FHE(ファーストホームエデュケーション)で支援を受けて、それぞれがたくさんの想いをもっています。
今回、アンケートという形で参加を募り、同意してくださった方の回答を記事にさせていただきます。
皆さま、ありがとうございます。

私達自身が、子育てで壁にぶつかったときに、藤本先生に教えていただいたことを土台として向き合うことができるように!

支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?
自分の子の不登校の原因は何だと思う?
支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと
支援を受けて自分が変わったこと
支援前の自分に声をかけるなら?
支援を受けた(受けている)中で心に残っていること




 ロータスティーさん


支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?

現在、高校3年生の息子が、中2で不登校になり3か月で復学しました。
高校受験を乗り越え進学校へ進みました。
高校へ進学してからも山あり谷ありでしたが、何とか乗り越えさせていただきました。
今、大学受験に挑戦する道を選び息子なりに頑張っています。


自分の子の不登校の原因は何だと思う?

全体的にゆるい雰囲気、甘い子育てだったのだと思います。
息子が困難に直面した時に問題を解決する能力を付けさせてあげられてなかった。
その為、問題回避の方法として、息子は休むことを選んでしまったと思います。


支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと

何事も受け身だった息子が、物事を自分の問題としてとらえられるようになりました。
自分に助けが必要な時でも助けを求められず動けなくなる傾向もありましたが、今はきちんとした言葉でお願いできるようになりました。


支援を受けて自分が変わったこと

子供たちの小さな成長に気付けるようになりました。
本当に大切なことは何なのか、自分の中で価値観が変わったと思います。


支援前の自分に声をかけるなら?

「藤本先生についていけば大丈夫!信じて真摯に対応に励むこと」と言ってあげたいです。



支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

息子が不登校になる前に、FHEのような復学支援機関があることを知りました。
どのようにして復学していくのか、親の知識として知っておきたいと強く思いました。
その後まさか本当に自分の息子が不登校になるとは思ってもいませんでしたが、迷わず支援をお願いいたしました。

先生にしていただいたことは、数えきれないほどありますが・・・
息子に思いがなかなか伝わらない時期がありました。
懸命に対応してくださる先生方に申し訳ない気持ちでいっぱいだった時、
「誰かに一生懸命になってもらったという経験は、将来必ず生きていく力になる」と教えていただきました。

今、一生懸命に向き合うことはいつか必ず息子の力になる、無駄なことなど何もないのだと理解でき、力がわきました。
今でもこの言葉を胸に、子供たちと向き合い見守っています。





【ツイッターより転載】
※ツイッターにいただいた皆さんからのコメントを拝借!

lotustea 11月9日
ありがとうございます✨アンケートを書かせていただき、今までの道のりがよみがえってきました。忘れられないことばかりですね(^^)これからも皆さんと共に頑張って行きたい気持ちでいっぱいになりましたp(^_^)q

FujimotoTaku ‏11月10日
ロータスティさんもありがとう!

  @TakuFujimoto こちらこそいつも本当にありがとうございますm(__)m 息子が日曜日の朝から元気に塾に向かう✨とりたてることではないかもしれません。
   でも見送れることがとても嬉しいです(*^^*)

もりのきのこ 11月10日
ポチ!将来生きていく力をつけるために…高校生になるとまた支援の重みが違ってくるような気がしてます(*v.v)





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク