学校へ行かせたいと思うのは親のエゴなのか?〜今道を探しているあなたへ

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

学校へ行かせたいと思うのは親のエゴなのか?〜今道を探しているあなたへ

子どもが不登校になる。
全く想像もしていなかった事態が起こったと言う感じでした。
まさか、うちの子が?
どこかよその話だとおもっていた。
私は、そう感じました。
それでも、かわいい我が子です。本当にいろいろな道をさがしました。

今まさにその状態のAさんからこんな質問をいただきました。


【Aさんからの質問】

わからなくなって、混乱しています

ありのままの息子を認める、受け入れる、って何だろう、って………
行けない、動けない、その状態の息子を認めるって事?
ありのままの息子を認めてないから 迷っているの?私は?と。
ありのままを認める、わからない

学校に行く中でたくさん経験してほしい、
傷つく事、楽しい事、含め色々な体験、経験積んでほしい、って思う私は
今 家にいる息子、ありのままの息子を認めてないの?
エゴ、親の価値観を押し付けようとしてるの?

自分を責めてしまっています
私がこんなだから動けないんじゃないか………って………



Aさんの息子さんは中学1年生です。
息子さんが中学入学後、クラスメイトとのトラブルから五月雨登校になり、不登校に。
Aさんの息子さんは、「学校に行きたいのに行けない」といいます。
Aさんも息子さんのために、どうすればいいのか一生懸命むきあっています。
そんなAさんに心からエールを送りたいです

このコメントに何人かの不登校を経験した親御さんがコメントをよせてくれました。
それを、今同じように渦中で道を探している方の参考になるならと記事にいれることを了承をいただきました
ご紹介したいと思います。



≪ティカさんからのコメント≫

学校に行っていない子どもの姿は認めたくないですよね。
その行動は親として認めるわけにはいかない。
でも、行くことができなくて苦しんでいるのなら、その気持ちに寄り添って、一旦、受け取ってあげる。
何故そう思うかを理解してあげる。
気持ちは受け入れるけれど、行動は認めないという姿勢。
私はそう思っています。

息子さんは学校に行きたいのだと私は感じます。
だから、学校に行っていない姿を親が認めることは息子さんの気持ちに反しています。
息子さんも学校へ行きたい気持ちを吐き出せなくなると思います。
息子さん自身も自分の今を認めていないと思います。
だから、どうか諦めないで!

偽りのない気持ち、吐き出してくれてありがとう!
まずは親が気持ちを吐き出せることが大切だと思います。じゃないと、息子さんも吐き出せないものね。
今が辛い時だと思うけれど、どうにか踏ん張ってね。Aさんの気持ち、息子さんにきっと届くと思います。


≪ちゃろからのコメント≫
もちろん、私も同じようなことを考えたこともあります。
親が学校にこだわるのは、親のエゴなんだろうか?と。
私自身は、子どもが生まれたその瞬間から、子どものことを第一に思ってすごしてきた母ならば、親のエゴが入ってもいいんじゃないかと思っています。

子どもへの最終目的は何か?
自立すること。親がいなくても生きていけること。

自立に向かう道は一つじゃない。
舗装した道もあれば、そうでない道もある。
自分の子どもがどんな道でも進んで行けるタイプなのか
ある程度のレールが必要なタイプなのか

ちなみに、うちの息子は特異な才能もなく、決められたレールを歩くタイプ。
そして、他人とコミュニケーションをとることが苦手。
だからこそ、学校が必要と思いました。

じゃあ、学校へ行くためにはどうすればいいのか
たとえば、計算問題ができない子に、なんでそんな簡単な問題ができないのと言うのではなく、何がわからないのか?どこでひっかかるのか?
解決するための手助けをすることは大事ですよね。

ありのままの子どもを認めるということは、行けないと言う気持ちを認めることであって、学校へ行かなくてもいいと認めることではないと思うのです。
親も不完全な人間なんだから、親の気持ちを全く排除しなければいけないと言うわけではないと思います。

色々な道を探って、息子さん自身が学校を選ばない選択をするのなら、それを受け入れることが必要な場合もあるかもしれない。
それでも、子どもだからこそ先を考えられないということも親は想定しておくべきと思うのです。
子どもは、目の前の見えることだけしか見えません。
見えない部分も含めて考えるのが大事なのかと思います

親は子どものことを想っていろんなことを考える・道を探す。その過程が大事なんだと思います。




このAさんの気持ち、不登校を経験した親なら一度は思うのではないでしょうか。
もちろん、私も考えました。
そして、じっと息子を見て、この子に最善の道は・・・と考えました。

その答は、家庭の数だけあると思います。
何が正解か?間違っているのか?
これはわかりません。
あくまでも、自分の経験に基づくコメントです。
正しいものもそうでないものもあるかもしれません。

それでも、子を想う母の気持ちは伝わるのではないでしょうか。

他の方のコメントも次回紹介させてください。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。