息子の実習真っ最中です。
少人数の施設のようですが、息子にとっては初めての体験。
嫌だからやめとくというわけには、絶対にいかないということもわかっている。
月曜から金曜まで5日間を乗り越えました
あと、もう1週間あるようです。

何が大変って、毎日の実習記録が大変みたいです。
もちろん、親は見てるだけですので、何もできません。

夕食前に帰宅し、夕飯を食べ、まずゲームをしてゆっくりしないと何もできないくらい疲れているようです。
朝はそれほど早くないので、助かっているようですが、それでも今までのように夜中越えての就寝時間では体力ももちませんよね。
夜中近くなって、実習記録にとりかかり格闘しています

どんなふうに書けばいいのか
書き方がわからない
表現方法がわからない

どれもこれも初めての経験ですね。
最初は3時間くらいかかって書き上げたようです。
18行ある実習記録用紙をとにかく埋めないといけないらしくて
週の終わりの金曜日にはもう疲労困憊という感じでした

そんな息子ですが、日曜日の夜に話をしたときには、
『やっぱり大変やわ
 ちょっと甘くみてたかも
 でも、喜んでもらえると嬉しいな

この息子の言葉が嬉しくて、つい頑張れと応援したくなります。

もちろん、この先息子がどんな道を行くかは白紙ですが、
今頑張っている息子を見れるのが嬉しいですね。
これも、応援してくださる皆様のおかげです







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None