高校生の不登校

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

高校生の不登校

4月後半そしてGWあけの5月に、高校生の相談が増えると聞いたことがあります。
もう義務教育でないからと不登校として前面には出てきませんが、たくさんの方がいろんな道を模索されています。
今大学生となった娘が、高校2年生の時期、五月雨登校状態になり不登校一歩手前までいきました。
高校生の不登校は、学校へ行く・行かないの問題も大きいのですが、それだけではありません。
親がどれだけ、子供と真剣に向き合うことができるのか?
このことの大切さを今感じています。

高校生で、学校へ行けなくなった場合、どんな道があるのか?
 もう一度その学校で頑張ってみるのか
 留年をして同じ学校でやり直すのか
 他の学校へ転校するのか
 単位制・通信制・定時制の学校へいくのか
 もう一度高1からやり直すのか、
 留学するのか。
いろんな道があることを知りました。

考え方もいくつかあります。
・義務教育ではないので、学校にこだわらなくてもいいじゃないか
・長い人生の中で、少しくらいの回り道はOK
・子供が動き出すまで、待つ
・家でゆっくりさせてやる
・なんとか今の学校に留まらせて卒業へもっていく
どれが正しいのかは、その家庭によって違いますので、正解はありません。

学校にもどして起こるリスクもあります。
ゆっくり見守ってやることによるリスクも又同じようにあります。
どのリスクを選ぶのかが親の役目のように思います。

高校では留年のためのタイムリミットがあります(70〜80日)。各高校によって若干の違いはありますが、欠席が2ヶ月をこえると秒読みに入ってしまいます。
こうなってしまうと、親も子もとても苦しいです。

もしかすると、100回こけたら、子供は立ち上がれるかもしれません。
高校生は、これができません。
あと一回こけたら子供自身が気づくかもしれません。
でも学校側が待てない現実があります。
普通の日常の中で、子供の様子を把握することが大事なのかもしれません。
一般的には、中学生の間は、親も子どもの様子を見ています。そして徐々に規制をゆるめていくのが良いと聞きました。
もう高校生だから。親が言っても聞かないから。
確かにその通りなのですが、子供が身動き取れなくなったときに早めに親が手をさしのべることができれば、傷も浅くてすみます。

私は娘の苦しい高校生活に全く気づいていませんでした。
しかし、息子の支援に入っていただいていたことで、娘の問題点や危うさの指摘をもらっていました。初回の相談から娘も心配だと言われていました。
親で気づけない娘の変化に藤本先生が気づいておられました。

息子の不登校で、様々のことを考え・動きました。その延長に娘の問題が出てきたので、対応もさらに必要という感じでした。
しかし、これが娘の不登校から問題が起こったとしたら、そのことを理解するだけで精一杯で、右往左往している間に、留年へのタイムリミットが来たことと思います。

我が家は、あえてその学校に留まる道を選びました。
娘にとっては、苦しかったかもしれません。
大学にいきたい。でも高校はイヤという娘でした。

低空飛行の娘が、しりもちをついて降りてしまわないように、先生の指示をもらいました。
 今は見守りましょう。
 ここで、娘さんと話をしてください。
 来週ダメだったら娘さんと話をしてください。
このコントロールが、とても難しく、先を見通す藤本先生の支援がないと、とてもできなかったと痛感しています。
藤本先生の中では、しりもちをついて、今とは違う道も想定していただいていたようです。

娘の場合は、学校はやめたくない・大学に行きたいと口に出していました。
それでも、自分で何をすればよいのか。
すすんでしんどい道へは行きたくない
パソコンをしていられれば良い
こんな気持ちだったようです。

息子へは、支援の先生が対応をされました。
しかし、娘へは、親が対応することが必要でした。
我が家は、その時まで娘と向き合うということをしてこなかったことに気づかされました。
そのため、最初に高校でつまずいた時、娘の中に親に相談するという選択肢はなかったのです。

子供と真剣に向き合う。これは、とても大変です。
見て見ぬふりをしているほうが親も楽かもしれません。
『子供と向き合う』その方法を藤本先生に教えてもらいました。
娘が高校3年生の時、なんどか娘と真剣に向き合う機会がありました。
それも、支援の先生に教えていただいたからこそ、親も娘に向き合う勇気が持てたのだと思います。


今娘は大学生になりましたが、まだまだ親の目から見ると心配なことをやらかしてくれます。
・自分に甘いこと
・他人とのコミュニケーションの経験値が低い→応用がきかない。
こんな現状です。それでも、高校時代に対応していなければパソコンをやりながらずっと家にこもっていたであろうことを考えると、娘も格段に進歩しています。
大学の授業・クラブ・バイトで、もまれています。
娘が社会に出るまで、あと少ししかありません。
この少しの時間を娘と向き合うことで、社会に通用する一人の大人となれるよう親も努力が必要です

娘への対応を支援の先生に教えてもらう中で、これは我が家だからこの対応になるのだなと思うことがたくさんありました。
高校生への対応は、すべて違うと伺いました。マニュアルではない個別対応ですね。
なので、わが家のように元の高校で踏みとどまらせる場合
単位制・通信制の高校へあえて移ることを検討する場合。
子供の数だけ方法が違うそうです。

今娘は大学生ですので、登校の問題というより、
社会へ出ていくことができるか?
他人との付き合い方の練習中といった感じです。
支援の先生方に教えていただいたことが、私の子育ての土台になりました。

高校生の不登校は、選択肢がたくさんあります。
もうこの子は、ダメだと親があきらめてしまうのが一番辛いです。
もう少し頑張れる力がこの子にあるはずと信じることで可能性は大きくなります
どの道がわが子に一番良いのか。
親が手助けできる間に、あきらめずに探し続けることが大事なのかもしれません。








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
娘はGW中働いて、PCを買うことが目標だそうです。がんばれ!


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (10)

Unknown

次男が小3になり、再び行き渋りはじめた5月、『このままではいずれ不登校になる。』と私はネットで情報を探り始めました。
小学校に戻れなくても他に道があるのでは…?
けれど、フリースクールはたいてい中学生以上。小学生を受け入れてくれるところは少なく、また、本などで勉強していくうちに「もし、フリースクールがあっても、この子はそこに通えるだけの強さを持っていない。だぶん、うちから出られないだろう。」「やっぱり、この子は、今まで見守ってくれた先生方と、仲良くしてくれたお友達のいる、今、通っている小学校に戻すしかない」と完全に休み始めた9月に決意し、復学支援をお願いしました。
行き渋りの毎日に情報を探りながら、「いっそのこと中学生ならいろんな道もあっただろうに。」と思ったこともありますが、年齢が上がればあがるほど対応も復学も難しくなることを知り、自分の認識の甘さを恥ずかしく思ったことがあります。

ちゃろさんのお宅は、中学生の息子さん、高校生の娘さん、本当にご苦労されたことと思います。
先生方に助けていただきながら、今の日々がある。
ちゃろさんの強い決意とご主人の協力、日々の努力の積み重ねですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0237.gif">

2年ほど前になりますが、夫の職場の先輩のお子さんが不登校になり、本人の希望により単位制の高校に転校しました。
そのお子さんは私が保育園に勤務していたときにみていたことがあり、私の中ではずっと小さなままのNくんで。
自分から話しかけてくることはあまりなく、ちょっぴり恥ずかしそうに笑う彼の笑顔だけが浮かんできました。
彼の場合はイジメがあったそうです。
気づいたのは習い事の先生。
先生が親御さんに話して下さったのだそうです。
顔にけがをしていたり制服が破けていたこともあったけれど、親には「自転車でころんだ」と話していたのだそうです。
そして娘さんも塾や中学校をさぼったりするなどの行動があったそうで。
私は娘さんも赤ちゃんクラスで受け持っていたために、あのころの顔しか浮かんできませんでした。
こちらからは「その後どう?」と聞くこともできず、ただ、彼らが健やかに育ってほしいと願うことしかできません。

親があきらめずに子どもを信じる。
信じ続けることは難しい。
けれど、信じなければ何も始まらず、先に進めないこともある。
子育てを通して、いろいろなことを考え、学び、私自身も育てられているんだな…って思いますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0229.gif">
かのん URL 2011-05-02 08:37  [Edit]

かのんさんへ

かのんさんは、小学校3年生での不登校。
これもまた小さいからこその悩みがあったことと思います。
どの年齢でも子供の不登校の辛い気持ちは皆同じですね。

高校生の不登校は、難しいです。
それでも、親が真剣に子供と向き合うということを忘れないように、記事にしました。

ただ、このテーマは手ごわいです。
本当にいろんな道があり、どれも正解なのかと考えさせられます。
それでも、子供自身が学校へ戻りたいと言うのなら、最大限の手助けをしてあげたいのが親なのかと思います。

かのんさんのお知り合いのお子さん、一番最適な道を進まれていることを祈るばかりです。子供が、つまづいた時に真っ先に相談してもらえる親となりたいですね。

>信じなければ何も始まらず、先に進まないこともある。

本当に、まずはここからということかなと思います。
ちゃろ URL 2011-05-04 23:05  [Edit]

Unknown

ちゃろさんの記事を読んで、学年が上がるにつれて選択肢が増えることが復学を考える上での難しさになるのかなと考えさせられました。

誰しも楽なほうを選びたい。

本当にこの道でよかったのか?

今年高1の子どもがいますが、高校生になると中学の時よりも更なる自律を求められますよね。
「中1ギャップ」の言葉は一般的になってきましたが、高1でのギャップも相当あるように感じています。(学校によるとは思いますが。)

どんな道を選んでも、その道を決めるのは本人です。本人が良いと思えればそれでいいのではないかと思えるようになりました。
それでも「楽したい」が為に「本当にやりたいことを諦めない」ように、自分の子どもにも、今模索されている方々にも、それだけは願っています。
みなみ URL 2011-05-05 02:13  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、私も長女が高校で不登校になって初めて、娘と真剣に向き合いました。エンカレッジの上野先生と訪問の先生の助けがなければそれはできませんでした。 長くなりますが、書かせて頂きます。

現在高2の長女は、高1の今頃はもう学校へ行くのが辛そうでした。
その時小5の次女が完全不登校になって4カ月経っていました。
「私まで不登校になったら親に心配をかける、お母さんが病気になっちゃう」という思いで何とか行っていたようですが、6月から行けなくなり、11月まで不登校になりました。12月から通信制高校に転学し、今は毎日登校しています。

家の場合は、高校を不登校になって選択肢の少ない事に驚きました。
娘は学校には戻れないことが自分でははっきりしていましたが、親には言い出せずにいました。(これは上野先生に入って頂いて、後からわかりました。)

1、留年する・・・同級生が上級生に、下級生が同級生になる。中学の部活の後輩が同級生になってしまう訳です。 何より、大学受験一直線!のその高校に留まることは無理でした。

2、他の普通高校に転校する・・・これは受験し直して来春から通う事になります。“また受験勉強”“同級生より1年遅れる”

1・2とも、よっぽどの強さ、開き直りがないとできません。または「どうしてもこの高校に行きたいんだ」という強い意志。難関校に再受験して入るような子にはそれができるそうですが。苦労せずに入れるような高校だと、入り直してもまた行けなくなる可能性が高いそうです。
不登校を経験したような子には、まず難しいそうです。これは全くその通りだと思います。

娘の場合、定時制も違うな、と思いました。
そうなると通信制しかありません。何校も見学しました。

通信制というと“毎日登校しなくても単位を取れば卒業できる”
“自習して、わからないところを先生に教えてもらう”
県内の通信制はそういうところしかありませんでした。大学進学という目標のある子には大丈夫なのでしょう。が、娘はその時は進学する意欲もありませんでした。自分で時間割を決めて自分で勉強する学校に娘は通い続けられるだろうか?なかなかここぞという学校に巡り合えませんでした。

通信制だけど毎日時間割が決められていて、クラス制で、修学旅行も運動会もあるk高校が隣県にありました。ああここに行かせてあげたいなあと思いました。ここなら、“普通高校のような”高校生活を経験できるのでは?娘は文化祭や音楽祭は好きで、張り切って委員をやるような子でしたから。何より先生方が好印象でした。娘もそこが気に入りましたが、学費が最も高く、遠慮しているようでした。

今まで自転車で15分の高校に遅刻していたのに、電車も含め1時間弱かかる高校に行けるだろうか、という不安が親にはありました。交通費をかけて、また制服を買って(通信制は制服のない学校が多いです)、それでまた行かなくなったらどうしよう・・・。

「k高校しか無いでしょう」と太鼓判を押してくれたのは次女のことでお世話になっていたエンカレッジの上野先生でした。「同年代とコミュニケーションの取れる、友達を作れる学校が適している。(長女)は勉強よりまずコミュニケーション力をつけていくことを重点に考えましょう。」

果たしてk高校はベストの選択でした。
通信制高校には不登校経験者が多数います。先生方の“心のケア”は安心できます。
4か月でほぼ1年分の単位を取り、レポートを提出し(勉強は前の学校ほど厳しくないので)、無事2年生に進級しました。
最近ようやく、お弁当を一緒に食べる友達ができたそうです。この連休にはその友達と遊びに行ってました。
今でも遅刻することがあります。ため息つきながら行く時があります。でも休みません。娘を(少し)安心して見ていられるようになりました。社会に出ていけるかということになるとまだまだ!ですが。

今回の記事を読み、娘と真剣に向き合った去年のことを思い出し、気持ちを引き締めました。ちゃろさん、ありがとうございます。



うた URL 2011-05-05 08:38  [Edit]

みなみさんへ

高校生になられた息子さん。毎日頑張っておられることと思います。
去年の私は、息子の環境の変化に、つい心配してしまい先生方にあきれられていたかも・・・http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

みなみさんの、息子さんを信頼する気持ち、素敵ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">

>「楽したい」が為に「本当にやりたいことを諦めない」ように

本当にそうですね。高校生といってもまだ子どもの部分もあり、親としてはハラハラさせられます。
親は子どもの気持ちを見極め一緒に歩いていきたいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">。
ちゃろ URL 2011-05-05 23:21  [Edit]

うたさんへ

うたさんも、長女さんと真剣に向き合う機会があったのですね。
通信制高校への変更は、うたさんご自身・娘さんともに、大変だったことと思います。

娘さんのお母さんを想う優しい気持ち、なんだか胸に響きますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">。

娘さんが立ち止まられた時、いろいろな道を探されたのですね。実際の経験は今道を探されている方にとても参考になると思います。

通信制と一口にいっても、いろいろな学校があります。
子どもの目的が進学なのか、学校生活なのかによっても違っているのですね。

下の娘さんの御縁で入っておられた上野先生の第三者としての適格な判断が大きな後押しになったのですね。
それも、うたさんご夫婦が娘さんと真剣に向き合ったからこその結果なのだと思います。

わが家の娘も、あちこちで頭を打ちながらも、今大学で楽しそうにすごしています。
親の目がらみると、まだまだな娘ですが、改めて娘の変化も認めていかないといけませんね。

うたさんの貴重な経験をたくさんの人に知っていただきたいです。
コメントありがとうございました。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/fine_face.gif">
ちゃろ URL 2011-05-06 21:39  [Edit]

初めまして☆

あやと申します、私は高校2年生で、医学部を目指している者です。。
この記事を読んでとっても納得しました。。
また訪問させてくださいね!!
今ではやっと学校に行けるようになったのですが、5月、6月は本当に大変でした。。;
もし良かったら不登校の体験記等読んでもらいたいです。。
良ければ見に来てください。。
不登校の高校生が医学部を目指すブログ
あや URL 2011-07-17 11:39  [Edit]

あやさんへ

あやさん、はじめまして。
たくさんあるブログの中から、お越しいただき感激です。

ともすれば、母親のみの目線で書いているのものなので、あやさんのように当事者としての感想はとても勉強になります。
どうぞ、またのぞきにきてくださいね。

あやさんのブログ、文字入力でヒットしました。じっくり読ませていただきました。
がんばっているあやさんにたくさんの方が応援しています。
今の経験は将来のあやさんにとって貴重な宝物です。

いくつになっても、自分が正しいのかどうかなんてわかりません。
それでも、止まってしまうよりぶつかりながら進んでいる姿が一番です。
お互いにがんばりましょう!
ちゃろ URL 2011-07-18 10:28  [Edit]

新しい学校へ

6月からの不登校に終止符を打ちました。通信制の高校に転校しました。この決断がよかったのかはまだわかりませんが高校二年生の娘は学校に行けることだけでもすっきりしたようです。不登校の間は毎日学校に行きたいのに行けない日が続き勉強が好きなのに学校にいけなくて不安な毎日だったようです。
こうたこちゃんのまま URL 2011-10-12 19:56  [Edit]

こうたこちゃんのままさんへ

はじめまして。
娘さん、新しい学校はいかがですか?
わが家の娘も高校2年の時に、つまずきました。
今では必然だったと感じています。

高校生の不登校は、本当に難しいです。
それでも、わが子と向き合い真剣に考えた道であれば、それが正解だと思います。

うちの娘、大学生になりましたが低空飛行なりに大学生活を楽しんでいるようです。
環境が変わって一気に解決とはいかないかもしれませんが、少しずつ自分のペースで進んでいくことができればOKですね。

こうたこちゃんのままさんの娘さんは、勉強が好きなのですね。きっと、新しい学校で自分のやりたいことが見つかりますよ。
応援しています。

コメントありがとうございました。
ちゃろ URL 2011-10-14 22:21  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。