29日は息子の17才の誕生日でした

我が家は、当日にはケーキが定番。
一応、本人にどんなケーキがいい?と聞くのですが、
息子の場合は、大抵『チョコのやつ』という返事です。
メタボな息子なので、丸ケーキではなく、一人に一個です

今年は、当日は各々予定があり、日曜日に誕生日の名目で外に食べにきました。
(息子は塾・娘はバイト・お父さんは健康診断前日で絶食)
うちの家族は、あまり率先して話をはじめる人がいません。
ほっとくと、各々携帯をいじりだすかもしれません
もちろんそんなに気をつかうお店ではありませんが、ファミレスよりは、緊張するかも・・・

今年、一番変化があったのは娘でした。
以前は、携帯をずっといじっている。給仕の人が来てもボソボソとしかしゃべらない。(聞こえない
こんな状態だったのが、給仕の人がやりやすいように、コップを動かしたり、しっかりとした声で、ありがとうと言ったり。
 「しっかり返事ができるようになったね」
 「そう?やっぱりバイトのおかげやわ〜」
 「バイトの威力ってすごいね」
 「いま、○○(息子)と同じ年の子もバイトにいっぱいきてるよ」
 「そっか〜、○○もバイトできる年なんだね。」
息子「いや、学校の許可いるし」
 「みんな、黙ってやってるよ」
息子「今は、いらんけどな」
 「そうそう、なんか誕生日にほしいものあるん?」
息子「あ〜、忘れてたわ」
 「お姉ちゃんも、高校生の間は、誕生日に何かほしい物ひとつプレゼントしてた。○○も今年と来年までは、OKだよ」
息子「ん〜、iPod ○ouchがほしい」
 「あれ、3万くらいするで」
 「そんなにするの?」
息子「え〜っと・・・」
 「ちょっと高すぎちゃうん」
 「○○(息子)はどう思う?」
子「ん〜、やっぱりこれがいいし」
 「ちょと、お父さんと相談しておくね」

息子は、あまり自分から話すほうではないので、こういう場面でも、話をふってもらって初めて話す場合が多いです。
以前は、話をふっても娘に否定されると、もう黙ってしゃべらなくなる場面が多かったようです。
それが、今年は普通に、おだやかに話が続いていたことがうれしかったです

そして、息子が今までと一番違ったのは、ゲームをしなかったこと。
もちろん、当たり前のことですが、今までは、食事の合間に手持ち無沙汰になると、おもむろにPSPを取り出して、ゲームをしていました。
近所のマックなんかだと、自分の分を食べ終わったら、さっさと帰ろうとしていたぐらいです
そのことに比べると、周りの状況をみ話をできていたことが成長ですね


4月に心配していた、学校でのお昼の様子も聞いてみました。(友達作り、見習い中
中庭で前のクラスの友達とお昼を食べているといっていたので、どうなったかと思い聞いてみました。自分のクラスに、前の友達や今のクラスの友達が集まってきて、みんなで食べていると聞かせてくれました。
同じクラスにも友達がいるようで、ホッと安心ですね

息子の学校は、女子が強い傾向があるようです。
息子が慣れていなさすぎかもしれません。
女子もクラスで固まってお昼は食べているそうで、
「あいつら、うるさすぎ」という息子の様子を見ていると、そっち方面は、まだまだですね






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None