FHEで支援を受けた私達からのメッセージ?〜ayanaさん

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

FHEで支援を受けた私達からのメッセージ?〜ayanaさん

FHE(ファーストホームエデュケーション)で支援を受けて、それぞれがたくさんの想いをもっています。
今回、アンケートという形で参加を募り、同意してくださった方の回答を記事にさせていただきます。
皆さま、ありがとうございます。

私達自身が、子育てで壁にぶつかったときに、先生に教えていただいたことを土台として向き合うことができるように!

支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?
自分の子の不登校の原因は何だと思う?
支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと
支援を受けて自分が変わったこと
支援前の自分に声をかけるなら?
支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

順次アップしていきますので、しばらくお付き合いください。



 ayanaさん


支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?

   子供の性別→男
   学年→中学2年生
   現在の学年→中学3年生


自分の子の不登校の原因は何だと思う?

  母親の過干渉!


支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと
 
 登校を自分の問題として考えられるようになったのか、 親の朝の声かけに反発がなくなった。
 とりあえず、体が学校に向かう様になった。(レベルが低くてスミマセン) 


支援を受けて自分が変わったこと

 時々、ストレスが溜まって爆発してしまう時がまだありますが
 支援をうける前よりは、我慢(見ザル、聞かザル、言わザル)強くなりました(笑)
 加減が分からず、大変な失敗をしているかも?!しれませんが..。


支援前の自分に声をかけるなら?

 そんなに子どもを管理しないで。
 手出し、口出しが多すぎる!!


支援を受けた(受けている)中で心に残っていること
 
 登校が安定せず、藤本先生が1週間、朝の対応をしてくださいました。
 とても嬉しかったです。
 「先生は、全力で助けてくださいます。」と皆さんが言われているのは、この事だと思いました。

 担任の先生に子どもの存在自体を否定される発言があった時、「かわいそうだった。」と何度も言って頂き、私以上に子どもの事を思ってくださっている先生の気持ちが本当に嬉しかったです。

 苦しい状況でも『あの頃とは、状況変わってきているからね』と、藤本先生が子どもの成長を教えてくださることが嬉しいです。





【ツイッターより転載】
※ツイッターにいただいた皆さんからのコメントを拝借!

もりのきのこ 11月21日
ポチ!!成長を藤本先生に教えてもらうことありますね。子どもの頑張りもちゃんと認めてくださる・・・私も全力で助けて頂いたこと忘れません!!ちゃろさん次々アップお疲れ様!応援しかできないけど頑張ってo(^o^)o

ちーこ 11月28日
自分以上に子どもの事を思って下さる先生のお気持ち嬉しいですよね(^-^)私も先生のそのお気持ちに何度も励まされました。全力で助けて下さる先生がいらっしゃるからこそみんな幸せになれるんですものね(*^.^*)\(^o^)/




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


スポンサーリンク

 

コメント (1)

Unknown

「体が学校に向かうようになった」
これがとっても大事なことですよね!ぜんぜんレベル低くないです(^^)
登校するベースができれば、後は積み重ねて息子さんをどんどん伸ばしてあげられそう。

いつも全力で助けていただいているhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
支援を受けられた皆さん、同じ気持ちですね。
子供が本当に力を失いそうになってしまったとき、親がもうダメなのではないかと崩れそうになったとき、諦めず根気強く向き合う姿を身をもって見せてくださいます。

苦しい状況でもあのころとは違うということ、
忘れません(^^)改めて心に刻みます。
ロータスティー URL 2013-12-01 16:06  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。