今年は、冬休みが長いです。(学校は、10日から)
息子にとっては、ラッキーでしょうか。
お正月息子は、ほとんどお昼すぎに起きてきてパソコンの前からはなれませんでした。
元旦に息子にお参りにいこうと誘うとOKの返事。
嬉しくなって、一緒に自転車で近所の氏神さんへ。
ところが、みんな考えることは一緒だったようで、小さな神社なので、ものすご〜い行列でした
それを見て、即帰るとUターンです
また改めてお参りにいってこようと思います。

唯一の予定が、3日の日に私の実家へ行くこと。
私の姉(息子からみると伯母)の家族と祖父母、我が家合わせて総勢10名の食事会となりました。
そんな席で、いつも思うのは、子ども達の変化です。

以前なら娘はムスッとして知らん顔です。
それが、今年はバイトで接客業をしているので、料理のお盆を運んだり会話に参加したりと成長を見せてくれました。

息子は、相変わらず会話はしませんが、場の雰囲気を壊すことなく食事をしているだけでも物凄い進歩です
以前は、ネットからの知識をひけらかすという感じがあり、これが身内でなければひんしゅくという場面が多々ありました
今年は、何を言われても照れくさそうに笑って受け流せるようになっていました。
食事が終わると早速ゲームをしていましたけど・・・
息子も息子なりのペースで少しずつ進んでいる感じです。

祖父母と叔父さんからお年玉をいただいて、何を言われてもOKな息子でした
帰宅後、さっそく電気屋へ走っていましたよ。(イヤホンとIpodの部品を買ったようです)

祖父母にも息子の不登校中は、大変心配をかけました。
あまり詳しく説明はしていませんでしたが、支援を受けたこと・その手法を簡単に説明するとよかったよかったと喜んでくれました。
これだけでも、親孝行できたでしょうか。

高校生のバイトの話もしていたのですが、私はバイトは学生のうちにすることに賛成です。
高校生からでもいいのかも?と思っていました。
しかし、姉(伯母)は異年齢の交わりのデメリットを気にしていました。
確かに、学校以外の世界を覗くことになりそちらへ気持ちがいってしまう子もいるかもしれませんね
ただ、息子の場合は、ネットの世界での異年齢の方とのやりとりもあり、それに比べれば現実の世界での交流の方がいいのかとも思います。

あまり勉強が得意でない息子なので、学校という世界だけで見ていると足りない部分はたくさんありますが、親戚という家族とは違う身内の中で見る息子は、少し違ってみえました。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None