先週息子の高校で終業式がありました。
中学校で1年間の不登校期間があり中2の途中から復学した息子が、受験をくぐりぬけ、全日制普通科の高校生となりました。
昨年の4月、高校へ入学できたことは、とてもうれしいことでした。
このブログでも、たくさんの方に応援いただきました。
でも、息子の生活はそこで終わりではありません。

せっかく高校へ入学できても、またつまずいてしまうかも・・・
勉強についていけなくて、やっぱり無理・やめたいというかも・・・
友達の間で、うまくコミュニケーションがとれずに休みはじめるかも・・・

喜びと同時にたくさんの心配をしました。
本来であれば、これは中学時代の息子の様子を見て、親もこの感じなら大丈夫という気持ちをひとつずつ積み重ねていくのかもしれません。
我が家は、その安心感という積み重ねがないため、つい悪いことばかり想像してしまいます。
なので、親も子供とは別に支援を受けながら一つずつ勉強していく必要がありました。
中学時代は、担任の先生と逐一連絡をしていました。
それも高校になれば決められた懇談のみ。
それが、普通なのですよね。
中学時代の継続登校の積み重ねが、高校での土台となりました。1年間で1日のみの欠席でした。(遅刻はなし)
しかし、勉強の土台はありません。これが一番の心配でした。


息子は、高校入学前から訪問のN先生に、
学期ごとのテストで点数がとれなければどうなるのか。中学校と違って、赤点(欠点)というものがあり、規定の点数に満たなければ進級できない。』
このことを、しっかりと聞かせてもらっていました。
それでも、日常生活では、勉強する姿をみせない状況でした

親の目の前で勉強するのが嫌なのかもしれません。
小学生の時にさんざん息子と勉強のバトルをした私です。
漢字の書き取り一つとっても、書き順が違う・字がきたないと横から注意をし、それを聞いてイライラとする息子。2時間ほど息子の勉強に付き合い、とうとう親の方が根をあげたこともありました。こんな積み重ねが『親の前では勉強するとまた何か言われるから嫌』という気持ちの土台になっているのかも・・・

勉強に関しては、欠損部分の多い息子です。
受験勉強で、国語・英語・数学の猛勉強をしました。
それでも、まだまだ追いつかないようです。
それ以外の科目は土台がありません。自分で勉強する方法も習慣づいていません。
つい、できないだろうという想いが先にたち心配してしまいます。


息子の高校では、テストの点数が30点に満たないと赤点になり、追試をうけます。
(赤点が40点という学校や平均点から割り出す学校といろいろあるようです)
高校1年の1学期は、中間テストで、赤点が一つ。期末テストで赤点が2つ。
2学期は、中間で赤点2つ。期末で2つ。
3学期は赤点一つ。
というように、常に追試で引き揚げてもらっている状況でした。

3学期の最後に学年評価(5段階法)がでます。
これが、だと不合格となりその教科の単位は認められません。
(数学4単位・体育2単位などのように決まっています)
年間で10単位以上の不合格があると進級できません。幸いはなかった息子ですが、12科目中4科目がだった息子の成績は押して知るべしです
その中で、をもらった科目が2つありました
体育と宗教(仏教系の学校なので)というちょっと変わった取り合わせです。
体育に関しては、運動が苦手な息子ですので、まじめに取り組んでいた態度を評価していただいたのかなと思っています。

もちろん、進学校ではない息子の学校ならではの措置かもしれません。それでも、少し頑張ればなんとかなるということを感じることのできる息子にとってはちょうど良い学校だったのかなと感じています。

1年間の息子の勉強の成果は、最高点が66点最低点が9点でした。
息子の不登校を経験し、家庭教育を学ぶことがなければ息子の最高点をみても、こんな点数ではまだまだと、点数だけで判断していただろう私です。
今は素直に息子の頑張りを認めてあげたいと思います。
ある意味あれだけ勉強をせずに、ここまで頑張ったのはすごいかもしれませんね。
(それでも、さすがに1ケタの点数は勘弁してほしい・・・

勉強に関しては、親から叱るということは一切しませんでした。
もちろん、心の中ではこんな点数でダメじゃない!という言葉がいっぱいでした。
そんな時にいつも気づかせてもらった、先生の言葉。
テストの点数が悪くてなんとかしなきゃと思うのは息子さんの問題ですよ

冷静になれば、その通りですね。勉強をして必要な点数に満たなくて、困るのは息子です。
つい親がその心配を先取りしてしまいがちでした。
高校生になれば持ってやることのできる荷物(問題)は少ないです
こう聞くことで、口チャックをしてきました。
その結果、ギリギリですがなんとか進級ができるようです。
手ばなしで褒める結果ではありませんが、口チャックで見守ることのできる結果でしょうか。

今は、もう春休みに入っている息子です。案外息子自身も進級が決まってほっとしているのかもしれませんね。

震災の影響や原発の問題など、息子自身も気になるようで、ネットからいろんな情報を拾ってきます。それでも、まだまだその情報が絶対正しいと思っている口ぶりで、公正な判断力を養ってほしいと思う毎日です。





※高校では、必要な単位をとって進級・卒業します。単位が取れないのは、
●成績が悪い時
 不合格の単位が数学4単位・日本史4単位・体育2単位(合計10単位)なら進級OK
 不合格の単位が数学4単位・日本史4単位・国語3単位(合計11単位)なら留年 
●欠席が多い時
(どんなに成績がよくても年間授業時間の三分の一以上(74日)欠席すると留年となります)






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。



スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None