FHE(ファーストホームエデュケーション)で支援を受けて、それぞれがたくさんの想いをもっています。
今回、アンケートという形で参加を募り、同意してくださった方の回答を記事にさせていただきます。
皆さま、ありがとうございます。

私達自身が、子育てで壁にぶつかったときに、先生に教えていただいたことを土台として向き合うことができるように!

支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?
自分の子の不登校の原因は何だと思う?
支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと
支援を受けて自分が変わったこと
支援前の自分に声をかけるなら?
支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

順次アップしていきますので、しばらくお付き合いください。



どんぐりさん


支援を受けた時の子供の性別・学年・現在の学年は?

男、中2、
現在高3


自分の子の不登校の原因は何だと思う?

・直接のきっかけは、子どもに起こった学校での嫌な出来事に親が過敏に反応してきた為に、子どもの不安を膨らませてしまった事。

・思春期になり急にまわりが見えてきた時に、仲の良かった友人がやんちゃなグループにはいってしまい休み時間に教室にいなくなった。ひとりでいることにより、クラスでのポジションがとれないことに耐えられなくなった。

・根本の原因は、完璧症、過敏症、心配症に育ててしまい、子どもの失敗する経験を奪ってきたり、親が子どもの代わりに解決してきた為に、みんなが経験して乗り越えていけることが、自分の力で乗り越えられなくなった。


支援を受けて子どもが変わった(自立した)こと

勉強、習い事など何でも親が決めてさせてきた為に、不登校になる頃には全て投げ出してしまった息子。
受験さえもしたくないと言っていたが、先生方に支えていただき、自分で高校を選び合格できた。
将来はこうなりたいと自分で目標を持つようになる。
頑張る事を放棄してきた為に、選べる高校が少なかった経験から、目標を達成するには努力しないといけないとわかり、親にさせられるのではなく、自分の意志で選び自分の夢を叶える為に自ら頑張りだす。

・親に感謝の気持ちを伝えてくれるようになった。
・自分の夢を顔を輝かして話してくれるようになった。


支援を受けて自分が変わったこと

・息子の問題を横取りして、経験を奪い親が解決してきた事が多かったが、失敗する事から学ぶ事が多い事を教えて頂き、先回りして経験を奪わなくなった。

・価値観を押し付けることもなくなり、自分で道を選び自分で動けるのだと息子を信じ待てるようになり、指示や提案、命令することが減り、本当に必要な時に関われるよう考えてから行動するようになった。


支援前の自分に声をかけるなら?

・習い事を強要しなくていいよ。
・自分の理想どおりに育てなくていいよ。
・自分の価値観を押しつけて、そんなに命令ばかりしないでいいよ。
・心配して先回りして経験を奪わないで。
・話し出すまで待ってあげて、行動するまで待ってあげて、回りの子と比べないで、もっと子どもの力を信じてあげて。
・子どもの話を笑顔でいっぱい聞いてあげて。


支援を受けた(受けている)中で心に残っていること

・復学させてくださったこと。
もう無理だろうと思ったような事でも、全力で助けてくださった。

・親の油断のせいでまた悪い状態にしてしまい、本来なら、藤本先生は怒ってもう知らないとおっしゃっても仕方ないところなのに、逆に励ましてくださり、何度も何度も挫けそうになる心を、ぶれないように支え続けてくださった事。


過保護、過干渉を辞めることができない義父母と同居、次男坊でまだその両親に甘えていたような主人は、子どもの前で暴言を吐いたり、わがままを言ったり、仕事も長期間平気で休むような人でした。
こんな事で大丈夫だろうかと疲れはて、藤本先生に愚痴のようなものを言った時に、
「カッコいいお父さんになってもらおうね。しんどかったら私に言えばいい。あなたの事は私が支えるから」と、言ってくださり、言葉どおり支え続けてくださいました。
その主人は…今では本当に、カッコいいお父さんになってくれました。

・子どもが2度目に崩れだした時、何度も夜遅くにメール対応してくださった後に
【悲しかったね でもあの子大袈裟なことしたかったわけじゃないですからね。落ち着かなかったら電話で今話しますか?】
お疲れの中、まだ気持ちを支えようとしてくださった事に涙がとまりませんでした。








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります



スポンサーリンク