最近息子が、だんだんふくれてきたように感じます。
横に・・・
もともと、ぽっちゃり体型の息子ですが、最近はますます

で、体重を測らせてみました。
息子は、体重を素直にはかるのですが、『何キロ?』という問いかけには、ごまかします
やっぱりお年頃ということでしょうか。
でも、今の体重計には、メモリー機能というものがあるのです。
そこまで、思いいたらない息子はまだまだですね。
なんと、4月から5キロも太っています

その弊害でしょうか。
この間、息子が足首を痛めて帰宅しました。
話を聞くと、階段を下りる時に、着地で失敗。足の裏から地面につくところを足首でついてしまったようです。
保健室で手当てをしてもらい、でかい足に包帯を巻いて帰ってきました。
捻挫のようですね。
一日じっとしているとマシになったようです。
でも、これも体重増加の弊害かも・・・

もう一つは、息子の愛用の自転車がパンクしてしまいました
息子が外へ行く時は、どこへ行くのも自転車です。
以前は10キロ20キロは普通に自転車で出かけていました。
そのため、太ももがよく発達しています。
その自転車も、とうとうパンクしてしまったようで、
息子の重さに耐えきれなかったのかも


不登校中に太りだし、運動しない1年間は確実に息子を肥満体型にしました。
不登校だからといって、みんなが太っているかというとそういうわけではないですね。
要するに、運動が嫌いで食べることが好きという性格と、
家から出ない生活で拍車がかったようです。
不登校中は、なんと体脂肪が40%超えていました。(恐ろしい〜
今は、筋肉もついていますので、もっと減っています
そして当時とは逆に、なんとなく今の生活が楽しくて、楽なんじゃないかと

いつも日曜日は、家から出ずにパソコンの前にずっと座っています。
好きなものを食べ、好きなことをする。
ノンストレスの生活は、体重増加に拍車がかかったのでしょうか
これから進路問題でのストレスを、食べることで解消しないようにしないと怖い結果がきそうです
健康のためにも、ちょっと(自分で)気をつけてもらいたいものです

肥満体型の息子ですが、良い面もありました。
それは、不登校から再登校し継続登校中のこと。
やっぱりクラスの男子からからかわれることもあったみたいです。
それでも力だけは強かったので、なめられずにすんだのかも?

高校入学時も、クラスの男子のからかいに、壁を殴ってみせたことがありました。(『写メ事件』の効果は?
きっと、ここで中学時代の継続登校で得た経験が役にたったようです。
男の子ですから力を誇示することで、はぶられない空気を作ったということかなと
なかなか、子どもの世界も大変ですね。
太っていて、マイナスな面もありますがプラス面もあったということ。
でも、これからお年頃の男の子にはマイナス面が大きいでしょうか。

運動してもらいましょうね





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう
「もう少し痩せなさい」というと、「お母さんもな」と返される(汗)

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None