息子は高校3年生。
4月からは専門学校へ進学が決まっています
センター試験を視野にいれている受験生は今が正念場ですね
しかし、進路の決まった息子はいたって気楽に楽しくすごしています。
それが、よいのかどうかは、おいておきますが・・・

親の目から見ると、時間のある今だからこそ、いろいろなことをやってみれば?と思うのですが、それは親の考えであって、息子の考えではないということだと考えるようにしています。
以前は、そうは思えず息子にいろいろ提案したり、たくさんの口出しをしていました
でも、支援を受けて家庭教育という観点でみるようになると、私のしてきた息子への対応は、小学生への対応。
そして、私自身が安心したいための口出しが多かったのだと理解しています。

中学生になってから不登校という問題にぶつかり急激な方向転換を余儀なくされた我が家はまだまだぎこちない部分もあります。
家族で話しあいをするなんてことも習慣にありませんでした。
でも、子供が思春期に入ると、家族で話をしないといけない場面がでてきます。
その下準備として、子供が小学生の間のしつけや中学生の間の子どもからの話しをそのまま聞くということが大事な土台となっていくのだなと思います。

バイトをしてみたら?
運転免許をとってみたら?
部屋を片付けて新生活に備えたら?
早寝・早起きの習慣をつけたら?

どれも、親御さんなら一度は考えることかもしれません。
息子は、どれもやろうとしません。
親から声だけはかけました。もちろんそれ以上はいいません

親の目からみて、息子の懐具合もあまり豊かでないこともわかります。
ほしいものがいろいろ出てきているのも・・・
ほしいものの値段が高くなっているのも・・・
お年玉でいくらかいただいたようです。
以前の息子なら、ゲームを買って、課金してそれで終わり。
今年は,慎重に考えているようで、その点だけでもちょっとは成長していますね。
パソコンがほしい。キーボードがほしい。携帯が・・・
どれも金額の大きなものです。

バイトをしたら?
親からは反対しないよとだけ言ってあります。
でも、息子からは『そうやな』というだけで、動く気配はありませんでした。

そんな息子が2〜3日前に、
『バイトって、どんなんがあるかなあ
こういってきました
実際にネットで【短期・高校生】と検索をかけてみたようです。
でも、これも慣れてないとハードルが高いです。
「友達はどうなの?」と話しをふり、「ちょっと聞いてみるわ」と
親の目からは、息子に接客は無理じゃない?倉庫の作業とか会場設営とかは?と思うのですが・・・
これも、実際に息子が自分でやってみて、自分にむいているむいていないとの判断をしないといけませんね

日曜の求人チラシに節分の短期バイトがありました。
そこは、私も以前に行ったことがあります。
1日6時間で6000円
問題は自転車で30分くらいかかることでしょうか。

息子にチラシ見た?と聞いてみましたが、
『もうちょっと見て見るわ』との返事

(ここからは私の心の声です)
バイトも早い者勝ちなんだよ〜
確かに息子の立場に立って考えると、
全然知らないところに電話をしないといけない
どうやって話たらいいのか
面接ってどんなの?
こう考えるとおしりも重くなりますね。
友達と一緒にバイトデビューなんてのがいいのでしょうか?


周りの方には迷惑をかけることもあるかと思いますが、
今のうちに、いっぱい失敗してほしいなと思う今日このごろです






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None