6月12日、第7回家庭教育セミナー(大阪)がありました。
FHEの藤本先生が講師です。(主催は家庭教育推進協会です)
『思春期の親のポジショニングとは〜思春期の問題行動への対応法〜』
同じセミナーを東京でもされるということですので、詳しい内容はひかえておきますね。

私達は、「思春期」という言葉をよく使いますが、実際にはいつから始まって、いつ終わるのかは難しいです。
1口に思春期といっても、中学生と高校生では違います。
我が家のように高校生と大学生でも違います。
そのあたりの段階に応じた親の対応を教えていただきました。
細かく分けていただいたので、よりわが子に即した状況が容易に想像できます。

今回の診断は、「親役割」。
前回は、エゴグラムとOKグラムでした。
今回のものもなかなか興味深かったです。
ちなみに私は息子と娘で対応がかなり違う部分があって、ちょっと混ざってしまったかもしれません。
まだまだ干渉が多い様子
もう子供の年齢が高くなってきていますので、早く自立してほしいという気持ちが強いことも現れていました
今後の課題は、子供を信じてそれを伸ばしてあげることかなという感じでした。
ケーススタディ・欲求不満(ストレス)耐性の高め方といったとっておきのお話もありました

今回のセミナーは、講師の藤本先生の他にエンカレッジの上野先生・ペアレンツキャンプの水野先生・訪問の佐藤先生・事務局長の西原先生と5人の先生方が来てくださいました
どの先生も、それぞれのクライアントさんからお忙しい様子を伺っていたので、お元気そうなお顔が拝見できただけでも、セミナーに参加させてもらった甲斐がありました。
3時間という長丁場でしたが、先生の軽快な語り口でお話いただきました。
漠然とわかっていたけど、なかなか説明できない。そうかうちの息子のこんな行動は、こういうことだったのかとすべてを聞き終わって納得でした。

セミナーには、ご夫婦での参加の方もおられ、回を重ねるごとに盛況になっていくようです。


セミナー終了後、協会の親の会であるぷらす・エールで、2次会をしました。
FHE・エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・協会に相談されている方・支援検討中の方といろいろな方が参加してくださいました。
参加者20名と先生方5名の参加。たくさんの方が参加してくださいました。

お店ではふーみんさんとちーこさんが、頑張って仕切ってくださいました。
私は、会が始まるまでの参加確認をさせてただきました。
きのこさんも会計のお手伝いありがとうございました。

先生方5人という贅沢な状況でした
居酒屋でしたので、テーブル3つにわかれそれぞれに先生方が入っていただいて、
飲み放題・食べ放題・話し放題でした〜(笑)

最初、上野先生がお近くにおられたので、いろいろとお話を聞かせていただきました。
前日の東京での親睦会のこともチラリと。

水野先生も、久しぶりにお話できました。
オールバックの素敵な先生に会えるかと思っていたら、今回は普段の気さくな先生でした(笑)

あっ、残念なことが。訪問の佐藤先生と藤本先生にお話を聞く暇がなかった〜
先生方は、1時間ほどで戻られました。

その後、時間の許す限りみなさんとお話しさせてもらい、たくさん元気をもらいました
皆さん、息子の頑張りを褒めてくださり、なんだかうれしいような、照れくさいような・・・
ありがとうございました。
最後は、喫茶店でお茶をして解散でした。
もっと、たくさんの方とお話ししたいけど、時間がない
セミナー・2次会でお会いできた皆様、どうもありがとうございました。
次の機会も、よろしくお願いしますね


同じセミナーを来月、東京でされるということです。
関東にお住まいの方は、ぜひ参加を検討してくださいね。
大阪でも、秋には次のセミナーを予定していると伺って、今から楽しみです。


ブログでコメントいただいている方では、ふーみんさん・ちーこさん・きのこさん・みなみさん・ココアさん・たけ☆ふみさん・サブリナさん・みにーさんがこられていました。
皆様、お疲れ様〜


今回、このブログを見て、勇気をもらいましたと言っていただいた方がいました。
ブログがご縁で支援前からお話させていただいた登校刺激前の方も参加してくださいました。
ネットの世界は、何か真実かわからなくなる時があります。
こうしてブログで発信しても、疑いの目で見る方もいます。
そんな中、ブログを応援してくださる方がいるとお聞きするだけで、とても嬉しく思います。とても感激でした
道を探されている方に、少しでも参考に考える材料となればと願ってやみません








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None