不登校を経験した子は、どんな進路に進んでいるのでしょうか?
もちろん、早い時期で克服した場合は、大きな差はないかと思います。

では、息子の場合はどうなのか?
中学校で不登校を経験し、他人とのコミュニケーション不全を起こしていました。
1年間の不登校の後、中2で復学させてもらい中学校で2年かけて学校という場でもまれながら、少しは空気を読んだり、他人との距離の取り方などが見えたように思います。

勉強は、どうしても欠損部分が大きく尾をひいていました。
自主学習の習慣もできていません。
テスト前の勉強の仕方も知りません。
暗記の方法もよくわかりません。
そんな状態でしたので、高校へ進学できたことはとてもうれしかったです。
高校の先生方のおかげで、赤点をとりながらも高3まで進級できました。
でも、やっぱり勉強は嫌い。ゲーム大好き。

もし、高校を卒業することだけが目標であれば、息子は良く頑張っていいます。
しかし、実際問題として、卒業して終わりではありません。
また、大学に合格して終わりでもありません。

私の目標は、息子が社会に出てお金を稼いで自分の力で生活していくことです。
そのためには、どの道を選べばいいのか?
親は、自分の知っている道しか考えることができません。

できるだけ、親の想いを押し付けないこと。でも、いろんな選択肢をしっかりと考えてほしい。
まだまだ過干渉なのでしょうね。

この一年間で、いろいろ親の想いが先走らないよう見守っていけたらと思います。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

スポンサーリンク

 
 タグ
None