今日、FHEで支援を受けた I さんが再登校されました

私が I さんにお会いしたのは、11月にあった家庭教育推進協会の講演会でした。
お友達に誘われて参加くださいました。
その時は、まだ支援依頼したばかりの時で、きっと色々不安なこともあったと思います。
藤本先生と二人三脚で今日の日を迎えられました。
息子さん、嬉しそうに帰宅されたそうです
本当によかった

ここからは、継続登校のステージ。
登校するということは、学校でいろんなことが起こるということ。

うちの息子の時も、毎日新しい問題がでてきました。
帰宅後イライラしている様子があることも・・・
そんな時は担任の先生にメールをさせてもらい、何か学校で心当たりがないか教えていただきました
そして、息子の様子と担任の先生に教えていただいた学校の様子をあわせて藤本先生に報告しました。

逆に、家で姉と喧嘩したり、お父さんとイザコザが合ったりしたときは、翌朝機嫌が悪いこともあり、それを朝登校後担任の先生にメールでお知らせしたこともあります。
『学校で機嫌が悪くても、○○ということが原因なので厳しくしていただいてOKです。』と送ったことも

学校で授業中の様子を担任から知らせてもらったことも何度もありました。
クラスメイトとのイザコザも起こります。
何日か学校でのイライラが続くと、家でもイライラしてきます。
そんな息子の様子を藤本先生に伝えると、急遽訪問の先生が入ってくださることもありました。

家にいれば、嫌なことはおこりません。
学校にいけば、嫌なことがおこるかもしれません
でも、それ以上に嬉しいことも起こります
再登校後、しばらくしてから
「やっぱり学校って楽しいわ」と聞かせてくれた息子です。

嫌なことと嬉しいことはセットなのかもしれませんね。
それでも、嫌なことを乗り越えた先には息子の成長を感じることができました。

学校という社会で、楽しいことや辛いこと、いろんな経験をしながら成長していく I さんの息子さんの姿がみえるようです。

これから継続登校を頑張る息子さんに、
それを支える I さんに、
エールを送りたいと思います

再登校、おめでとうございます。






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None