少し前の日曜日に、友人親子と集まりました。
母親4名 ・ 子6名。

この友人達は、息子が市の1才半検診で、紹介された言葉の教室で知り合いました。
言葉の発達に、注意が必要な子供に声がかかります。
息子は、検診の項目にあった「絵を指さして物の名前を答える」という項目ができませんでした。言葉の出も遅かったようです。
どちらかというと、座って絵本を読んだり手遊びをしたりという遊びより、走りまわっているタイプの子供でした。

他の友人の子も、似たりよったりで・・・。
もう15年前からのつきあいですね。
1年間全く音信不通のこともあります。そうかと思えば突然ランチということも。
子供が小さいころには、泊りがけでの旅行も何度か・・・
子どもが大きくなってからは、親だけの集まりが多かったのですが、今回は、子供もまきこんでのランチとなりました。

息子と同じ高校2年生の男の子が1名・女の子が1名、娘と同じ年の男の子が1名、就学前のチビちゃん、そして息子と娘の参加です。
息子には、事前にお昼を食べに行こうと誘うとあっさりOK。(食べ物で釣られる
でも、娘はもう興味ないかな?バイトかな?と思っていたので、直前まで無理だと思っていたらちょうどバイトもなかったようでOKしました。(ちょっとびっくり

世間では、高校生男子といえば、親と一緒になんて・・・
と考えますよね。それを思えば、息子も友人の息子さん・娘さんも、みんな素直でいい子です
さすがに、男の子・女の子の差は出てきているようで、友人の娘さんはうちの娘と話していました。

うちの息子は、あまり外交的ではありません。
もちろん、親と一緒にでかけることも最近では少なくなっています。そして、その場に他人が一緒にいること、息子と同年齢の子が一緒にいる席など皆無です。
いったい息子はどんな態度にでるのか?
黙々と食事をするだけなのか?
その場に着くまで想像できませんでした。

息子は、最初こそは、食事に専念。
他のお母さんに話しかけられて答える程度でした。
しかし、そのうち同じ年のAくんと話しはじめます。
席がはなれていてもなんのその。大きな声で、話をしていました

今回息子のファインプレーがひとつ。
なんとPSPの機械を2台もって行っていました。
そのPSPをAくんに貸して、たちまちゲームで花が咲きました
Aくんは、進学校に通っています。それでも、息子と話があったのか、うれしそうでした。
Aくんのお母さんは、Aくんが最近暗い顔をしていたので、楽しそうな様子がうれしいと。
もう、親の私達はどの子も小さい時から知っているので遠慮もなにもない状態でした

食事のあと、スポッチャに行くことに。
息子は、親の車よりBくん(娘と同じ年・社会人・免許OK)の車にAくんと共に乗せてもらっていました
親が入場手続きをしている間に、息子はちゃっかりとAくんとメアド交換をしていました
あの息子が普通の高校生のようです

インドア派の息子が運動をしている姿など見たことがありません。
それでも、Aくんとともにローラースケート・アーチェリー・バッティングマシンと挑戦していました。
息子が野球の球を打てるのか?親の心配をよそにそれなりに頑張っていました

我が家は、父親と息子のキャッチボールの経験もありません。
野球にもあまり縁のない息子なので、バッティングももちろんヘタ
それでも、Aくんも息子のことをバカにするでもなく息子もテヘッという感じです。
学校が違う・近所でもない、でも気兼ねなく自分の失敗も見せる友達ができたことで、これからが楽しみです。

さすがに親の方が疲れてしまったのですが、息子の成長した面が見れてとてもうれしい一日でした。

GWは、息子はずっと家でパソコンの前から離れませんでした。
親としては、元気に外へでかけて行ってほしいです。
それでも、家でゆっくり過ごすのが息子のやりたいことなら、それもOKなんでしょう。
休み明けは、普通に登校していきました
急に暑くなった毎日に、息子から聞けた学校の感想は『暑い!』これのみです。







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None