息子の進路のことで、いろいろな方に助言をいただきました。
今考えると、最初は、「どの学校(大学・短大・専門学校)にするか」「どの学校なら入れるのか。」これに頭が固定されていたことがわかります。

目の付け所が間違っていることに気づかせてもらいました。
進学という入口の心配も必要ですが、出口の就職ということも併せて考えることが大事だということです。

今までは、学校という社会のミニチュアで裾野を広げる(いろんな経験をする)ことが第一でした。
ここからは、具体的にあと2年もしくは4年で今までに身につけた力を社会で通用するレベルにすることができるのかという視点がいります。

たとえば、4年生の大学に合格したとします。
あの勉強の嫌いな息子が、入試というハードルを越えるために努力をしたことは大きな価値があります。
そして、大学という社会に出るまでの猶予期間が公に与えられたということになります。
自分で履修手続きをしたり、友達をつくる努力をしたり・バイトするといった経験で、人間的な成長が期待できそうです。

では、卒業時点での状況は?
たとえ情報系の学部であっても、IT関係の就職ができる子が何人いるのか?
情報学部=IT企業に就職ではありません。
男の子なら営業か販売なども多そうです。
企業は、利益をだすことが第一。
就活で、自分を相手に売り込むということができるのか。
20も30も面接に落ちて、なにくそと頑張る根性があるのか。

今の時点の息子には、就活を乗り越える(自分を売り込む?)力も自身もたりません。
大学生活での経験で伸びる力が、就職を勝ち取るというハードルを越えるほどになるのか。


就職のための技術を学ぶ専門学校はどうでしょうか?
本当にその専門で食べて行くことができるのか。
息子自身がその仕事に向いているかどうかはわかりません。
好きなことが、お金をかせぐ術になるとは限らないからです。

でも、好きでないと続きません。
今の段階でこれが好きだからと選ぶのも一つの方法です
これが嫌いというものをはずしていって、残ったものを選ぶ方法もあります。

専門学校は、入学が簡単だが、やめていく場合もあると聞きます。
この仕事でなんとか食べていくんだという強い意志が必要なのかもしれません。

学校・塾の進路指導は、成績が判断基準でなるべく偏差値の高い所をめざします
これが、息子にあった対応かどうかと考えると、それだけでは足りない感じです。
学校・塾は大学や専門学校の入学までしか考えませんが、親はその先の可能性を考えることも大事な気がします。
○○大学に合格した。それは、親としてとても嬉しいです。
しかし、問題を4年後に伸ばしただけなのかもしれません。

無口で、他人に自分の気持ちを説明するのが苦手。
それでも、与えられた仕事は文句を言わずに黙ってこなしていくことができる。
他人のことを想いやれる優しい部分もある。
友達もいるが、初対面の人と誰とでも気安くしゃべりかけることは苦手。
体格は、大きいけどインドア系の息子。

こんな性質の息子だからこその、アドバイスをいただきました。
すべての方にあてはまるわけではありません。

最初は、息子がやってみたいと思う方向で仕事とすることがいいのかと考えていました。
しかし、実際にそれでお金を稼ぐと考えると、息子に向いているのか??
もう少し、いろんな種類の仕事に目を向けることも必要かなと感じています。
息子自身が、親の想いを覆すくらいの強い「やりたい」と言う気持ちをもっているなら、もちろん親として応援したいです。

どんな仕事でお金をかせいで生活していくのかを、本人が考えることからでしょうか



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう
進路は本人が考え親は見守るだけでいいよね。でも気になるんだもん。という方ポチしてね

スポンサーリンク

 
 タグ
None