6月も終わりになってきました。
やっと雨が降ったと思うと、ずっと空模様が怪しかったり・・・
降ったら降ったで、早く天気にならないかなと無責任に思ってしまいます。

息子は、元気に専門学校に通っています
息子の学校は、9時半から始業なので、朝はゆっくりでもOKのようです。
息子の学校の近所は住宅街なので、コンビニが一件だけ。他は何もないところのようです。
息子なりに、学校付近の探索をしている様子です。
近所のパン屋さんは、こんなのがおいしそうだけど、高いしなあ
駅から学校まで、ほとんど何もないんやで
駅のホームが狭くて、落ちそうになる・・・等々
少しずつ、息子の世界が広がっています。

7月には、初めての定期試験があります。
ここが最初の山場です
息子に、それとなく聞いてみました
母 「テストって、いつなん?」
息子「7月の22日からだったと思う」
母 「テスト、なんとかなりそう?」
息子「今みんなで頑張ってるねん

なるほど、なるほど〜
まず、テストがあることが頭に入っていることでほっ
そして、そのテストをクラスの友達と一緒に話題にしていることに一安心です
もちろん、テストで点数がとれるかどうかという問題はありますが、それは息子自身の問題ですものね。

友達の存在は、大きいです。
高校時代にも、友達はいたようですが、学校の外で遊びに行くという付き合いはあまりなかったようです。
年に1〜2回程度。
なので、息子の口から友達と中華バイキングに行くと聞いて、まずびっくりして嬉しい驚きでした
バイキング代3000円と交通費で4000円のおねだりがありました

ちょうど午前授業の日に、クラスメイト5人で行ってきたようです。
ランチバイキングらしいのですが、帰ってきたのは22時頃
どうやら、バイキングのあとゲームセンターやネットカフェにでも行ってきた様子です。
息子から、「胡麻団子みたいなのが、最高においしかった!」と報告してくれました。
その後、2回くらい胡麻団子の話を聞いたので、よっぽどおいしかったのでしょうね

本来なら、高校生の間に経験するようなことかもしれません。
それでも、学校という場に所属しているからこそ味わえる楽しさですね。

息子より、少し早く出勤する私は、「いってきます」の声に答えてくれる息子の「いってらっしゃい」が嬉しい一日の始まりです




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None