進路〜どうやって道をしぼろうか

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

進路〜どうやって道をしぼろうか

夏休みの始まりの時点で、息子の進路は付属短大の可能性がなくなり、専門学校へと絞られました。
4年制大学は?と息子に聞くと、どっちでもいいかな?程度の意識でした。
一度は、福祉の道へ進もうかと考えた息子ですが、付属の推薦が無理となった時点でどうするのか・・・
情報の専門学校にも興味があります。
附属短大と同じような福祉の短大もあります
福祉の専門学校もあります。

まず短大か専門学校か?
短大は、ゼミがあって大学っぽい感じや建物がキレイといったことがプラスになることもありますが、息子の場合は特に意味はないようです
ならば、仕事に直結する専門学校を視野に入れた方が良いかもと思います。
私自身が、なんとなく短大の方がまだ大学生っぽい感じがしていいかも〜?という想いがありました。
でも、息子の場合はそんな甘っちょろいことを言っていたのではいけないということですね

そして、方向は福祉か情報か?
息子に福祉の専門学校のオープンスクールの話をしました。
母 「22日にオープンスクールあるよ。」
息子「どこの?
母 「福祉の学校」
息子「福祉って忙しいんやろ」
母 「そら資格とるんやから忙しいよな
息子「うん・・・いいよ
意外に反発せずに納得しました

息子の言葉で気になったのは、
福祉は忙しい→これは担任の実習が大変というところから入った言葉からきているのかもしれません。
じゃあ、情報は忙しくないと思っているのか?
まだまだ、情報に関する内容もあいまいなようです

専門学校は就職と直結しています。入口が違うと仕事も変わってきます。
専門学校へ行って、『楽しかった。』で終わりではありません。
やはり就職のことを視野に入れる必要があります。

忙しい学生生活だったのに就職がないのは困ります
忙しくない生活はないと理解してほしいです。
成績が良い場合は違いますが息子は勉強が嫌いです
次のステップで高校卒業したあと、忙しいけど身になる忙しさを選んでほしいです
就職がかってくるのですから、楽ちんな学生生活はありませんね。

この時点で、ここからは・・・
福祉の専門学校を見に行く

情報の専門学校を見に行く

訪問の先生に入ってもらって、本人と一緒に調べる

方向を決めていく

専門学校は、大学より就職を目標においている部分が大きいように思います
ただし、退学率がどれくらいかは聞いてみたいところです。
仲良くなった子がやめると引っ張られる可能性もあります
このあたりの、注意も必要なようです
 
大抵の受験生は、自分のレベル(偏差値)にあった大学に進むという感じだと思います。
もちろん、なりたい職業があればそれにそったコースになりますが、4年後のことまで考えているのはほんの一握りでしょう。
大学に入って、成長する部分が大きいことも事実です。
しかし、息子の場合は、希望的推測(大学に行ったら成長するだろう)だけで安心できない部分があります。
息子自身は、まだまだ働くということがどんなことかわかっていません。
それでも、漠然と仕事してお金をもらうんだという感じでしょうか。

その翌日、仕事中に息子から電話がかかってきました。
息子「明日、情報の専門学校の見学行こうかな。どうやって申し込むの?

明日〜?という感じですが、自分から行ってみようと思ったことは進歩です。
結局、行き方がわからないから、再来週のオープンスクールにすることに。

自分でさがして、
自分で行き方を調べて
自分で行ってみる
普通のことが、なかなかできない息子ですが、少しは進路のことに目を向けたということだけでもOKでしょうか





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう


スポンサーリンク

 
 タグ
None

コメント (4)

Unknown

>息子「明日、情報の専門学校の見学行こうかな。どうやって申し込むの?」
にちょっとクスリとしてしまいましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0139.gif">(ちゃろさんのツッコミも含めてhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">)
ここに絵文字がコピーできなかったけれど、記事の「エヘ」つきの絵文字がかわいくってhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">

自分から動く気になったhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0151.gif">
すごいですよ~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0145.gif">
オープンスクールでなにか手ごたえを感じられるといいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_fine.gif">

前に書いたことがあったかと思いますが、私の姪っ子(おかげさまで旦那さんそっくりのhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">男の子がうまれましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyos.gif">)は医療系の専門学校に行き、通常より1年早く卒業できるコースを選び、しんどくなってバイトのほうへ流れてしまいました。
今は幸せに暮らしているのでいいけれど、やっぱり結論を出すまでは私の兄とかなり揉めたようですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">
私は保育系でしたが、実習を重ねていくなかで、「資格は取るけれど、就職はしない」という道を選んだ友人もいます。

実際に勉強し、現場に出てみて自分の適性に気づくといったこともあるのだと思います。(なんかエラそう?ごめんなさい~http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0162.gif">)
まずは、息子さんの関心のあるところから道を絞っていけるといいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_fight.gif">
応援していますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0230.gif">
かのん URL 2012-10-16 08:34  [Edit]

すごいですね。

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0001.gif">今日は良い天気ですね。
息子さん情報系か福祉系かで迷われているのですね。
福祉系だと介護福祉士の資格を取る専門ということになるのでしょうか??僕も介護のお仕事をしていますが、結構きつくて辞めて行く方が多いです。特に男性は入浴介助等で体力を使うことを期待されるので尚更です。
そんなことと思われるかもしれませんが、体力面で自信があるか???というのは選択するうえでも基準になるのではと思います。昔働いていたところは少し不穏、になられる利用者さんを柔道の投げのように投げたり、喧嘩したり、一度は、どう考えても殴られたとしか思えない怪我が目にあったこともありました。

福祉に進まれるなら、学校ももちろんですが、職場も良い職場を吟味しなければ大変だと思います。

情報系ですが、コンピューターですか、、、
どんなジャンルですか、ホームページ作成者ですか、シスアドですか、、、???情報系といっても色々ありますよね。今迷われている最中なのでしょうか???

福祉でも情報でも良い専門が見つかると良いですね。
応援しています。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0025.gif">
宮坂拓哉 URL 2012-10-16 10:19  [Edit]

かのんさんへ

本当に息子の突然の電話には驚かされます。
なぜ明日なの~とhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

あの栗坊みたいな「えへ)は息子そのものでしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">
まだまだ緊張感も何もない息子ですね。

姪御さん、おめでとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">。
医療系の学校は、やはり忙しいのでしょうね。

実際にやってみないとわからないというのが、本音ですよね。
でも、決して無駄になるということはないと思っているので、息子自身がどんな決め方をするのか?
訪問の先生にもお力添えをいただいて、親は口出ししすぎないように見ていこうと思います。

口出ししすぎていたら、チェックしてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">。
ちゃろ URL 2012-10-22 12:42  [Edit]

宮坂さんへ

初めまして。
数あるブログの中からこちらへきていただきありがとうございます。
そして、コメントまでいただけてとてもうれしいです。

宮崎さんは、ご自分の経験なのですね。
私は親の目線からの記事になるので、それは違うだろと思われる部分もあるかもしれません。

今、実際にお仕事をされ頑張っておられる様子をブログで拝見しました。
うちの息子も、何年後かに宮崎さんのように頑張ってくれるように願うばかりです。

息子の進路は、福祉系はなかなか大変なのもよく聞きます。(自身が医療系の分野なので)
体力はある息子なので、力仕事はOKです。
ただ持久力はないのが問題でしょうか

それでも、一度チャレンジする価値のあることですね。
情報系は実際に見てみないとわからない部分が多いです。
どちらになっても、息子の目で見て感じて決めてくれたらなと思います。

ぜひこれからもいろいろなことを教えていただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします
ちゃろ URL 2012-10-22 12:43  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。