7月末のことですが、息子が情報の専門学校の見学に行ってきました
私も行ってみたかったのですが、外せない用事があり息子一人での予定でした。
はたしてちゃんと息子が行けるのか?
耳に心地よいことだけ聞いてその気になりはしないか?
こんなところからの問題がありました。
その直前に訪問でN先生が来てくださった時に、話題が出て同行していただけることになりました。
当日はお休みの日にも関わらず心よく了承してくださり感謝の言葉もありません

当日11時半に途中の駅でN先生と待ち合わせです。
11時頃にN先生が息子に連絡をとってくださると、つながらなかったようで、
「寝てるのかと思いました〜」と・・・
すると、11時半頃に息子からN先生へ電話が入り、無事に合流できたようです。

情報の専門学校は、とてもたくさんあります。
どの学校も、コースが細分化されている感じです
息子の場合はプログラミングをしたいという下地があったので、SEのコースのようです。
映像のコースやゲームのコース。その中でもまたわかれて・・・
というように、入口が違うと全然違う勉強になります。

専門学校で、いろんな説明をうけて、息子は体験授業へ。
息子の感想は、『最後の方ちょっと難しかったけどわかった』と。
メモリースティックをもらったと嬉しそうでした。

N先生は保護者対象の質問会に参加してくださいました。
勉強についていけるのか?
退学者はどれくらいいるのか?
就職率は?
と言った部分を聞いてくださいました。

退学者はいるが5〜8%
やる気がない・やんちゃ系・しぶしぶ来た子がやめていくそうです。
留年もあるそうですが、成績でというよりは出席率・遅刻・欠席が原因だそうです。
毎日登校していれば後は学校の方でフォローしますとのことでした。
就職率も、3月時点で95%。4月で100%。大手ではないが、中堅企業が多いそうです。
県外になると、難しいが地元の企業に強い。
情報関係で入っても営業などをさせられることもないとはいえないが、基本は職種に応じたものだということです。
SEが中心で6割くらいは求人がくるそうです。もう1年のうちから、就職を見据えての授業もあり、さすが専門学校という感じです。
ゲーム系のコースは、やはり就職が難しいようですが息子の希望するSE系は、就職がないことはないということです。

大手の専門学校などは、人数が多いので名前も覚えられないことや、きちんとした知識を身につけられずに社会に出てしまうのが心配と言われていました。
ここは小規模なのでその辺も手厚くみてくれそうです。
一クラス20人くらいで、おとなしい子や方向性がしっかりしている子が多いそうです。

資格も平均して4〜5個くらいはとっているらしいです。
平均というところが・・・
息子が、資格のための勉強と普通の授業を平行してやることができるのかはやや疑問ですが・・・

見学の翌日、息子に聞いてみました。
「かなり楽しかった」と。
息子から詳しくはきけなかったのですが、「難しくて無理 」ということはなかったということですね。
在校生が手伝いにきていたようで、オタク系の子・普通の子いろいろだそうです。
結構女の子もいてたらしいです。むこうの先生が参加者同士話しができるように仕向けてくれていたそうです

息子の感想が、「暑くて・寒くてしんどかった〜
外を歩いていると暑くて、クーラーの効いている所は寒かったということでしょう。
普段あまり出歩かない息子なので、かなり疲れたようです。

福祉と比べてどうだった?と聞きたいところです。
はたして、聞いていいのか迷いましたが、聞いてみました。
『う〜ん、ちょっとこっち(情報)かなぁ。でもそっちもなぁ・・・』と。
話を聞いた感じでは、「もう福祉は無理」という様子でもなく、
情報と福祉が同じテーブルにのっている。五分五分という感じにみえました。
『福祉に行って資格とってから情報もありやんなぁ・・・』とも。(卒業時にもらえます)
もちろん、情報へ行って、福祉に行くという道もあるわけですが、こちらは、国家試験を受けないと資格はとれません。
(実際に働かないと資格は意味がないということは、黙っていましたけど・・

福祉と情報は、ほぼ真逆の世界。
息子は、今回の体験授業で初めて専門的なプログラムの授業を受けた感じです。
何か思うものがあったでしょうか。
進路に関して、保険はほしいところです。
失敗した時のために資格をとっておいたら食いっぱぐれない。
とつい親は思ってしまいます。
N先生からも、『まだ決める必要はないけど徐々に決めていかないといけませんね。』と言ってもらいました。

息子が以前言っていた、ホームページを作りたいということは、どうなったのか聞いてみました。
どうやら、息子の中でホームページはいろんな分野の人と協力して作らないといけないものだとわかったようで、息子の頭の中からはなくなったようです

今回の見学で、学校自体は安心できそうだと感じられました。
息子の中で情報ならここ。福祉ならあそこ。という2択となるかもしれません。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

スポンサーリンク

 
 タグ
None