息子は中1で不登校になりました。
不登校の初期は、毎日朝が戦いでした。
『これは、もしかして不登校なのか?』と思いあたりましたが、どうすればいいのかわかりません。
本を読むと、どうやら無理やり学校へ行かせるのはよくないらしい。
では、どうすればいいのか・・・

毎日朝は、体調不良を訴える息子でした。
毎日その理由が変わりました。
今日は頭が痛い、
今日はおなかが痛い。

これが続くと、
やっぱり、今日も休むと言うんじゃないか
またしんどいって言うの?
宿題ができていなければ、それが理由で朝行かないのじゃないか
ついつい、親は心配でいっぱいになっていました。
しばらくは、朝は戦いでした。

もちろん、私自身も心配でつい先まわりの口だしをしてしまう習慣があったのでしょう。
そんな私ですが、息子が不登校になった直後、まず学校へ相談に行きました。
その時は、どう対応すればよいのかもわからず、だからといって学校の先生に相談してもわからないだろう。(先生だって困るよね)
そんな気持ちがありました。

学校の先生の前で泣くような親の方が一般的なのかもしれませんね。
私は、笑って息子のことを報告していました。
もちろん、心配で泣きたい気持ちはありました。
でも、それをその場で出しても解決にはならない。そんな気持ちでした。

そんな母親を学校の先生は、「この親は大丈夫なのか?放任しているのじゃないか?」こう思われていたようです。

今思えば、息子の場合は、年齢相当の自立がたりないことが原因の一つだったように思います。
そして、他人と話しをすることがうまくない(幼い)

こんな息子だったので、『ゆっくりさせましょう』を続けていても解決にはならなかったのだと思います。
我が家は、『ゆっくりさせましょう』を1年の間結果的には実行してみたことになります。
ともすれば、親が辛さのあまり息子の問題から目を離す絶好の理由になっていたのかもしれません。
それでも何もかわらない・動きださない息子を見て、この方法では息子にはむかないと判断することができました。

不登校になった原因はなんだろう?
自分の子は、どんなタイプなんだろう?
待つことで力をためて、自力で動きだせるタイプだろうか?
親はそれを待てるのか?
待つことで、楽な方へ流されていくタイプだろうか?

マニュアルのない不登校対応です。
今では、たくさんの情報がネットにはあります。
我が子にあった道がみつかることを願ってやみません。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None