新学期が始まりました。
毎日、ドキドキされているご家庭もあるかもしれません。

息子の専門学校は、9月最初から実習が始まっています。
9月1日には、実習先へごあいさつに。
スーツ着用だそうで、思った以上に専門学校というのはスーツの出番が多いようです

そして、2日から2週間にわたる実習がはじまりました。
息子を含めて3人の実習生が施設にお世話になります。
自宅の最寄り駅に近い実習先なので、自転車でOK
先生方も、いろんな地域からくる生徒に合わせて、実習先を見つけてくださるのでしょう。

息子からの話はなく、こちらからどんな感じかと聞いて、やっと重い口を開くといった感じです。
実習が嫌というのではなく、わからないから答えるのがめんどくさいといったかんじでしょうか。
9時〜18時まで。お昼ご飯は施設でいただくようです。
夕食のお手伝いをしてから実習終了なので、見ているだけではお腹がすいてたまらないようですね。

実習につきものの、実習記録。
息子がはたして、書けるのか?
初日に、なかなか取りかかろうとしない息子をみて、中学時代の宿題を思いだしてしまいました。
さすがに、今回は何も親ができることもなく、息子もよくわかっているようで
なんとか悪戦苦闘しながら仕上げたようです。
2日目には、学校の先生が様子を見にきてくださり、息子のことが一番心配と言われたと・・・
やっぱり、あの追試の様子をみればそう思いますよね。
でも、息子が笑顔だったことで、安心して戻られたようです。

ここから先は、息子自身の力で乗り越えていかないといけません。
また、息子にとっては新しい経験です。
これで、どう感じるのか。
親は、学校の先生におまかせして見守るのみですね。
頑張れ、息子!








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
息子の追試は、2科目アウト追加のお金より、単位を落とすとどうなるか考えてほしいものです

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None