FHEで支援を受けた私達からのメッセージ?〜みんみんさん

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

FHEで支援を受けた私達からのメッセージ?〜みんみんさん

FHE(ファーストホームエデュケーション)で支援を受けて、それぞれがたくさんの想いをもっています。
今回、アンケートという形で参加を募り、同意してくださった方の回答を記事にさせていただきます。
皆さま、ありがとうございます。

私達自身が、子育てで壁にぶつかったときに、先生に教えていただいたことを土台として向き合うことができるように!

支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?
自分の子の不登校の原因は何だと思う?
支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと
支援を受けて自分が変わったこと
支援前の自分に声をかけるなら?
支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

順次アップしていきますので、しばらくお付き合いください。



 みんみんさん


支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?

男子・中1の2月に依頼し中2の6月復学。
現在中3


自分の子の不登校の原因は何だと思う?

自分ではよく原因が絞れず、先日のイベント時に訪問のN先生にお尋ねしてしまいました。
「ちょっとしんどいと軽い気持ちで休んだのにズルズルはまっていった感じかな。」と。
体調不良を息子に何度も訴えられ、私が親族の病歴から不安一杯の対応をしたせいでそれを強めることになったのではないかと思います。


支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと

まだ支援中で崩れる日もありますが、不登校中の毎日終日の体調不良や苛立った雰囲気がほぼなくなり、クラブや友達と楽しそうに過ごせています。
他者への文句や責任転嫁も依然よりマシかと思います。


支援を受けて自分が変わったこと

子供のアピール気味な独り言に振り回される事が少なくなった。
もちろんまだ藤本先生に連絡しておかないと不安になったり、その指示のおかげでスルーできる場面もありますが。


支援前の自分に声をかけるなら?

(まだ支援中なのでそこまでは…)


支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

復学3日後の週末に「もう不登校の子の週末ではないよ。」と言っていただいた時、あぁ登校してるんだと実感がわき、嬉しかったです。

支援依頼時、息子はあんなに毎日終日頭痛・腹痛・吐き気(の訴え)が続いていたのに、先生の指示で親発信をやめた途端に体調が落ち着いたのには本当に驚きました。
点滴でも服薬でも入院でも実現しなかった穏やかな毎日。
まだまだ復学への道のりの最初の段階でしたが、本当にありがたく、先生の力をより信頼できた出来事です。

復学前ですが、急な出来事に夜中1時頃にメールさせていただいた際の速攻の的確な返信と指示にも救われました

復学後に欠席が続いて再度コーチングに来ていただいた後の息子の変化にびっくり。
幼稚園時から(腹痛が起きるからと)朝食をいくら言ってもとらなかったのに、朝食をとって時間を見計らって登校するように。
自分で体をコントロールしていこうとし始めたのか…。表情も明るく穏やかになり再び登校し始めました。
誰かが切り替えてくれたら、こんなに変われるスイッチが息子にもあるんだと痛感しました。





【ツイッターより転載】
※ツイッターにいただいた皆さんからのコメントを拝借!

ちーこ
体調不良も落ち着き表情も明るく穏やかになった息子さん♪なんて幸せなことでしょう。もう不登校の子の週末ではないという先生のお言葉、嬉しいで すね(^^)夜中迄対応して下さる先生、いつでも子ども達の事を考えて下さっている先生に感謝ですね!ポチポチ\(^o^)/

もりのきのこ
点滴でも服薬でも入院でも実現しなかった穏やかな毎日を送ることができてよかった(^^)体調不良を訴える子は多いであろう現在。対応を学ぶことで変わる 事を、悩める人にもわかってもらいたい。やる気のスイッチはどの子にでもあると、私も先生に教えてもらいました。

   juma ‏
   ああ!ほんと共感です(^ー^)子どもの体調不良が、親の対応で大きく改善されますね☆期待以上のことを教わりました

   もりのきのこ 一旦病名がついてしまうと親の気持ちもそちらに傾きますしね。親の対応を教えて頂くことでその後が変わるとは思いもしませんでした。
    ダイレクトに関わってくださった事も息子には大きかったです。



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


スポンサーリンク

 

コメント (3)

Unknown

子供が体調不良を訴えてきた時、どのように対処するか悩みますね。
耳を傾けることは必要だと思いますが、深刻に受け止めすぎてしまうとかえって事がおおきくなる場合もあります。

みんみんさんのように、様子を観察して親が見極めることが大切なのですね。

穏やかな毎日が実現されて良かったですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
ロータスティー URL 2013-12-02 23:43  [Edit]

Unknown

ロータスティーさん

今や、時に愚痴りよろめきながらも、学校行事も楽しんでいますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">

体調不良・・・初めはビオフェルミンを飲んで済ましていたのが、頭痛も出てきたりすると親も不安になって相乗効果でしたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

私が見極められた訳ではなく、中1秋に寝込んで小児科での病気対応をして1か月以上たった頃に、少しずつ「何かおかしいかも」と思う事柄が出始めました。(主人の方が冷静に観察できてました)。ちょうど病院の先生が入院して24時間点滴での体力回復と詳しい病状観察をして下さることになったタイミングとも合いました。

結果は「本来の病状とはズレて、気持ちからのものに移行してますね」と。紹介されて思春期外来に通ったものの変化はなく、親の対応も曖昧で手詰まり状態でした。

学校に行けていず、当初病院で病名がついていらっしゃるお子さんの中にも、もしかしたら時期や環境で別の手立てがあるかもしれませんし、不登校の専門機関に問い合わせすることで新たな道が見えるかもしれません。私も我が子が「もしかした不登校?!」と検索を始めたのは、恥ずかしながら欠席日数60日を超えてからでしたからhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_ase2.gif">
Unknown URL 2013-12-03 09:18  [Edit]

Unknown


今のコメント、みんみんでした!http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/ase.gif">

(ちゃろさん、掲載ありがとうございます)
みんみん URL 2013-12-03 09:20  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。