中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

うちの子

私が、支援していただいている藤本先生のブログの最新記事
(一生懸命やってきた子育て否定されて黙ってられるか!)
もうみなさん、読まれました?

先生に支援していただいて、いつもうれしく思う言葉があります。
「うちの子」と息子のことを呼んでくださるのです。
最初は、先生ご自身のお子さんのことかと?
支援している子どもたちを自分の子のように思って対応してくださるその気持が、自然と『うちの子』と呼んでくださることにつながるようです。
それだけでも、とてもうれしいことです

そして、もう一つ、決して今までの私の子育てを間違っていたとは言われません。
我が家も、専門家の先生の目からみれば、いっぱいチェックの入るようなこともしてきました
それでも、それが間違いだとは言わずにお話ししてくださいます。
そして、『息子がこんなことをやりました〜』と報告すると、
『かわいいなぁ』 と笑ってくださいます。(苦笑?)

FHEのホームページの最初の言葉の中に、こういう言葉があります。
【今までの子育てを否定するのではなく、親御さんが今まで愛情を注いできたことを肯定してこそ、そのご家庭にだけぴったりとくるそのご家庭の子育て方法を見つけてあげられると私は考えるから】
これが、すべてを語っているのかもしれません。
今回の先生の記事を読んで、そのことを思いだしました。

最初学校へ一緒にごあいさつに行っていただいたときに、
学校の先生に対して、自分の肩書きや成果を一切言わない先生を見て不思議に思いました。

『今まで○人の子供を復学させました。成功率○○%です。』
こう言ったほうが、学校の先生の藤本先生を見る目が変わるかもしれません。
それでも、今思えばそうしないのが、先生なのかと

『先生に支援していただいたおかげです』というと、
『自分ひとりの力ではなく、訪問の先生やご両親・学校の先生の力です』といわれます。
先生のセミナーを聞かせてもらうと、『 たいしたことないですから』 と何度も言われていました。(事務の方からは、チェックが入った?
支援を受けた私から見ると、先生がたいしたことなかったら、だれがたいしたことあるのかな?と変なことを思ってしまいます

以前に、たくさんのケースを支援して、一人ひとりのかかわりが薄くなるのは嫌だと言っておられるのを伺ったことがあります。
だからこそ、一人ひとりにフルパワーで向き合い、それが増えていっているのかもしれませんね。

復学支援をされている先生方、皆さん共通していることなのかもしれません。
そんな先生方の頑張る姿を見て、
親としてもっと頑張らなくっちゃと気合いをいれています




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
ブログの記事でつい口が滑って先生に突っ込みをいれてしまったことがありました(汗)
先生は、大笑いしてくださったそうですが、他の方からみると・・・
注意します。


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (12)

Unknown

今までの子育てを全否定する必要はないんですね。ちゃろさんは、微調整?しながら、涙の日々ではなかったんですね。
るり URL 2010-12-04 16:30  [Edit]

Unknown

ちゃろさん
先日、先生のブログ読みました。

私は前に支援を受けた機関で、自分の子育てを全否定されました。その事を先生にお話したところ、「お母さんが今まで一生懸命、お子さんを育てられた事、よく分かります。どうしてそんな事をいうんだろう?」と言って真剣に怒っておられました。(←ここは、大阪弁に翻訳して読んで下さい。)
先生の言動一つ一つから一生懸命さが伝わって来ます。
先生は、どんな症例もうまく行ってるのは、運もあるとおっしゃってますが、やはり先生方の熱意の賜物だと感じます。

ちゃろさんが、私達も頑張らなければと書かれてました。
私は、始まったばかりの支援の中でも、何回もあ~もうダメだと思う事があります。でも先生は、次の手を考えてくださいます。いつも温かく、真剣に…そんな姿をみると本当に私はもっと頑張らなければと気が引き締まる思いです。本当にありがたいです。

ちゃろさん、支援を決定する際、相談に乗って頂き感謝です‼こんな先生にもっと早くにお会いしたかった‼
先生に喰らい付く気持ちで頑張ります。当然の事ですが、先生の熱意に負けない様に…
みりん URL 2010-12-04 17:15  [Edit]

Unknown

藤本先生の記事、読みました。
なんとコメントしようかと考えているうちにすっかり出遅れてしまい…。
ちゃろさんのすばやい反応。いつもながらさすがですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

私も、子育てを否定された経験があります。
実際、子どもは不登校になっている事実の前で、返す言葉もないまま、私より過保護・過干渉なお母さん方はたくさんいるのに、どうしてそのお子さんたちは学校に通えているのだろうと疑問を持っていました。保健室登校を続けながらもちゃんと教室に戻れるお子さんと、わが子との違いはなんなのだろう。やっぱり私が、私だけが悪いのだろうか。と悩みました。
夫はそんな私に「子どもの性格と、親の性格・子育てが化学反応の様にマイナスにでることもあるのではないだろうか」と言ってくれました。
自分を責め続けるしかなかった私に、夫も、夫の両親も決して私を責めることはせず、私の身体を気づかってくれる。このことは今も感謝しています。

ぶにん先生を御紹介いただき、自分を責めなくてもいいこと、「かのんさんは一生懸命やってらっしゃいますよ。」の言葉に涙が出ました。
今も、まだお世話になっていますが、ノートで子ども達の成長を記すたび「がんばりが実を結んでいますね。」など、自分が意識していないところで認めていただき、褒めていただくことは、子どもならずいくつになってもうれしいことだな~と心がホカホカしてきます。

支援機関の先生方の情熱は講演会でヒシヒシと感じました。圧倒されるような思いで先生方の講演に耳を傾けていました。

学生時代、ゼミの先生が(私は障がい児の発達と保育理論を選択していました)「僕は親御さんに、先生は障がいの子どもを持っていないからわたしたちの気持ちはわからないと言われることがあるけれど、僕は何十人・何百人の子どもたちと共に過ごした経験、ずっと学んできた理論と実践があると話すのです。」と言っていました。(もう20年以上前のことなので正確ではありませんが。)
支援機関の先生方は、実の親ができなかった「子どもを学校にもどす」。力ずくではなく、そこには愛と信頼があると思います。
子どもと、その家族の笑顔のために、携帯を肌身はなさず24時間頑張って下さっている先生方に感謝しつつ、微調整ですむような(決して本格的調整にはならないように)頑張らなくちゃと思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0086.gif">

Unknown URL 2010-12-05 19:51  [Edit]

るりさんへ

るりさん、コメントありがとうございます。
ともすれば、今までの育て方が悪かったのではと自分も考えがちです。
そうじゃないんだって、言ってもらえることはとてもうれしいです。

るりさんの息子さんも、いいところがいっぱいありますよね。
それこそが、るりさんの子育ての成果ですものhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/good.gif">。

調整が急がしくて、泣いている暇もありませんでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
それでも、楽しそうにしている子供達を見ると、まだまだ頑張るぞってね。
るりさんも、がんばりましょう!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">
ちゃろ URL 2010-12-05 22:22  [Edit]

みりんさんへ

みりんさんの、辛かった経験を思うと先生でなくとも、心が痛みますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif">。
大阪弁への翻訳、なんだか聞こえてくるようでした

先生は、絶対成功しますとは言われません。
でも、全力投球で問題に向かってくださいます。
親ができないことを手助けしてもらっているんですよね。

親の頑張る力を引き出してくださいます。できないことは言われませんよ。

そんな支援の様子をうかがうと、私も気が引き締まります。
みりんさんも、一緒に頑張りましょうね!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">
ちゃろ URL 2010-12-05 22:41  [Edit]

Unknown

今回の藤本先生の記事は熱かったですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/v.gif">
たくさんの方がコメントを寄せていたことからして、皆、先生の熱意に揺り動かされたのだろうなと思います。私もそのひとりですが・・・http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_tehe.gif">

藤本先生にお会いしたのは、講演会とセミナーの場だけで、個人的にお話されていただく機会はないのですが、いつもちゃろさんのブログなどで先生の飾り気がなく、温かいお人柄は分かり過ぎるくらい分かっていたような気がします。

「うちの子」というのは、本当にそれを物語っていますね。自分の子どものつもりで接して行く。そのことが親の感情をも理解し、否定しないことでもあるのですね。

飾り気がなくて、熱い!藤本先生。
これからもちゃろさんのブログで感じていきたいです。よろしくねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">
ティカ URL 2010-12-06 14:52  [Edit]

Unknown

読ませて頂きました!ティカさんと同じく私もちゃろさんのブログで藤本先生のお人柄を知り、先生のブログを読ませて頂くようになりました。
私も家庭教育推進協会のセミナーで2回ほどお会いしただけですが、とても熱くて気さくで素敵な先生ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
ちゃろさんが経験からくる家庭教育の重要さをブログで発信するパワーの源は、藤本先生が全力で支援にあたられる頑張る姿が大きいのでしょうかhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">
私はぶにん先生や訪問の先生にお世話になり、今の継続登校&穏やかな家庭があります。吹雪や暑い日もお忙しい中、全国を駆けまわって下さったり、身を粉にして悩んで苦しんでいるご家庭を支援して下さるその姿勢に「不登校を経験・克服し、予防的な家庭教育の重要さを知る親だからこそ何か出来る事はないか?」と思うようになりました。先生方の後ろ姿を見て、こちらもピシッとしなくては!と気が引き締まります。(緩む時もありますがhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">)
ぶにん先生の家庭教育の講演会を開催したり「家庭教育を考える親の会」の発足も、藤本先生のブログで「恩送り」の記事を読ませて頂き、一歩踏み出す力を頂きました。藤本先生には本当に感謝しております。
形は違いますが、家庭教育の重要さを知る親としてこれからも発信していけたらいいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_hohoemi.gif">
・・ブログをマメに更新しているちゃろさんのパワーは私には真似できませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">←基本面倒くさがりですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
kyun URL 2010-12-06 22:44  [Edit]

かのんさんへ

かのんさん、コメントありがとうございます。お名前がなくてもすぐにわかりましたよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_warai.gif">

かのんさんも、不登校渦中で悲しい思いをされていたのですね。
同じ母親として、お気持ちよくわかります。
でも、ご家族の暖かい心使いが素敵ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">

かのんさんの心をホカホカさせてくれるぶにん先生の言葉、うれしいですよね~
それも、かのんさんが頑張るからこそですね。

先生方の支援に対する姿勢を拝見していると、親である私達ももっとできるのでないかと力をもらいますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">。

我が子への対応はもちろん、ブログでの発信も誰かの力になればうれしいですね。
そして、かのんさんのコメントにいっぱい力をもらっている私ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_en2.gif">
ちゃろ URL 2010-12-06 23:03  [Edit]

ティカさんへ

ティカさんの、先生のブログへのコメント見ましたよ~。ナイスですね。
思わず、ティカさんの横で一緒に拍手している気分でした。(笑)

実際に、クライアントであっても先生とお顔を合わせる機会はそうたくさんありません。
もちろん、たくさんあるということは大変な時期ということなのですが・・・。
(それでも、電話やメールでいつもお会いしている気持ちです。)
なので、セミナーでお会いできるのは、とってもうれしいです。

ティカさんのことを先生にお話ししたこともあるので、先生の中ではよく御存じかもしれませんよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">

私のブログを始めたきっかけが、こんな不登校の専門家がいるんだということを、知ってもらいたいという気持ちでした。
ティカさんのコメントを読んで、少しは実現したかな?

もちろん、ティカさんも、同じ気持ちでブログをされていると思うので、これからもがんばっていきましょう!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">
ちゃろ URL 2010-12-07 10:02  [Edit]

kyunさんへ

コメントありがとうございます。
Kyunさんも、セミナーに行かれて藤本先生を見ることがありましたものね。
私が、kyunさんとお会いした、東京の最初のセミナーでの先生が、一番素に近いかもしれませんね。

不登校のことは、子供には忘れて今を楽しんでほしいです。
でも、親である私は、忘れるとまた同じことをするタイプなので、常に自分の勉強が必要なのかと感じています。

我が家の子育ての疑問点を藤本先生に教えてもらい、それをブログで書き自分の頭に刻みつけています。
それが、少しでも他の方にも参考になることがあれば、うれしいですね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">

『継続登校と穏やかな家庭』が自然にできるものではないことをよく知っているからこそ、先生方の素晴らしさも大変さもよくわかります。

>ぶにん先生の家庭教育の講演会を開催したり「家庭教育を考える親の会」の発足
なかなか、ここまでできません。ここが、kyunさんの素晴らしいところですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">

何かしたいと思う気持ちはみな同じです。それほど不登校の経験は親にとって辛いものです。
さらに一歩踏み出したkyunさんのパワーを見習って頑張りますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">
(ちなみに私のパワーの源はこうしてコメントをもらうことです。なので、これからもよろしくです~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">)
ちゃろ URL 2010-12-07 10:07  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、私も藤本先生の記事読みました。
落ち込んでて夜寝られなかった時に読ませて頂いてとっても元気になってしまいました(単純なので)
「うちの子」っていい響きですよね。
私はあまりお聞きする機会はありませんが、そう思って下さっているといつも感じています。
一緒になって喜んで下さったり怒って下さったり…
そんな先生だから私も心を開く事ができました。
先日、不登校からの受験を終えての記事を読ませて頂き去年の我が家を思い出していました。
息子は殆ど中学校に行っていない状態から中3で復学させて頂き奇跡ともいえる大きな喜びも束の間、受験という大きな壁が立ちはだかり、志望校を決める時期、あまりにも選択肢の少なさに、「受験はしない。高校には行かない。」と苦しんでいました。
その時に言った言葉、
「もっと早く学校に戻っていれば皆と同じように自分が受けたい高校を受験することができたかもしれない。」
この言葉は私の胸に深く突き刺さりました。そんな私たち親子を先生方が一生懸命支えて下さったおかげで受験も乗り越え、今元気に高校に通っています。
今だにちょこちょこ自主休業もしますし、勉強にもなかなかついていけませんが、普通の高校生として過ごせているという事が何よりも嬉しい!!
この幸せがあるのは先生方の熱意や愛情があるからこそだと思っています。
そんな先生方に恥じないよう親としてもっと頑張らなくちゃと、ちゃろさん同様気合いいれますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">

ちーこ URL 2010-12-07 17:12  [Edit]

ちーこさんへ

コメントありがとう~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/onpu.gif">

ちーこさんには、去年一緒に受験を乗り越えさせていただいて、とっても心強かったですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">。
お互いに、後悔のない道を進めたことがとてもうれしいです

息子さんの言葉「「もっと早く学校に戻っていれば・・・」、
とても気持ちが複雑です。それでも、前へ進んでいるからこその言葉ですものね。
普通の高校として過ごせていること、本当に我が家も奇跡のようです。
これも先生方のおかげですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">。

ちーこさんとは、一緒に東京までいったご縁ですから~
来年も、ぜひねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">
ちゃろ URL 2010-12-08 21:55  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。