日曜日に関東のFHE(ファーストホームエデュケーション)の親の会に参加させてもらいました。
関西から押しかけた私を、関東の皆さんは温かく向かえてくださいました
こちらは、藤本先生もこられて総勢11名。
なんと、先生へのサプライズのお祝いもあり、なんとなくオシャレな会となりました。
先生のビックリと嬉しいが入り混じったお顔が印象的です(笑)

今回アールグレイさんが、お声をかけてくださり、会場の手配などもすべて仕切ってくださり楽しい時間をすごせました。
最後までお付き合いいただき、FHEのあんなこともこんなこともお話ししてきましたよ

このブログで復学日を書かせていただいたあんずさんもこられていて、
思わず、お会いして嬉しくてハグしちゃいました。
息子さんのお写真も拝見して、その立派な体格にびっくり(身長が高いの
みなさん、辛い時期があり、そして頑張った経緯があるからこそ今の素敵なお顔ですね

Kさんには今までの軌跡を聞かせてもらい、母の愛の深さに感動しました。たくさん勉強させてもらいました。
みみさん・なつみさん・Nさん・Uさん、いろんなお話をありがとうございました。
ちーこさんも、一緒に関西から参加してくださいました。

支援開始直後の方もおられ、きっと緊張されていたことと思います。
私のブログもご存じだったようで、うれしいびっくりです。
支援開始直後の、不安な気持ち・本当に復学できるのかという気持ちもよくわかります。
私ももちろん、経験しましたもの(笑)
みなさん、大きな声では言われませんがたくさんの方が支援を受けておられます。たくさんの方が支援を卒業されています。
藤本先生も、自分の成果は○○ですとは言われません。
でも、先生にしていただいたことを私達は知っています。

どのご家庭にも、たくさんのドラマがあり、それとむきあっている皆さんがとても輝いていました

1次会・2次会と参加し、最後はお蕎麦屋さんで軽く食事をしながら(たぬき蕎麦にビックリ)、FHEの噂話を・・・
本当に関東の皆さんも、関西の皆さんも素敵な方たちです。
21時の新幹線で帰阪しました。
なぜか関東弁?がうつってしまったようです。関西弁を移すことはできなかったかな


今、息子は高校3年生。
復学支援を受けた時は、中2でした。
中学生時代は復学支援から継続登校・高校受験のサポートを
高校入学後は、家庭教育支援を
そして今社会にでる一歩前の地点での、進路のアドバイスを先生にいただいています。

いつも不登校の対応にセオリーはないという先生です。
その子どもに合った、対応をアドバイスくださいます。
なので同じ問題でも、ここの家庭はAだけど、こっちの家庭はBという場合もたくさんあります。
先生の守備範囲の広さと、経験の深さに毎回驚かされます。
この日も2次会の最初でタイムリミットになった先生です。
そこから、又支援に入られたのでしょうか。
最後に先生から、それぞれの家庭へアドバイスをいただき、直立不動で聞いた私たちでした(笑)

親の会では、周りの友人には、重すぎて話せない不登校の話題も、思う存分話せる嬉しさがあります。
普通の知り合いから必ず返ってくる、「待っていたら大丈夫。」「そのうち、動き出すよ。」
この言葉に、落胆を覚えたのは私だけでしょうか。

関東の皆様、今回は素晴らしい会に参加させていただき本当にありがとうございました。
また機会があれば、ぜひお目にかかりたいです。
そして、お忙しい中顔を出してくださった藤本先生、ありがとうございました。

わが家が今進路のことを悩むことができるのも、支援を受けたからこそです。
これからも、子ども達の自立へ向けて頑張ります






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None