中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

病院ー2

病院のメンタルヘルス科を受診しました
前回12月に初めてみてもらい、この日の予約をしていました。

2月から適応指導教室に行っていることも話します

この日病院の先生には次のようなことを伺いました

 ・病院で何ができるのでしょうか
 ・きっかけがないとこのままですか?
 ・うしろから押してやることは必要でしょうか
 ・『学校』の必要性はどう考えますか
 ・朝起きる・学校へ行くは本人がその気にならないと無理なのでしょうか

先生からは、
  ・家でいても人間関係の経験は止まったままかもしれません
  ・学校へ行けても、勉強・人間関係でつらいかもしれませんね
  ・中1も終わりなのに、小学校6年生程度の人との付き合い方しかできていない感じです

 ・『 広汎性発達障害』の可能性もありますが、検査しないとわかりません
   これは本人が積極的に検査に取り組まないとわからないんです

どうも他人とのかかわりが未熟なようです

同年齢より、上の大人でない人とのかかわる機会が必要です
本人が変わらず、学校へ行ってもつらいだけかもしれない

お兄さん的な役目をしてくれる人、そして息子本人に働きかけてくれる所はないか聞きましたが、
やはり親への対応のみの相談機関が多いようです。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。