この間の土曜日、仕事中に息子の高校から14時頃電話がかかってきました
いったい何事かと思って電話にでると、息子でした。
よく話を聞いてみると、どうやら家の鍵を忘れたようです
土曜日ですが午前中授業があります。
でもお昼は家で食べます
夕方にならないと、家族は帰宅しません。

息子「家の鍵忘れてん・・・
母 「え〜、忘れたの?」
息子「お腹すいてるんやけど
母 「お母さんも、仕事中やし」
息子「どうしよう。今日塾やけど、行かれへんし」
母 「そのまま、塾へ行って、先生には事情を説明したらいいよ。」
息子「・・・お腹すいてるんやけど
母 「緊急のお金持ってないの?」
息子「家の財布においてる・・・
母 「お母さんの仕事場まで、取りに来る?」
息子「でも、どこか知らん
母 「○○高校のそばの△△っていうとこ。学校の先生に聞きなさい。
どうなったか、決めたら連絡してね」
息子「わかった


家の鍵は、最近は忘れることはなかったのですが、やっちゃたね〜という感じです。
家から私の仕事場まで10?程あります。
自転車で道をききながら来るのか?(およそ1時間弱)
お金を借りて、電車でくるのか?
それとも・・・

もちろん、事故にあったとか、事件に巻き込まれたならすぐに駆けつけます。
でも、今回はたんに息子自身の不注意。
お腹がすいても、1食くらい食べなくてもどってことないでしょう
以前の私なら、気になってあれこれ指図し、結局は家に戻っていたかもしれません。
だいぶ、見守るができるようになりました(当たり前か?)
それでも、私の心配の虫は騒いでいましたが・・・
息子は携帯を持ってないので、こんな時は、お手あげ状態です。
そのあと、息子の方から連絡もありません。

16時半頃になって、公衆電話から電話がかかってきました
母 「今、どこにいてるの?」
息子「学校で、お金借りてん。月曜日返しにいくから。もう今から塾にいくわ」
母 「わかった」


息子が高校生になって、だいぶ親の心配の虫は図太くなりました。
それでも、ちょっと心配してしまい、塾の先生へ事前に電話をいれておきました。

その日は、19時から20時の塾+休んだ日の振り替え授業があり、21時半までの塾です。
息子は、22時頃ヘロヘロになって帰ってきました
あまりにも、疲れすぎて、食欲もなかったようです(あの息子が

どうやら、昼に普通に帰宅し、はじめて鍵のないことに気が付いたようです。
そこで、電話をかける方法を思案し、学校へ戻った。
担任の先生にでも、ヘルプをしたのかと思っていたのですが、
なんと、校長先生に助けてもらったようで・・・
母の仕事場までの地図をプリントアウトしてもらったようですが、
『危ないからやめとき』と言われ、1000円校長先生に借りたそうです。
そのお金で、お昼を食べ、ゲーム屋で時間をつぶし、
家の前で1時間くらい寝て
仕方なく、早めに塾へむかったようでした。

朝家を出てから、14時間ぶりの帰宅で、疲れはてた息子です。
息子には、災難な一日だったかもしれませんね。
友達に頼らないのが、息子のいいとこなのか、悪いところなのか?
でも、いろんな困ったを乗り越えた貴重な一日だと、親としては、ちょっと息子を見直しました
まあ、もう絶対鍵は忘れないでしょう。
おつかれさま
(この日は、娘も定期を忘れたそうで、なんだかよく似た姉弟です




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。



スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None