信じられないこと

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

信じられないこと

息子(高2)の中間テストが終わりました。
去年、一年間息子の勉強に関する様子をみていました。
だいぶ、こちらでも心配をこぼしてしまいました
 ・テスト前になっても、いつもどおりパソコンでゲームをしている
 ・家で勉強をしている姿を見たことがない。
 ・学校のことは、家では何も話さない
 ・塾は、遅れずに行っている。
 ・朝は、声をかけて起こしますが、遅刻せずに自分の意思で登校していく

こんな状況でした。そして、その結果赤点と友達になりながらも、1学年の必要単位(31単位)をとってきました。

もちろん、上を望めばきりがありません。
もうちょっと良い点をとってほしい。家で勉強する姿をみせてほしい。
そんな愚痴を先生には、何度となく聞いてもらいました。
先生からは、
『もちろん、今の状態がベストではないけれど、よく頑張ってますよ。
勉強に関しても、もっと下降線をたどることも考えていました。息子さんの許容量を考えると、良いラインだと思います。』と聞かせてもらいました。

先生は、親の気持ちを知ったうえで、息子そのものを見てそれを教えてくださいます。

私の中で、こうあるべきと言ったイメージがあります。
 ・テスト前は、家で勉強するのがあたりまえ。
 ・パソコンは時間を決めてやるもの。
 ・テストは、平均点かそれ以上を目標とするべき。
こう考えるのは、親の気持ちであって息子の今の状態を見ずに言っているのかもしれません。この通りの息子なら親は安心ですが、それでは息子ではありませんね。

「テスト前なんだから、勉強やっときや」←(やっておきなさいという意味)
息子の姿を見て、つい私が言ってしまいがちな言葉です。
でも、これを先生に話した時に、
『高校生に言う言葉ではありませんね。勉強をしなくて困るのは息子さんです。』
こう言われてしまいました
今は、「テスト前だけど、大丈夫なん?」と聞くようにしています。
この言葉を受けて、勉強をやるかやらないかは息子が一番わかっていますね。
(でも、言葉をかけて勉強をしたことはありません


このブログの過去の記事を読んだ方なら、息子のテストでの点数もご存じだと思います。
決して、人様に言える点数ではありません。
今回のテストで、信じられないことがおこりました
もう二度とないかもしれないので、ここで書かせてください


テストが返ってきた日に、息子にテストの結果を聞きました。
もちろん、一桁の点数も想定していました。
今までの経験則ですね。
きっと、30〜40点くらいをウロウロしているだろうと。
一年時は、特に数学・英語に関しては、高校生として大丈夫か?と聞きたくなる点数でした

母 「テスト、どうだった?」
息子「うん。数学89点やった」
母 「・・・うそっ!
息子「見せたろか

しっかり、テスト用紙を確認しましたよ。
今までの経験から悪い点数を想定していたので、聞いたことのない良い点数を聞いて思わずウソって言っちゃいました
息子が中2で復学してから初めてみる高得点(我が家にとって)でした
本当だったんですね〜
一年の時には、数学で5点という点数だったことも・・・。
数学の授業中には、居眠りをしていたことも・・・

もちろん、すごいね〜・がんばったね〜といっぱい褒めておきました。
息子は、褒められなれていないのか、普通の表情です
親も、良い点数で褒めた経験がないので、親子でなんだかドギマギしたテスト後でした。

数学はびっくりの良い点数でしたが、英語は赤点ギリギリセーフという感じでした。
今回は、何とか赤点なしで滑り込んだようです

今後ないかもしれない点数だったので、今だけでも喜ばせてくださいね。

学校という社会の中では、定期テスト・実力テストと嫌でもこなさなければいけません。
一時は、息子にこれだけのテストを受けさせるのは、無理なんだろうかと思ったこともありました。中学校の先生にも、特別支援の対象と見た方が良いのではと言われていた時期もあります。
テストは、誰でも嫌ですよね。
でも嫌なことにも逃げずに向かっていく力を息子は見せてくれました。
もちろん、ここからずっと良い点数をとってくるとは考えられません。
でも、今回の数学で頑張ったことは消えないですものね。

テスト50点は、良い点なのか?悪い点なのか?
人によって違いますね。
支援を受ける前までは、自分の価値観ですべてを決めていました。
今は、息子に合わせた価値観で見る訓練中です。

親は自分の通ってきた道しかわかりません。
つい同じ道を子供にもと思いますが、子供が同じ道を選ぶかどうかはわかりませんね。
今は、子供のうしろからそっと見守っていくことが親の課題です


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
暑くなってきて、扇風機をかついで移動する息子です


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (10)

凄い~!

数学やりましたね!
高2の数学って難しいですよね
それを高得点!!

褒めまくりたい気持ちでは?
続けて欲しいですね。

価値観・・・
本当にそうですね~。
自分の生きてきた価値観が正しいと思っていますが一人一人違いますね。

全ての物事を色んな角度から解釈できますので自分だけの価値観だけでは判断出来ないのが難しいですね。
ラムネ URL 2011-06-07 13:22  [Edit]

Unknown

うわ~!やりましたねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0087.gif">
題名を見たとき「これは良いことか、それとも…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/eq_1.gif">」でしたが、テストについての記事ということがわかり、「おっhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0158.gif">これは…もしかしてhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">」の私でした。

うんうん。
高2の数学http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_shock1.gif">
「先生。ごめんね。」と答案に書いていましたからね~私http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">

長男もそれなりに今回は頑張ったようです。
とは言っても相変わらず「俺はやったぜセット」しか見てはいませんがhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
今回は塾の授業をテスト直前に前倒しして受けていたので(以前、私が一度だけ提案したことがあるのですが)少しは自覚が出てきたかなhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">
長男からは「負けたくないやつがいるhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/goo.gif">」とのセリフも。
「おお~っhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">ライバル登場http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0159.gif">」と密かに一人で盛り上がっていましたが、夫曰く「友達と賭けをして点数悪かった方がジュースを1本おごるらしいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/roket.gif">」そうですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
まあ、中3男子なんてこんなものかも~ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0209.gif">

子どもに合わせた価値観。
そうですね~。我が家は3人かなり性格が違いますが、娘に関しては「読みにくい。未知との遭遇」を実感することが多いです。
息子たちも性格はそれぞれ違いますが、傾向と対策が小さいころからそれなりにわかっていたので。
私の場合、特に娘によって、「自分の価値観を押し付けない。自分の物差しで測らない」ことを学んでいるのかなと思います。
修行の道は険しいですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_do.gif">
かのん URL 2011-06-07 15:53  [Edit]

Unknown

息子さん、すごいですね!
頑張りましたね!

点数で物事を測る必要はないでしょうが

”息子「見せたろか」”

っていうのが自慢げで、とてもいい感じ!!
自信になりますよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">

私も自分のことのように嬉しい!
ちゃろさんも、いっぱい喜んでくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">



みなみ URL 2011-06-09 02:29  [Edit]

はじめまして

息子さん頑張りましたね
自信の種が1つ増えましたね
お母様も希望の種が1つ増えましたね
tata URL 2011-06-09 06:57  [Edit]

Unknown

何があったの~?とドキドキしながら読み進めました。
嬉しいドキドキになって、ニコニコしている私です。
テスト前には家で勉強するのが当たりまえと思っていると、勉強していないわが子に声をかけたくなりますね。
私も気になる時があります。
でも子どもは自分のやり方がこうだと結果はこうなるってことを経験から学んでいくものなんですね。
今回の息子君のお話で再確認できました。
息子君、がんばりましたね。

価値観、そうですねみんなそれぞれ違いますよね。
自分の物差しで測らないことで子育てが楽になってきた部分もあります。
親も訓練ですね。私も頑張るぞ(^o^)/
みかん URL 2011-06-09 11:35  [Edit]

ラムネさんへ

ありがとうございます。
なんたって、あの息子ですから本当にびっくりでした。
先生にも、驚いてもらいました。

勉強に対する価値観は、特にいろいろ考えさせられます。
受験を潜り抜け、だいぶ鍛えられました。
それでも自分に言い聞かせる毎日です。

良い点数でも悪い点数でも、息子の気持ちを受け止めてやれるようにならないといけませんね
ちゃろ URL 2011-06-09 22:31  [Edit]

かのんさんへ

ちょっと、題名でびっくりさせちゃいましたね(笑)

答案用紙に「ごめんね」と書かれてあったら、先生もニヤリですね。
かのんさんの高校時代を想像してしまいました。

長男くんの、たとえジュースのためでも負けたくない発言、いいですね~

かのんさんちは、お子さんが三者三様のようで、対応されるかのんさんも大変だろうな~と感じます。
『子ども自身の物差しで測る』修行、がんばりましょう!

ちゃろ URL 2011-06-09 22:32  [Edit]

みなみさんへ

ありがとうございます。

もうめったにお目にかかれない点数で、速攻否定してしまいました。(←全然息子のことを信用してないですよね)

つい悪い点数の想像しかしてなかったので、フェイントのようでした。
でも、今回だけでも喜んでいいですよね

みなみさんも、一緒に喜んでいただいて、うれしいです~
ちゃろ URL 2011-06-09 22:33  [Edit]

tataさんへ

はじめまして。
たくさんあるブログの中から、こちらへきていただきありがとうございます。

『自信の種』、いい言葉ですね。
この種が成長できるように、見守っていかないといけませんね。

どうぞ、また覗きにきてくださいね。

ちゃろ URL 2011-06-10 23:56  [Edit]

みかんさんへ

ドキドキさせちゃいましたね。
それくらいの点数で、わざわざ書くなと怒られそうですが、みかんさんならわかってもらえますよね。
なんたって、あの息子ですから(笑)

勉強しない息子を一年間見続けて、今回がんばって結果を見せてもらって、やっと口出ししない大切さを少しわかったように思います。

みかんさんのように、親子の会話を楽しむ段階までにはまだまだの我が家ですが、
みかんさんちの会話を目指してがんばりますね。
ちゃろ URL 2011-06-11 23:11  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。