4月29日に、ペアレンツキャンプの水野達朗先生の講演会に参加させていただきました。
家庭教育推進協会主催です。
くわしくは、こちらを(家庭教育推進協会)

親御さん・教育関係の方44名+先生方・スタッフの方、あわせて50名ほどでした。
参加者は、関西の方が多いのはもちろん、名古屋・滋賀からも、そして北海道からもご夫婦で参加されている方もおられました。
関東からも、ティカさん・よつばさん・アールグレイさんが駆けつけてくださいました
水野先生のお仕事関係の先生方や来賓の方もおられ、いつもの協会の講演会とは一味違う雰囲気がありました。
親御さんも、ペアレンツキャンプ・エンカレッジ・FHEとそれぞれの機関のクライアントさんや協会のクライアントの方々といろいろでした。

講演は、今回出版された水野先生の著書「ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる〜小学生が悩む「学校が怖い」「学校へ行きたくない」の正体」の内容をもとに、家庭教育の重要性を講演してくださいました。
内容に関しては、書籍の感想記事をまた後日書かせてもらいます。それまでご容赦を

水野先生といえば、関西弁での軽快な話口調が特徴だとひそかに思っているのですが、参加された皆様はいかがでしょう

水野先生の講演は、前半40分・後半40分でしたが、時間を感じさせない内容でした。
水野先生の書籍販売もあり、講演中も、みなさんの視線が正面から離れることがないほど、熱心に聞いておられました。

その後、カウンセラーのS先生から新しい事業の紹介があり、終了となりました。
そうそう、上野先生の御本の増刷が決まったと報告されていましたよ


講演終了後、2次会も恒例です。
2次会はぷらす・エール主催ということで、ふーみんさんが仕切ってくださいました。

親御さん27名+先生方6名・スタッフの先生3名の大所帯となりました。
飲み放題・食べ放題で2時間3600円はいかがだったでしょうか。

ぷらす。エールの2次会は、いろんな機関の人と話せるのが魅力です
今回は席替えすることなく、時間がたってしまって、ちょっと残念でした。
次の機会には、ぜひ!・・・ね





今回の講演会の裏話をしちゃいます
なんと、司会という大役をいただいてしまいました
それも、講演会3日前に

もちろん、司会用のアナウンス原稿があってのことですが、常日頃司会を仕事としているわけではないので、生半可な気持ちでやると、頭が真っ白になって話せなくなります。
せっかくの水野先生の出版記念講演会なのですから、きっちりと成功させたいですよね
その一端が担えるのなら、嬉しい限りです

実際問題として、原稿があっても読みこなすだけでも大変。
そして自分の言葉で話をしようと思うと、それを覚えないとうまくいかないものです。
記憶力がまだ働くかと心配しましたが、なんとか・・・
原稿を声を出して読み、それを紙に書き、また読む。それの繰り返しです。
本番まで2日間。何回読んだかわかりません。「家庭教育推進協会理事 水野達朗出版記念講演会」このフレーズは、もう忘れることがないように思います
(御本の題名と長い副題には手こずらされましたが

8割方、頭に叩き込んだのですが、来賓の方の紹介などは間違えると失礼になるので、水野先生の講演会の成功のためにも、2割のミスをなくすために原稿を手に持ってすすめました。
先生のお話の邪魔をすることなくお役にたつことができたでしょうか

講演会を開催するために、裏方で頑張っておられるN先生のすごさも見せてもらいました。
私がいただいた司会原稿は、A4に3枚程度ですが、これだけの文章を考えるのは至難の業です。
まして、来賓の方の紹介文には細心の注意が必要ですしね。

通常業務の後に作成されたのでしょう。
当日のスケジュール・講演会のタイムスケジュール・打ち合わせ・受付や物販の案内用の札から準備まで。
そのご苦労の一端をみせてもらいました。
いつもありがとうございます。

講演開始までは、やだな〜・緊張するな〜といろんな人に愚痴っていた私ですが、こうして終わってみると、とても素晴らしい経験をさせてもらいました。
そんなチャンスをくださった先生方に感謝です




今回の講演会に参加された方々の記事です

ぶにん先生のカウンセリングルーム

クッキーさんのブログ

くるみみるくさんのブログ

よつばさんのブログ



なんだか、記事の内容が微妙にズレてしまいましたが、
水野先生の御本の出版記念講演会だったので、リンクを貼っておきます。
ぜひ、一度読んで見てくださいね
(私も、今読んでいます)
「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる―不登校の小学生が悩む「学校が怖い」「学校へ行きたくない」の正体
水野 達朗
牧歌舎




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None