不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜その2

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜その2

前回の記事【不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜その1】の続きです




ある日、担任の先生からお電話がありました。
「今の成績と内申では公立高校は無理です。でも本人は公立にこだわっている。
『高校生になりたいなら、私学を専願でうけたほうがいいかも』と息子さんに言ってしまいました」というお話でした。

テストの点は徐々にあがったとはいえ、提出物をきちんとだしていない事により、公立に行く為に必要な、内申点がほとんどありません。
最終的に志望校を決定する、12月の実力テストも5教科で101点でした。

「今の成績では公立は厳しいです。三学期で一気にあがることも難しいです。
今度の三者懇談までに息子さんと相談してくださいますか?」と言ってくださいました。

主人も辛かったでしょう。
長かった苦しみから解放され、ようやく仕事に復帰できました。
その時を待っていてくださったかのように、絶妙のタイミングで、藤本先生・訪問の先生方が入ってくださいました。

なぜ私立は嫌なのか?その理由は?

ひとつひとつ解きほぐすように、息子の心に問いかけていってくださったようです。

私も家族もお金の心配はいらないと言ってきましたが、息子の中ではその心配が大きかったようでした。
親の心にある何かを感じとっていたのでしょう。

藤本先生の言葉は、いつも息子の心にスッと入っていきます。
あれほど頑なだった息子の気持ちは、一気に私立に傾きました。

三者懇談では、先生と子ども中心で進めていくようにと藤本先生からお話がありました。
息子とは塾の先生も薦めてくださった、比較的不登校を経験した子が多く、学校も不登校に対して理解のある全日制の私立にしようねと話していました。

席につくと、迷うことなく「私立の専願で○○を受けます」と先生に伝えてました。
「提出物ちゃんと出してたらよかった…10月に勉強するってきめたのに、できなかった。やったらよかった…」
「高校ももっと調べたらよかった」
「一年生に戻って、もう1回勉強やり直したい」

親が聞いても返ってこないような言葉を担任の先生は引き出してくれます。
息子の口からでるのは後悔と反省の言葉でした。
ボソボソとした話し方でしたが、自分で選んだ言葉で一生懸命に話しています。

どうして今まで私立が嫌だったの?と先生に聞かれ、「家のお金が心配で私立を考えなかった」と、小さな声で答えました。
直接耳にした息子の本音に、親の私こそこの子の気持ちを考えてきたんだろうか、と急に込み上げる涙をこらえるのに必死でした。

ゲームばかりしている、
提出物をしない、
補習にでない、
塾の宿題をしない、
友達に心を開かない…

息子の表面だけを見て、苛立ち、勝手に不安になっていた。
本当に不安だったのは息子だったのかもしれない…
反省の言葉を並べるべきなのは、私のほうだ…
親として、心からこの子を信じていなかった…

目標が決まってから息子はS先生のアドバイスどおり単語を覚えだしました。
気づくのは少し遅かったですが、初めて自分から進んで勉強しだしました。

オープンスクールにも行かず、私が薦めた高校を受験しようとしていましたが、学校で進路委員会にかける寸前に、突然違う高校を受験したいと言い出しました。

高校受験の分厚いガイドブック…ちゃろさんが、前年息子さんの受験で使われたものを譲ってくださいました。
息子が自分から開けることはないだろうと思っていた置きっぱなしになっていた本を、ギリギリになって本気で読んでみたのでしょう。

資格がとりたい…息子はある高校を選びました。
その高校は、私の中で評判は悪い部類に入っていました。塾の先生も、どちらかと言うとヤンチャな子が多いので、息子さんには合わないと思うとのお話でした。

只でさえ、神経の細かい子です。そんな環境の中でやっていけるのか…
言いたい事は山ほどありました。
でも、この子が行きたいと思った高校は学力が足らずにどれも諦めなければならなかった。
今、行きたいと思う高校は学力面なら頑張れば十分いける。
高校でやっていけるかどうかは、この子の頑張り次第。
この子の力を信じよう。

藤本先生に相談するといろいろ心配はあるけど、本人の意志を尊重しようということで、学校に連絡をして受験校を変更しました。
受験校を絞ってからは、やる気がでてきたようです。

1月に入り、闘病していた母が亡くなる前後は、私も悲しみと忙しさに息子の様子に気を配る余裕がありませんでした。
夜中にふと目が覚め、電気のついたままの部屋を覗くと、テレビを視ているのではなく、勉強している息子の姿がありました。

2月、いよいよ受験となり友達と一緒に入試を受けにいきました。そして数日後、嬉しい知らせを受けとることができました。

支援の先生方、学校の先生、塾の先生、友達…復学から受験、卒業までたくさんの人達が関わり、支えてくださいました。

最後の最後に息子は、自分で受験校を選びました。
高校生になり、自分で選んだ事で親のせいにできなくなったのか、学校での少しくらいの嫌な事も自分で対処するようになりました。
(ご家庭の状態により、親が選んだ方がよいケースもあると思います)

評判よりもずっといい学校で、英語などの資格をとりたいと目標を持ち、少しずつ動きだしました。
まだまだ心配な事はありますが、友達、先生、勉強、ひとつずつの関わり、経験が息子の土台になっていってるようで、苦しんでいた呑気症も、いつの間にか気にならなくなったそうです。

今、受験を控えている親御さんはいろいろな状況におられると思います。
受験とともに、家族の問題、子どもさんへのいろいろな心配事、次から次へとでてくる不安に、私のように子どもを信じきれず、負けそうになることもあるかもしれない。
でも、どうかその不安に負けないで子どもを信じてほしい。

来年の春には、たくさんの笑顔の花が咲くように願っています




≪どんぐりさんの記事≫


不登校から復学支援を選んだcase


不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜サクラ咲く


不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜その1


不登校からの受験〜どんぐりさんの場合〜その2  本記事








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。

スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (5)

Unknown

ちゃろさん

きのこさんの記事を掲載頂きありがとうございます。
まだ受験ではないですが、今きのこさんと同じような思いをしております。
復学して4ヵ月目に入り、勉強面で焦りが出てきております。
訪問の先生にテスト前と言う事でスケジュールを立てて頂きましたが、まっつたく勉強していない状況です。テスト終わるまで、PSPとパソコン禁止は自ら宣言しましたが、テレビを見たり、携帯していたりとゲームが無くても勉強に目がいきません。
本人は、友達と一緒に高校に上がりたいとはっきり言っていますが、このままでは危ない状況。
親からの発信はできないのでガマン、ガマンです。
いつになったら目覚めるのかハラハラしております。
相変わらず、生活習慣も直らず遅くまでメール。
息子を信じるしかないのですが、分かっていてもドンと構えられない自分がいます。
キノコさんの記事を読み、少し救われたような気がしました。
ちゃろさん、きのこさんありがとうございます。
クッキー URL 2011-12-07 16:33  [Edit]

Unknown

クッキーさん、昨日はお会いできて嬉しかったですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
三次会までお付き合いいただきありがとうございました。
もう少しお話したかったです。
次の機会に是非http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0204.gif">

長い文を読んでいただきありがとうございました。
クッキーさんのブログも拝見させてもらってますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
辛い時期を振り返られているクッキーさん、その頃の息子さんに胸が痛みます。

息子さん、復学されて4ヵ月目に入り、勉強面で焦りが出てきているんですね。
その頃はうちも、友人関係を育むのに悩みながら頑張っていた頃だと思います。
復学しても、不登校だった自分になかなか自信が持てなかったようです。
クッキーさんの息子さんは、友人の影響を良いにしろ悪いにしろ受けながらも、一緒に高校に上がりたいと思える友人がいるのですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">
勉強はこれからだと思います。
テスト終わるまで、PSPとパソコン禁止は自ら宣言した息子さん。
頑張りたいと思う気持ちはあったのでしょうね。

息子にとって、テレビは世の中の情報を知るのに、案外活躍してくれたようです。
初めはアニメやバラエティーでも、たまにニュースなど目にすることで、受験の面接で役立ったようだし、今は社会の教科で役立っています。

携帯も友人との絆を求めているのでしょうか。携帯でもゲームできますし、遅くまでしていて、遅刻や欠席に繋がると悲しくなりますね。
進級できなかったら友達とも離れる。息子さん自身わかっていることでしょうね。

クッキーさん、言いたいことを堪えて息子さんを見守ってらっしゃいますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
私はその頃は要らぬ事も時たま言ってしまってました。
まだ親と子の関係の出来ていない時期に、子どもに勉強の事を話しても受け入れるわけありませんよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">

ギリギリに動き出す子もいます。気持ちはあせるでしょうが、モチベーションを下げさせないよう、口出しを控えているクッキーさんは素晴らしいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

またブログの方でも、これからの息子さんの変化を書いてくださるのを楽しみにしていますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">
きのこ URL 2011-12-11 08:12  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、昨日はお疲れ様でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
体を気遣って、前回お会いした時よりもっとスマートになられたちゃろさんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">お会いできて嬉しかったです。

今回も記事にしてくださりありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0140.gif">
無理を訊いていただきすみません。
受験される方の参考にならないかもわかりませんが、この時期復学支援を受けて、どんな風に受験したかという風に読んでいただけたらと書かせて頂きました。
個人的に関係ないことも書いてしまい、長く読みにくい文章になってしまい申し訳なく思っていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">
ちゃろさんに譲って頂いた本、息子が頑張れているのも自分で情報を探し、行きたいと思う高校に入れたからです。ありがとう…。

復学させてもらっても、うまくいかないんじゃないか…
いろいろな情報の中、迷っている方も多いだろうと思います。

私自身、道はたくさんあるし、違う道を選んで息子と歩いていこうと思いました。
でも、息子から学校に行きたいのに行けないとの言葉がでたため、支援を受けることを選びました。
まっすぐな道ではありません。
曲がりくねったすぐ転びそうな道ですが、なんども転びながら起き上がるうちに、後ろを歩いていた息子が私を追い越して、前を歩いていくようになりました。

私はその背中を見て、息子に関わってくださった支援の先生、全ての方に感謝しながら、また息子に「私の子どもに生まれてきてくれてありがとう」と思いながら歩いていこうと思います。

最近の息子…自分が好きになってきたのかな?

少しずつ、上がってきた自己肯定感。
少しずつ、見えてきた自分の将来。
一歩一歩、また転んだり、壁に当たったりしながらでも、自分の人生を歩いていってほしい。

私もまだまだ学ぶことがあります。
今度は息子の足を引っ張らないように、ちゃろさん達みんなと一緒に学び続けていきたいと思います。

ちゃろさん、いつもながら、振り返らせてくれて、ありがとう。
とりとめのない、長い文章読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。
きのこ URL 2011-12-11 09:08  [Edit]

クッキーさんへ

きのこさんの記事、いかがでしたでしょうか。
各家庭少しずつ違いますが、親が子のことを信じて見守る姿勢は同じなのかもしれませんね。

勉強は、登校すると切り離しては考えることのできない問題です。
それでも、一番気にしているのは、息子さん自身かもしれませんね。

親は信じて見守ることからでしょうか。
クッキーさんの息子さんは、中1。まだまだこれからですね。
一緒に頑張っていきましょうね。
ちゃろ URL 2011-12-11 20:13  [Edit]

きのこさんへ

今回、素晴らしい記事をありがとうございました。
たまたま、うたた寝をしてその後に記事をアップしたので、心配をかけてしまったようでhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
ごめんなさいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">

不登校からの受験は、いろんな山がありますね。
はたして乗り越えられるのか?
乗り越えた先は、どうなっていくのか?

その経験を不登校を経験した方の参考にしていただければ嬉しいですね。

これからも、いろいろあるかもしれません。
それでも、親としてまだできることがあると思えるうちは、頑張らないとね。

一緒に頑張りましょう!
ちゃろ URL 2011-12-11 20:20  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。