前回の記事の続きです。
今渦中にいるAさんからの質問と皆さんからのコメントです

【Aさんからの質問】

わからなくなって、混乱しています

ありのままの息子を認める、受け入れる、って何だろう、って………
行けない、動けない、その状態の息子を認めるって事?
ありのままの息子を認めてないから 迷っているの?私は?と。
ありのままを認める、わからない

学校に行く中でたくさん経験してほしい、
傷つく事、楽しい事、含め色々な体験、経験積んでほしい、って思う私は
今 家にいる息子、ありのままの息子を認めてないの?
エゴ、親の価値観を押し付けようとしてるの?

自分を責めてしまっています
私がこんなだから動けないんじゃないか………って………




【ハルさんからのコメント】

息子くん、行きたいけど行けないって感じがしたの。
行けない事を認めるんじゃなくて「行きたくても行けない」事を認めてあげて欲しいかなって思ったんだよね。娘も全く同じなんだ。
行きたい、頑張りたいと思うけど、小さな事が不安で前に進めない日があるの。
でも娘にとっては小さな事じゃないんだよね。
だから悩んでる。苦しんでる。
他の子の様に学校生活を楽しんで欲しいし、そこで沢山の事を学んで成長して欲しい。
でも今の娘にはハードルが沢山あるのも事実なんだよね。
やりたくても不安で立ち止まってしまう。
その現実は認めざるを得ないって思っている。

じゃあどうしたらいいのか?
それは私も迷っているし、沢山相談にものってもらっている。
正直これでいいのか?と悩みながら進んでる時もある。
でも息子くんは動きたいって思っているとは思う。
背中を押す、環境を整える、色々ある。
誰かを頼ったり、相談したりも必要だと思う。
だけど親が見極める事が大事なんじゃないかな?とも思う。

悩んで苦しい気持ちよくわかる。
私も不安で吐き出させてもらって楽になったよ。
まだまだ不安だけど私もがんばるからね。



【りりせさんからのコメント】

自分を責めてしまう気持ち、考えれば考えるほど堂々巡りになってしまうこと、そういう思いを不登校を経験した親は何度もしてきたと思う

ありのままを受け入れるって、全部を肯定することではないよね。
ダメなことはダメって言えないと… 。
ただ、子に付加価値を求めない、存在自体を認める、愛することなのかなって感じる。
息子くんは学校に行きたくても行けないのだろうから、その葛藤や苦しみを受けいれてあげる、何故行けないのかと責めない、そういうことなんじゃないかと思う。
学校に行けないことを認めてしまったら、もう気持ちの持っていきどころがなくなってしまうんじゃないかな
Aさんが悩み苦しんで、いま立ち向かおうとしてることは必ず息子くんに届く時が来るよ
辛いとどんどんマイナスな方に考えてしまうから、こうやって吐き出すのがすごく大事だよね 私もどれだけ吐き出したか
ちょっと引いて自分をみてみると少し整理出来るかもしれないよ
一人で悩まないで!


【よつばさんからのコメント】

たくさんのコメントが寄せられましたね。
私も、と思ったのですが、皆さんが全部書いて下さいました

私が読んでいる本の一部を。
『何かうまくいっていないことがあったら、今やっていることをやめて、罪悪感を手放し、どうすれば最高といえるのかをイメージしてください。そして、その最高といえる状態に向かって自分に何ができるのか、子供をどう援助できるのかを考えてみてください。まずは小さな一歩からです。
自分を責めてはいけません。』
                    菅原裕子さんの「10代の子どもの心のコーチング」より

Aさんと息子さんを、応援していますよ




もう一回だけ続けますね。





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None