、息子の頭の中はモンハンの新しいソフトをいかにして、ゲットするか・・・
予約状況をパソコンで調べて、教えてくれるのですが、
その熱意を他へまわしてほしいです
ソフトは、12月の初めに発売。
期末テスト真っ最中です。
ヤバイのでは?と思って聞いていると、
予約はできなかったようで・・・
(ちなみに、N先生も予約できなかったらしいです)

思わず、お金どうするの?と聞いてしまいました。
息子「うん、そのために貯めていたし!

なるほど・・・
そして、お小遣いを一気に使ってしまうのね。
日々のおやつを自分で買おうとか・・・
友達とどっかへ遊びに行こうとか・・・
そんなことを、少しも思わないのね
それはそれでOKなのか?

それでも、休みの日に一人で家にいたときは、前回の中間テストの前のように、勉強やったよ〜と言ってきました。
本当かな?と思うのですが、前回学習しましたので(母が)、
とりあえず、息子の方からやったよのアピールがあれば、
素直にそのまま聞く。(すごいね〜)
結果のことは、考えない。(頑張ってるね)
この姿勢で返事をしますね

2学期が無事に潜り抜けられるのか、ついつい心配してしまいます。
よく、藤本先生に『 高校生にもなれば、持ってあげられる荷物は少なくなるからね』と言われます。
きっとこれが小学生であれば、一緒に方法を考えたりもありなのでしょうか。
さすがに、もう高校生の対応をしなくては・・・
ひたすら、口チャックの毎日です。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
我が家のわんこは、もう10才。車に乗せたとたんにオシッコをされちゃいました(涙)

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None