少し前になりますが、夏休み前のことです。
振出しにもどった息子の進路(二歩目から振出しへ戻る)ですが、一学期の期末テストがあり、ちょっと小休止という感じでした。
親は、一学期の期末まで評定に入るので、頑張ってほしいという想いでしたが、やっぱり息子は変わりません。
テストが終わり、早速3DSに没頭していました

前回の日記にも書いたように、担任の先生から付属短大の福祉は無理という言葉が息子に入った状態です
実際にどうなのかを学校に確認したほうがいいのか?
無理ならば他の福祉の道を親が提案していいのか?
この2点で親が動くべきか?

息子の学校は、年間計画表をみると三者懇談は10月です。
しかし夏休みどう動くのかという問題もあります。
塾も方針を決めないと夏期講習がいれられずに困っています。
息子の口からは「付属の福祉はおまえには無理といわれた。だから塾の講師の先生が勧めてくれた情報の専門学校へいく」と
親としては、息子の話をそのまま信じるわけにもいきません。

先生にも相談し、学校との面談とオープンスクールの手筈を整えました
付属の推薦も視野にいれるのなら、そろそろリミットがくるはずです。

担任の先生と進路担当の先生に面談をお願いしました。
まず、息子が担任から「実習があるからお前には無理といわれた」という経緯ですが、やはり福祉は必要な評定が高かったということでした
付属短大のビジネスコースも現時点では0.1足りない状態ですが、福祉は0.3足りない。
ビジネスならなんとかできるという感じでした。

担任に
付属の介護がダメでも他の短大の福祉も考えてほしいと思っている
専門学校は卒業と同時に社会で通用する技術をみにつけさせるためにかなり詰め込んだ授業をこなさないといけない。
情報の専門学校は、授業内容がついていけるのかの不安もある。

こんなことをあれこれお話ししてきました。
担任も、そんな未来のことを心配されたって・・・という感じだったでしょうね

進路の先生は、
『高校生で就職のことまで考えている子は少ないです。
実際に就職希望している子でも、まだまだです。』
とのことでした。

息子の高校の場合は、こんなもんなんだと言う感じです。
これが、進学校なら推薦をとるのか、国公立をねらうのかという選択になるのでしょう

担任も、息子の特性をよく理解してくださっていました。
高校生活は楽しく送っているが、うまく伝わらないことなどがあると、多少パニック気味になること(頭かきむしり)。
まじめなこと。
担任にいろいろ話してくれること
良い面・悪い面含めて伺いました。
進路の件も、あまり言いすぎても息子には良くないと察してくださったようで、アプローチの方法を考えあぐねておられたようです。
息子自身が、ぐるぐるしてしまってどうしたらいいかわからない状態だったのかもしれませんね。
懇談の続きは、また次回。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

スポンサーリンク

 
 タグ
None