先日、息子が欠席しました。
高校時代から無遅刻無欠席で頑張ってきた息子ですが、風邪には勝てません
逆に、体調不良で休む場合にどうしたらいいのかという視点がまだまだということがわかりました。

朝起しに行くと、うなっているばかりで起きる気配がありません
息子に、時間をつげると
『しんどい・・・どうしよう・・・
どうしようと言われても、親にわかるわけもありません

以前は『どうしよう?』と聞かれたら、
『しんどいの?熱は?学校は行けるの?病院いく?』
とたくさん先回りの口出しをしてきた私です

久しぶりの朝の『どうしよう』に昔の光景がよみがえりました
つい、今までの癖で『学校どうするの?』と言いそうになりました。
我が家の場合は、この言葉を言うと、行かないという選択肢を親から与えてしまうのでです。
こういう時は、息子と根競べです。

中学・高校の頃は、休む=親に怒られる
という観点だったと思います
でも、今回は休む=自分がいないことによってまわりに迷惑がかからないか?・授業を休むことによる不都合はないか?
という観点から考えないといけないんだと知ってほしいです。
誰しも、体調不良で動けない時はきます
その時にどうするのか?

息子には、
まず、休まないといけないくらいしんどいのか
休むことで他人に迷惑をかける(又は自分が困る)ことにならないか
休むと決めたら、連絡はどうするのか
いつまでも、『お母さんが電話して』では笑われます。
もし、社会人なら入院しているならいざ知らず、電話の一本くらいはかけられるだろうというのが、一般的な認識です。
今回も、息子自身が親にかけてもらうのはおかしいと理解できていたけれど、ついお母さんを癖のように頼る息子です

さて、なぜ休むことになったのか
かってに分析してみました。
もちろん、寒さによる風邪引きかもしれません。
当日、提出期限の課題があったそうです。それをするためにここ数日寝る時間が遅かった。
なら、早くから課題をすればいいわけですが、冬休みの延長でゲームをしたりする習慣が続いています。
学校がはじまり、いつもどおりゲームをして、夜中すぎに寝ようと部屋へ行く

そこでやっと課題を思いだして取りかかる。

寝る時間が遅くなる。

朝は普通どおりに起きないといけない。

睡眠不足で風邪をひきやすくなった。
と言う感じでしょうか。

もちろん、その日はリビングに置いてあるパソコン(息子専用)は使用禁止です
ただし、親がついてみはっているわけではありませんので、自分の部屋の中でやっていることにはノータッチです。
学校は行くものという土台が一度崩れた息子ですので、この部分の意識を再度積み上げることを実行してきました。
一度気を許すと緩みやすい息子の性格です。
それでも、この日は一日中部屋から出ずに寝ていたようです

久しぶりの欠席でつい親の癖が出そうになりました
学校は行くもの。
体調不良の程度は自分で判断するもの。
行けないと判断したのなら、病院へ行くのか?家で寝ているのか?自分で決めること。
息子は、その判断ができると信じて待つこと。
再度、自分にいいきかせています。

今専門学校に行っている息子ですので、もう仕事をするということを視野に入れておくことも大事だと思っています。
仕事になると、どれほどしんどくても這ってでも行かないといけないことがあります。
自分が休むことで、他人に迷惑がかかる。その迷惑はお互い様という感覚でとらえますが、それに甘えていていいわけではないこと。
迷惑をかけた相手には、次の日にはきっちり感謝を言葉で伝えること。
今回の息子の場合なら、提出課題を翌日朝一番にもっていくこと。
そういった言葉外のことを読み取るのが苦手な息子ですので、今回は息子に私から伝えました。

今回の欠席をこれからの経験にプラスになるように使ってほしいなと思います






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
欠席の翌日からまた当たり前のように登校しています。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None