夏休みも、残すところわずかとなりました
もう2学期が始まっている所もあるかもしれませんね

福祉の専門学校に通っている我が家の息子ですが、
夏休みとっても楽〜に過ごしています。
7月末にあった前期試験は、息子なりに対策をして臨んだようですが、
見事に撃沈
なんと、16科目中10科目追試という結果でした

息子『学校に5000円払わなあかんねん』
母 『それって、何のお金?』
息子『え〜っと、一科目500円の追試代・・・』
それを聞いて、5000円÷500円=10科目??
はぁ〜・・・
そういえば、あんたは勉強嫌いだったねぇ・・・
と思った次第です。

息子に、追試は何とかなるの?と聞くと、
どうやら試験のヤマを張ったところがはずれたらしく、その結果を受けて、友達と一緒に担当の先生のところへ日参していたようです。
まあ、先生もくらいついてくる生徒を見放しはしないだろうと思いますが・・・
本当に、しっかりしてくれよという感じでした。

その追試に1週間通い、なんとか無事に終わったらしいです。
夏休みは、試験が終わったらバイトしてお金をためるといっていた息子ですが、
追試があったことで、1週間。
その結果がでるまで1週間
と日数がかかり、気づくと、もう夏休みも後半となり、結局はバイトもせずに夏休みは終わりそうです
毎日、ゲームの番をしている息子です。

確かに、これが大学なら、追試なんて甘いものはありません。
試験を落とせば、また来年再履修ということになります。
試験の結果も、自分で確認しないと大学からお知らせなんてものは、こない・・・
大学生=自分で確認して、自分で対策をたてられる
という前提だからでしょう。
その点では、息子はまだまだ・・・と言う感じです

息子の専門学校では、規定の単位をとり卒業すれば資格習得できます。
逆を言えば、一科目でも落とせば、卒業できませんし、資格ももらえません。
一年残って国家試験受験をする?
いやいや、どう考えても難しいです。

学校側も、担任の先生が色々と気をつけてくださっています。
きっと、先生の目からも、「コイツは、ほっといたら危ないぞ」と感じておられるかも・・・
手厚くみていただいているので、息子にとってはありがたいシステムです。

息子曰く、「クラスの奴らもみんな単位落としてるし〜
と高校の頃に聞いたようなセリフを言っていました。
いやいや、他人のことじゃなくて、自分が頑張れですよね
なので、この2年間は修行だと思って、息子に頑張るように喝をいれておきました






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None