不登校自立支援センター(ファーストホームエデュケーション)に初回カウンセリングをお願いしました。

両親そろってということで、今まで行ったことのあるところは母親だけだったので、
主人との都合をあわせるのが大変でしたが、息子の大事ですので主人も了解してくれました

息子の不登校の経緯は今までいろんな所でさんざん説明してきていますので、
おおまかなポイントを書いた資料は用意していたのですが、
その中でも小学校時代のことを聞かれるとほとんど記憶がなく、言葉につまります。
よほどこの時期は親が子供を見ていなかったんだなあと反省です

中学校になってからのことや、心理検査の結果などもみてもらいました。

多少障害があるかないかの分かれ目(グレーゾーン)より少し上程度の結果です。


この時藤本先生に息子の性格やコミュニケーション能力は改善するのでしょうかと伺ったところ、
わからないという答えだったと思いますが、自分の子供ならやってみる価値はあると思いますといっていただきました。
もし学校へ行けなくても、人とのかかわり方がよくなるのならと思いました。


娘のことも聞かれました。
特に私たちは娘の心配はしていなかったのですが、娘のほうが心配といわれ、
主人が大変心配していました

方法や金額の説明をしていただいたのですが、さすがに金額のことは良く覚えているのですが、
復学の方法についてはほとんどこの時何を説明してもらったか覚えていないのす。
それだけ混乱していたのでしょうか。

この時期、息子に直接働きかけてくれる方法の必要性を強く感じていました。

そして、訪問カウンセラーを取り入れられていることはホームページでみて理解していましたので、
私の中ではほぼお願いしたい気持ちが強かったのですが、やはり夫婦の足並みがそろわないことには、
後々難しくなると思い、後日返事をすることにし、この日は帰りました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None