支援決断の想い

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

支援決断の想い

新学期が始まった日の朝、出かける途中で中学1年生を見かけました。
ピカピカの制服・ピカピカの鞄、そしてピカピカの笑顔
息子が不登校になったのは、2か月後の6月でした。
なんだか、それを思い出しせつなくなります
今日見かけた子ども達の笑顔がずっと続くようにと思わず祈る自分がいます。


子どもが、不登校になったとき、親はあらゆる方法を模索します。
わが家の息子が不登校になったのは中学1年生。
もう学校へ行かなくてもいいとは絶対思えなかった。
それがたとえ親のかってな思いであろうとも・・・

学校へ相談しました。
学校は一生懸命対応してくださいました。
でも、息子本人が学校にいないのですから、手のだしようがありません。
親をせめるわけにもいきません。
担任・学年主任をまじえての相談・公共機関での心理テスト・病院の診療内科の紹介。
学校は考えつくことをいろいろしてくれました。
でも、学校という枠から出ることのできない学校の先生では息子を動かすことはできません。
ならば、今より悪くならないよう待つしかありません。

6月に不登校になり、親もわけがわからず夏休みに突入します。
親も子もまだ何もわかっていません。
きっと、夏休みでリセットされて、きっと2学期の始業式からは大丈夫だろうと思う細い希望にすがりついていた状況でした。

今ならわかります。
子どもも親も何も変わっていないのですから、たとえ新学期になっても変わることの方が奇跡だということを。
そのとおり、2学期になっても息子は動きませんでした。

学校も、今度は適応指導教室をすすめてきます。
しかし、その適応教室にも息子は行けませんでした。
もう手はありません。
ここで、親は不登校と向き合うことに疲れてしまい、現状を受け入れたといえば聞こえはいいですが、子どもの方から目をそらしてしまいました。
ずっと向き合うことにつかれたのです。
私は、仕事をしていたのでこれ幸いと仕事を理由に使っていたのかもしれません。

中1の6月から始まった息子の不登校はそれなりの安定期に入っていました。
新しい年があけ、2月になった頃、息子は楽しそうに毎日パソコンとゲームをしてすごしていました。
しかし、家族としか会話をしない毎日・
ネット上での書き込みしか知らない世界。
食事は家族ととっていました。会話も普通にします。
リビングにあるパソコンの前ですごしています。楽しい不登校状態です。

ある日、息子との会話がとても違和感のあるものであることに気づきました。
会話のキャッチボールが崩れていました。
一方的に話すだけ。これでは他人との関係を築くことはできない。
息子は小学生からコミュニケーション能力が止まっているようにみえました。
まわりの友達は中学生並に成長しています。
どう考えても、このままでは友達の中へ返っていくことは難しい。

学校という社会は息子の場合は、必要だろうか?→Yes
息子の問題は、きっとコミュニケーション能力だろう。ならば、どうするのが問題解決に近づくのか?→家の中だけではダメだ
私の目標は、息子が元気になることだけではありませんでした。
自分ひとりで社会で生きていけること。親の力がなくても
ならば、実際の社会のミニチュアである学校で息子なりにやっていくことができれば、きっと実際の社会でもなんとかやっていくだろう。
こう考え、再度息子にアプローチをはじめました。
民間のフリースクールも見にいきました。私塾のようなところも考えていました。
息子は、適応教室を選びました。

2月から適応教室に行き始めます。
それでも、行きたい時に行く。時間を守ろうとしない。会話が改善されない。
新学期に期待をかけ適応適応教室からも背中を押してもらいました。
親も精一杯息子の再登校を応援しました。

息子もがんばろうと思ったことでしょう。
それでも、一年近く学校から遠ざかっていた子どもには大きな壁でした。
その壁を乗り越えるか壊す力もありませんでした。

『親としてその力を子に教えてやることができないならば、専門家の力を借りよう』
そう考えての支援の決断でした。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (7)

Unknown

ちゃろさん こんにちは

この記事を読んで、我が家のことも思い出しました。
3年前のこの時期、小6になった長女は1日だけ学校に顔出すものの 結局そのまま行けない日々が続きました。
私も1年以上ちゃろ家のようにさ迷っていて
何かもう限界のような気持ちになっていたのを思い出します。
ただ、この復学支援というものが どうも気になっていました。
一度電話してみようか・・どうしようか・・。

娘は起立性調節障害と診断されているし・・とても悩んだのも事実です。

支援の先生とお話してみて、迷いもなくなり
支援決断→約2ヶ月後には復学させていただきました。
そして、心配していた娘の体調もどういう訳かほとんど問題なく、元気に学校に行けるようになりました。

本当にあの時、決断してよかったと思います。
そして大事なことを思い出させてくれて、ありがとうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">ちゃろさん
juma URL 2012-04-13 15:51  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんにちは!

「親も子供も変わっていないのだから、夏休みがあけても学校へ行くはずがないのです」

そうですよね。。。
親が代われば子供も変わるって本当にそうでした。。我が家も、7ヶ月間は、ほとんど外へでることもなく過ごす息子を見ていて「このまま、社会に出ることもなく大人になったら、この子はどうなるのだろう。。。でもどうやって、しゃかいにもどしてあげたらいいの??」真っ暗闇のトンネルの中に入ってしまったことを思い出しました

今でもは主人と話しますが「あのままだったら、うちの子も、事件を起こしていたかもしれないね」と。。
だって子供は学校へ行きたいと言うそぶりをたくさんみせていたのですから。。。

支援期間とのご縁があって、本当に良かったですね
テンテン URL 2012-04-14 07:04  [Edit]

Unknown

ちゃろさん、こんにちはhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0148.gif">
前回の私のコメ、「独り言」のようですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">にも拘わらず、あたたかなコメ返しありがとうございましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0137.gif">

今回の記事で、私も当時のことを思い出しました。
入学式に向かう車の中で泣いていた二男。
毎年入学式のことがついつい気になってしまい、入学式から帰宅した娘に「泣いてる1年生いなかった?」な~んて聞いてしまいました。
我が家の横の道は小・中学生の通学路になっているので、遅い時間にひとり下を向いて登校する子や、手をつないで親と登校する子がいると気になってしまいます。
みんな笑顔で帰ってきてくれるといいな~って願いながら心の中で見送りますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">

長男と次男が新しい世界に足を踏み入れてから1週間がたちました。
長男は、「高校ってやることハンパなく増えるわ~。」と一言。教科書や副教材の多さにびっくりしたようですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0209.gif">
二男は高校生も一緒の始業式に「高校生荒れてる。ポール蹴っ飛ばしてた。先生に怒鳴られてた。」とカルチャーショックを受けてました。(あと、次男は言いませんでしたが、スカート丈の短い女の子は頭を先生にはたかれたりもしていたようです。まあ、私の時代にもそういったことはあったので…なんですけど、目撃した中学生はかなりびっくりですよねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">)
腰パンお兄ちゃんもたくさんいるようですが、「でもさ、そーゆーお兄ちゃんが優しかったりするかもよ~。」と言うと「そうなんだよね~。○校にようこそ!ってハイタッチしてくれたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">」とhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0139.gif">
自宅から30分の自転車通学も、「普段は優しいけど怒ると学校中で一番怖いんだって。」という担任の先生(信仰からお酒はもちろんお茶なども飲まないという、穏やかな印象しかない先生なのですがhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0198.gif">)や「○クン、超面白くてさ、その子にあだ名がついて、しまじろうになったんだよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0207.gif">」。いろんなお友達との出会いが二男を鍛え成長させてくれるのだと思います。

『この子はこの先どう成長していくのか。家から一歩も出られない状態でどうなっていくのだろう。』絶望しかなかった私に、復学の道は光と笑顔を取り戻させてくれました。
そして、今は支援機関の先生方やちゃろさんをはじめ、多くのお母さん方とつながっていられることは、私に大きな安心感を与えてくれていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
Unknown URL 2012-04-14 11:40  [Edit]

Unknown

すみません。
前のコメントはわたくし、かのんでした~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0199.gif">
かのん URL 2012-04-15 14:30  [Edit]

jumaさんへ

4月の新学期を迎えるといろいろな想いがよみがえりますね。

jumaさんも、支援を迷っていた時期なのですね。
起立性調節障害との診断があり、きっとその迷いも大きかったことと思います。
それを支援の先生とお話しすることで決断された勇気・娘さん達を想う気持ちが今につながったのですね。

このスタートの気持ちがこれからの子育ての土台になるような気がします。
娘さんの体調も順調ということで、なによりです。
娘さんの日々成長されている姿が目に浮かびます。
またその様子も聞かせてくださいね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">

ちゃろ URL 2012-04-17 00:15  [Edit]

テンテンさんへ

なんの根拠もなく、夏休みが終れば学校へ行くだろうと信じていましたね。
今考えると、信じる方が不思議です。

テンテンさんも7か月という期間トンネルの中だったのですね。
もちろん、各家庭によって、必要な時間なのかもしれませんが、不登校期間が短いことは子どもへの負担が軽くてすみます。
渦中の方には、ぜひあきらめずに動いてほしいです。

うちの息子も進路選択の時期に来ました。
先輩であるテンテンさん、これからいろいろ教えてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">。
ちゃろ URL 2012-04-17 00:17  [Edit]

かのんさんへ

名前がなくても、すぐにわかりましたよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif">

かのん家は、通学路のそばなのですね。それは、気になります。私なら覗いちゃうかも・・・http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

長男くん、次男くん、それぞれの新しい環境にも慣れたようですね。
そうした様子が息子さんたちの口から聞けることが、かのんさんが続けてこられた家庭教育の結果ですね。
素晴らしい~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hakushu.gif">。
私は、今だに息子から話を聞きだす時は、いろいろ心の準備をしちゃいます。

次男くんカルチャーショックですか(笑)
腰パンも短いスカートも慣れて自分の中で取捨選択していくのかな。
高校生になったらやってみようと思っているかもしれませんよ(笑)
次男くんは、自転車通学ですか。体鍛えられますね。

本当に学校という社会でいろんな経験をしてほしいと親は見守るのみですね。

私の方こそ、ブログというツールのおかげで、かのんさんをはじめ全国の方とつながっていられることのありがたさを日々実感しています。
どうぞここからもよろしくお願いしますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">。
ちゃろ URL 2012-04-17 00:19  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。